« 渦帝の音楽ノート 第10回 Perfume | トップページ | 今、結果を出すことは簡単ではない。それでもヴォルティスを勝たせるために。 »

2016年6月27日 (月)

徳島ヴォルティス-カルリーニョス≒0。学習能力はあるのかと疑うほど。

2016 J2 第20節 鳴門大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 0 - 1 ツエーゲン金沢
【得点】金沢:90+2' 山藤 健太
 
カルリーニョスが戦列に加わりサッカーのクオリティは劇的に向上した。
だが、居なくなった途端に劇的にクオリティが急降下するとは思わなかった。
ウソみたいにゲームメイクに何の工夫もなくなり、シュートまで激減した。
誰でも感じたと思うが、それはカルリーニョスが戦列に加わる清水戦の前までの姿だった。
たぶん、そんな姿はすっかり忘れていた人もいただろう。
それ以前は惜敗しても罵られることもあったのに、カルリーニョスが加わってからは惜敗すると励まされてたからね。
苦い思い出が一試合で蘇ってしまったと思うよ。
 
濱田は確かに酷かった。
ボールを持っている時のパスも貧弱な選択肢だったが、持っていない時に歩いているシーンもあった。
目の前に広大なフリースペースがあったのにね。
 
でも、カルリーニョスがいたときのサッカーがプレーから消えていたのは他の選手も同じ。
一緒にやっていれば身体に染み付くでしょ、テンポとか動きとか。
まっさらに頭から消えているようだった。
経験の学習能力があるのかと疑ったよ。
それでいて手詰まりになったらカウンターを恐れて奪われるのが怖くなったのか前にボールを付けられなかったようだった。
カルリーニョスに持たせれば、失わず前に運んでもくれるし、いいパスも通してくれる。
でもいなくなったら怖くなったんじゃないかな。
だからシュートミスも怖くなった。
だから打てなかった。
相手ボールになるのが怖かったからだろう。
 
結果、7試合勝利のない金沢にプラン通りに劇的な勝利をプレゼントする見事な噛ませ犬っぷりを演じた。
ちょっと前までプレーオフ圏にあと勝ち点いくつなんて皆思ってたけど、これで残留プレーオフ圏に勝ち点4差となった。自動降格圏(今は金沢)とは勝ち点差6だ。
金沢があと一勝したら、アウェイの金沢戦は裏天王山になるかもよ。
 
恐れるなよ。
カルリーニョスに頼り過ぎるなよ。
やるのは自分自身だろ?
酷い試合を演じたし、授業料にしては高すぎた。
そもそも何のための授業料なのか?
少なくとも昇格のための授業料じゃない。
 
でも、我々が頼り、信じるのは君たちだけだ。
長谷川であり、濱田であり、長島監督であり、今いる選手たちしかいない。
それ以外の選択肢はないんだ。補強なんて名前も挙がってないのに頼るのは逃げでしかない。
なら腹を括るしかない。
腹を括るよ。
だから君たちにやってもらうしかない。

|

« 渦帝の音楽ノート 第10回 Perfume | トップページ | 今、結果を出すことは簡単ではない。それでもヴォルティスを勝たせるために。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渦帝の音楽ノート 第10回 Perfume | トップページ | 今、結果を出すことは簡単ではない。それでもヴォルティスを勝たせるために。 »