« 2015-2016 千葉ジェッツ総括(2)後半戦 | トップページ | 終盤のギアアップも届かず、ヴォルティス力負け。これが今の弱さ »

2016年6月 4日 (土)

順位の差は自信の差。ヴォルティス、気持ちをパワーに転化できず凡敗。

2016 J2 第16節 町田市立陸上競技場
町田ゼルビア 1 - 0 徳島ヴォルティス
【得点】町田:45+4' 鈴木 孝司   
 
チームは自信を得つつある。
ただし、その自信はまだ確信にはなっていない。
そのために乗り越えないといけない相手がこの試合だったと思う。
町田は今季ここまで最も自信を手にし結果に結びつけているチームだ。
昇格するのだから、この試合をモノにしないと昇格するとは宣言してはダメだ。
ようやく、今はそれを宣言していいかトライをする資格を得たに過ぎない。
 
朗報だったのは渡が前節大怪我をせずにスタメンに連なっていたことだ。
今、最もヴォルティスの勢いを体現してくれている選手を欠きたくなかった。
ちなみにカルリーニョスは質を支えていると思っている。
 
調子のいいチームには相手は引いてくる。
町田は引くというより戻りが早いチームだ。
それも町田の今の順位を保たせている武器の一つだ。
とてもアクティブでいいチームだ。
突出した個はないが、全員が高い質を90分発揮しようという意志と行動を示し続けている。
こういうチームは団結力が強い。
とてもやっかいだ。
だが、学ぶべきところも多いチームだ。
 
ヴォルティスのサッカーの質は高かったと思う。
町田もいいサッカーをした。
拮抗した実力のバランスを崩したのはPKとなったロングボールへの競り合いだった。
そういうところで差が出ちゃう。
失点は仕方ないとして、この試合に関してはより自分たちに自信を持っている方が終わったとき相手より得点を多く取る。
今回はそうなったということだと思う。
パワーはヴォルティスにもあったのだ。
それを気持ちでギアアップできなかった。
そういう意味じゃガチンコで負けたってことだ。
 
でも今はMAXじゃない。
カルリーニョスが戻ってくる前だったらMAXだと言えたかもしれないが、今はそうじゃない。
上げられる余地、出せる力の余地がある。
その力を肝心な時に出せるか。
それがこれからの課題であり、周りもそれを理解して出せるように応援しないといけない。
勝たせる応援ができるかどうかだと思うな。
そのためにはもっと選手たちに信頼されないとね。
大事なことは外の人間からサポーターとしてどう見られるかではなく、内の選手たちにどこまで信頼されるか、本気で応援していると思われるか。
それが勝たせる応援を究める道だと思うね。
やれるでしょう!?

|

« 2015-2016 千葉ジェッツ総括(2)後半戦 | トップページ | 終盤のギアアップも届かず、ヴォルティス力負け。これが今の弱さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2015-2016 千葉ジェッツ総括(2)後半戦 | トップページ | 終盤のギアアップも届かず、ヴォルティス力負け。これが今の弱さ »