« 世界を拡げてくれる音楽。~クレイジーケンバンド@葛飾シンフォニーヒルズ~ | トップページ | 最多観客動員記録と実力差。千葉ジェッツ、今は悔しさを積み上げるとき。 »

2016年4月12日 (火)

もっと自分からリスクを冒そう!ヴォルティス、松本で煮え切らぬ敗戦。

2016 J2 第7節 味の素スタジアム
松本山雅 1 - 0 徳島ヴォルティス
【得点】松本:55分 工藤 浩平

 
前節の岐阜戦はかなり厳しい内容の試合だった。
開幕戦で感じた闘志の籠った戦いぶりは完全に姿を消した。
もう開幕戦の記事は削除しないといけないのか?
もちろん消しはしないが、何故こうなっているのかはどうにか理解したい。

 
松本山雅との対戦は3シーズンぶりとなった。
ヴォルティスは佐藤と山崎をFWの先発で起用し、GKに杉本を起用した。
前節でチャンスを与えたいと言って起用した前川はベンチに戻った。
山雅には高崎と那須川がいる。
この二人にはやられたくなかった。

 
試合は通じて松本山雅のペースだった。
ペースだったというより、山雅に先に先にアクションを取られ続けた。
いや、そういう言い方では半分しか正しくないだろう。
ヴォルティスは最後まで後手のまま自分たちからリズムを変えられなかった。
ボールを奪っても相手に脅威を感じさせることができなかった。
相手の嫌がることができなかった。

 
前半は戦えているように見えていたが、それはたぶん杉本のビッグセーブがあったからだと思う。
GKのビッグセーブは空気を一発で変える力を持っている。
だが、GKが活躍するということは守備が効いていないわけで。
結局、杉本が活躍しているだけの前半に見えた。

 
見ていて感じたのはヴォルティスはチーム全体のプレーにスピードの幅を感じないこと。
攻守切り替えたときのスピードだけじゃなく、動く人数、攻め上がる深さも足りない。
那須川が何度も深くまで上がってクロスを上げていたのと対照的だった。
ホームで勝ててない山雅の選手はそれでも表情が生き生きとしてて、それがプレーにも反映されてた。
ヴォルティスは受けちゃってる感じがするんだよね。
負けるのを怖がってるんじゃないの?
チョーさんが最低でも勝ち点1とかよくインタビューで言ってるけど、負けるのをどこかで恐れてるのがチームに伝播してるんじゃない?
勝つためには先制点が必須だよ。
そのあと点を取られるかもしれないけど、それは先制してから考えればいいよ。
まず、攻めよう。
カウンターでやられるとか、ガチンコでやりあって先にやられることもあるだろうけど、まず自分たちからガツンと行こうよ。

 
山雅はホームで勝ててないのを感じさせなかった。
変わらず、「松本山雅の花」が咲いていた。だからチームに結果が出ていなくても選手の力になるんだよ。
山雅のサポーターがキライだという人もいるんだろうけど、別に他のチームのファンやサポーターに敬われる必要なんてどこのチームにもないんだ。
それは他のスポーツでもそう。もちろん、バスケも。
よそから嫌われていようが、自分たちの選手に敬われ、この人たちのために勝ちたいと思ってもらえればいいんだよ。
もちろん、問題を起こしてチームや選手に迷惑を掛けてたダメだけどね。

 
ヴォルティスはどうすりゃいい。
上に書いたようにもっとリスクを冒してほしいよ。
開幕からドンドンそういう面がえぐれてきてるんだ。
それで負けるからマズイんだ。
やるかやられるかじゃなく、やってからやられようよ。 

|

« 世界を拡げてくれる音楽。~クレイジーケンバンド@葛飾シンフォニーヒルズ~ | トップページ | 最多観客動員記録と実力差。千葉ジェッツ、今は悔しさを積み上げるとき。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界を拡げてくれる音楽。~クレイジーケンバンド@葛飾シンフォニーヒルズ~ | トップページ | 最多観客動員記録と実力差。千葉ジェッツ、今は悔しさを積み上げるとき。 »