« 2015-2016 千葉ジェッツ総括(1)前半戦 | トップページ | 渡の熱き一弾、古巣を撃破。ヴォルティス、北九州に勝利。 »

2016年5月23日 (月)

ヴォルティス、残念なドロー。でもカルリーニョスがもたらした勢いを保てればイケる。

2016 J2 第14節 鳴門大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 1 - 1 ザスパクサツ群馬
【得点】徳島:41' 石井 秀典
    群馬:51' 高橋 駿太
 
アウェイで清水に勝って帰ってきたヴォルティス。
カルリーニョスという将軍が戦列に加わったことで、選手もサポーターも勇気を貰ったはずだ。
ここからが本番である。
だから絶対に連勝を飾りたい試合だった。
 
シュート数が明らかに増えた。
ボールを安易にロストしなくなりカウンターを喰らうリスクが減ったことで、リスクにチャレンジする環境が整ったことが数字に出た可能性はある。
内田などは、これからもっとシュートを積極的に打っていくだろう。
清水戦でも感じたが、カルリーニョスは内田をまず見ている気がする。
内田が、パスくれオーラを出せば感じてくれていると思う。
 
数打てば入るのかというとそう単純ではない。
11本じゃ数の内に入らないかもしれないし。
ただ、セットプレーでしか点が入ってないとかは悲観しなくていいと思う。
セットプレーで得点確度が高いというのは心強いぞ。
内田がカルリーニョスのおかげで水を得る可能性も高いからいい位置でのFKを得る可能性も高まる。
 
課題は攻撃よりも守備の方だと思う。
同点されたシーンは時間帯もやられ方も相手の狙ってるところにやられてしまった。
いかにカルリーニョスであっても、彼は神ではない。
失点したら、すぐに山のようにチャンスを作ってくれることはない。
ポジションがら守備面でも仕事が多いが、攻守どちらかに優先度を与えないと、また怪我してしまうよね。
今だって、左足の太ももにテーピングしてるしね。
だから、ああいう失点の形はパス出される前に厳しく、ファウルにしてもいいから止めないと、縦パス通させちゃダメだよ。
開始直後のシーンもそう。
 
残念なことに勝てなかったわけだが、落ち込まず、イライラせず、かといってやれるはずだとか過信せずにチームを押していかないと。
カルリーニョスにだけ期待するのでもなくね。
 
勢いだけはというか、前に進む気持ちは応援する側は保ち続けないと。
負けることに負けたら、カルリーニョスはブームで終わるよ。
 

|

« 2015-2016 千葉ジェッツ総括(1)前半戦 | トップページ | 渡の熱き一弾、古巣を撃破。ヴォルティス、北九州に勝利。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015-2016 千葉ジェッツ総括(1)前半戦 | トップページ | 渡の熱き一弾、古巣を撃破。ヴォルティス、北九州に勝利。 »