« ヴォルティス、残念なドロー。でもカルリーニョスがもたらした勢いを保てればイケる。 | トップページ | 2015-2016 千葉ジェッツ総括(2)後半戦 »

2016年5月29日 (日)

渡の熱き一弾、古巣を撃破。ヴォルティス、北九州に勝利。

2016 J2 第15節 鳴門大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 1 - 0 ギラヴァンツ北九州
【得点】徳島:45' 渡 大生 
 
カルリーニョスが戦列に加わったことは確実にチームを変えている。
試合運びが主導的になっている。
選手たちのリズムが早くなっているし、積極性もより高まっている。
カルリーニョスが使いたがっている内田は躍動している。
渡、山崎の二人も表情に鋭さが戻った。
他の選手たちにも変化が出始めているのが見えてきた。
結果も伴ってきている。
もう少し効果が定着してくれば、ある程度のアクシデントが起きても勢いを殺さずに穴を埋められるだろう。
だから今はとても大事な時期だ。
この時期一番やってはいけないことは怪我人を出すことだ。
チームを底上げしなきゃいけない時期に加われない人を出したら、その選手は置いていかれてしまう。
だから長谷川徹が戻ったことは大きい。
彼は間に合った。
 
上にも書いたが渡と山崎は勢いを取り戻した。
先制点の場面。
渡がクロスにヘッドを合わせた時、背後から同じボールに飛び込んだ選手がいた。
山崎だったように見えたが確かではない。
姿勢から渡が先にいたのを見ていないでクロスボールだけ見て飛び込んだように見えた。
当然二人は衝突する。
ゴールは決まったが、渡の腿に背後から膝が入ってしまった。
勢いがあり過ぎたのだろう。
そこは気を付けてもらわないと。
上述の通り、今は絶対怪我人は出してはいけない時期だ。
 
まだ順位は下位だし、プレーオフ圏と6差になったとはいえ、まだ昇格できる力は足りない。
先をいく勢いのチームもある。
京都は徳島に負けた後、無敗で上昇を続け、既にプレーオフ圏にいる。
今戦ったら同じような結果は出せないかもしれない。
他のチームだって成長している。
大事なことはチーム内で進むべき方向と今のレベルを全員が共有できているか。
それができていれば結果はついてくる。
 
そこの流れにサポーターも上手く乗っかっていきたいですね。
自分たちだけとか、ましてや他のチームとか見ていると乗り遅れるかもよ。

|

« ヴォルティス、残念なドロー。でもカルリーニョスがもたらした勢いを保てればイケる。 | トップページ | 2015-2016 千葉ジェッツ総括(2)後半戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴォルティス、残念なドロー。でもカルリーニョスがもたらした勢いを保てればイケる。 | トップページ | 2015-2016 千葉ジェッツ総括(2)後半戦 »