« ヴォルティス、またホーム初勝利ならず。空気を変える気持ちが必要。 | トップページ | 千葉ジェッツ、8連敗、100失点、怪我人続出、そしてプレーオフ進出。 »

2016年4月23日 (土)

シュート1本で勝利。ヴォルティス、これで勢いはつくか?

2016 J2 第9節 京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
京都サンガ 0 - 1 徳島ヴォルティス
【得点】徳島:15' 橋内 優也

 
シュート1本で、それも橋内で、しかもゴールで勝つって、J1で初めて勝ったときみたいだった。
もっとも、シュート数の差ほどに耐えてるってイメージは感じなかったな。
1本しか打てなかった試合というよりは、打つ必要のない試合にも見えた。

 
京都は単調だった。
その中で結構早い時間に先制できたことで、ヴォルティスは試合のペースを一度落ち着かせたんだと思う。
京都は、ヴォルティスが作った試合のテンポにそのまんま乗っかって無駄に時間を使っちゃった。
気が付いたら前半が終わって、後半も半分くらい過ぎて...
放り込んで跳ね返され、ヴォルティスが引いてるからセカンドボール拾い放題。
でも工夫がなかった。
それはヴォルティスがそういう試合に持ち込めたからで、どこまで意図的だったかというのはわからないけど、この試合はヴォルティスのペースでやれた。
その点は同じように先制して追いつかれた山口戦とは違っていた。
前節と同じような展開だったけど、観ていてやられそうな匂いはずっと薄かったでしょ。
自分たちで試合のテンポが作れれば勝てるようになるんだよ。

 
ウノゼロで勝ち切れるチームが実は一番強いと思ってるんだ。
もっともこの試合に勝ったくらいで好転するとは思えないけど、これで勢いがついて上向きになるといいね。

|

« ヴォルティス、またホーム初勝利ならず。空気を変える気持ちが必要。 | トップページ | 千葉ジェッツ、8連敗、100失点、怪我人続出、そしてプレーオフ進出。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴォルティス、またホーム初勝利ならず。空気を変える気持ちが必要。 | トップページ | 千葉ジェッツ、8連敗、100失点、怪我人続出、そしてプレーオフ進出。 »