« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月26日 (火)

結果があってこそ。ヴォルティス、内容ではなく結果を生み出す力で差を見せつけ勝利。

2016 J2 第25節 鳴門大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 2 - 0 愛媛FC
【得点】徳島:11' カルリーニョス、56' 渡 大生
 
 
波が来るかと思うと乗り損ね、すぐまた波を呼び込む気配を見せる。
今季のヴォルティスはなかなか勢いに乗ってくれない。
個を見たら戦力はあるはずなのに、実際に戦うと組織で負ける試合が多い。
ただ、順位的に近い位置にいるジェフ千葉とは明らかに問題点も空気も違う。
やってやる的な気迫は間違いなくある。
ただ、それだけではダメで、そろそろ結果に結びつけていかないと手遅れになる。
 
試合開始後、最初に決定機を得たのは愛媛だった。
そしてコーナーキックからの見事なトリックプレーからカルリーニョスの移籍後初ゴールで先制できた。
しかし、そのあとも愛媛に決定機はあった。
が、最後まで決定機を決められなかった愛媛に対し、ヴォルティスは2度決めた。
どちらもカルリーニョスが絡んでの得点ではあり、結局これか!的な部分を除けば、愛媛の監督が言うようにそれほど両チームに差はなかった。
ただ、上にも書いたが結果に結び付けられなかったら勝った側にも負けた側にも意味はない。
勝った側が反省点に上げても、意図的にビデオで見返すことも一、二回だけ。
サポーター側も「ああいう守備ではダメだ。」とか言いながらも、次の試合の時になっても前節のピンチのシーンなんて引っ張ってる人はいないだろう。
勝てば官軍という言葉は自分自身の内側に向けた言葉なのかもしれないね。
 
ダービーという”イベント”の観点で言っても、結果として今季平均観客動員数を大きく上回る観客が入った中で応援ができたこと、勝ったことは大きい。
絶対にまた来て応援に参加したいと思った人がいたはずで、そこから始まっていくこともあるだろうしね。
フットボールカルチャーも時代によって変わっていくし、クラシカルなことに拘っても、それがいつまでも正解ではないしね。
今盛り上がるやり方が、その時代、その地域での正解なんだと思う。
ダービーはそういう意味で仕掛けも結果も上手くいったんじゃないかな。
 
次の相手は松本山雅だ。
結果でも、カルチャーとしても今は負けている相手。
そして、今一番強い相手だ。勝つのは簡単じゃない。
でも勝てれば2度目の連勝になる。勢いは間違いなくつく。
ダービーで呼び込んだ波に乗って、リピートした人たちを巻き込んで、サッカーとしても、フットボールとしても勝とう。
次勝ってこそのダービーの勝利だ。
https://youtu.be/bb-sdcJhC6o

| | コメント (0)

2016年7月21日 (木)

ヴォルティス、ギアがハマってるのに回転をあげずにもったいない敗戦。最後に効くぞ、こういう負けは

2016 J2 第24節 うまかな・よかなスタジアム
ロアッソ熊本 1 - 0 徳島ヴォルティス
【得点】熊本:87' 清武 功暉
  
まず、新戦力として元カメルーン代表のアチーレ・エマナが加入した。
正直、どういう選手なのか全く知らないのだが、MFであり、カメルーン代表ではウィングを任されることが多かったようだ。
ボールテクニック、ドリブルも魅力的なようだ。
ヴォルティスではシャドーを務めるのだろうか。
だとすると、木村がライバルとなるのか?
組み合わせによっては前線のバリエーションが豊富になるだろう。
早くプレーを見てみたい。
 
補強としてはCBが必要とされているのかもしれないが、CBは世界的にもいい選手は不足しているのでなかなか難しいだろう。
日本人で出番を失っている選手を探す方がいいだろうが、周囲とのコンビネーションあっての守備なので、個だけ見たら塞げる穴は小さいだろう。
できれば誰か獲得したいところだ。
 
さて、試合に関して言えば非常にもったいない試合をした。
ミスがどうこう以前に気迫がなかった。
ギアをあげられるのにあげなかったばかりに残り時間がなくなったときに、清武にネットを見ないで打っただろうシュートを決められてしまった。
確かに、平繁らに決定的なシュートを打たれ、長谷川のビッグセーブに救われた展開ではあった。
長谷川の調子いかんでは前半で0-2くらいになっていただろう。
ただ、長谷川の活躍に報いるためにももっとギアをあげるべきであった。
相手に圧されてギアがあげられない状況にも見えなかったから尚更残念な試合にしてしまった。
ギアはハマってたのに回転をあげないから、ダラダラと試合を進めてしまい、ほんのちょっとのスキでやられてしまった。
なぜこんな試合になったのか?
疲れもあったのだろうが、もっと気持ちの問題で疲れを自分たちで実際以上に大きく見てしまったように思う。
これじゃ噛ませ犬になるために熊本まで行ったみたいじゃん。
カルリーニョスがいるとクオリティは高くなっているのに、下位にああいう試合で負けてしまっては昇格圏どころか、プレーオフ圏にもなかなか届かないよ。
次のダービーもこんな感じでは全く油断できないよね。
こういうときに落とした勝ち点が最後効いちゃうんだよ。
 
ここからはこんな試合してはダメだ。
それこそ、負けるのが大嫌いらしいエマナにいきなり怒られちゃうよ。

| | コメント (0)

2016年7月17日 (日)

望む形で機能し始めたヴォルティス。もっと信じて、もっと上位へ。

2016 J2 第23節 鳴門大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 2 - 1 京都サンガ
【得点】徳島:27' 佐藤 晃大、33' 広瀬 陸斗
     京都:64' 堀米 勇輝
 
 
今季2度目の波が来ようとしている。
前節の横浜FC戦は完勝に近い内容でチームのポテンシャルが発揮できた。
大事なのはその次の試合で、それは今季ここまで何度も皆がそう思ってきたことであり、その度に落胆してきた。
平たく言えばここまで連勝をしていなかった。
 
今節再びチャンスを得て迎えた相手が京都サンガだったことは幸運だった。
上位にいる相手であり、客観的に考えたら勝たないといけない相手以上の相手である。
だが、京都サンガから見たヴォルティスというのは結構意識されている因縁の相手なのかもしれない。
京都サンガはシーズン序盤はヴォルティス同様に下位に低迷しながら9試合負けなしで先に上位に進出していった。
それは前回ヴォルティスが勝った時の次節からの快進撃であり、前回とは別チームと考えるべき相手であって、本来こちらこそが挑む相手である。
が、6月19日にヴェルディに敗れ、負けなしが途絶えてからは6試合で1勝3敗2分けと急ブレーキが掛かってしまい、何とかプレーオフ圏にいる状況である。
元浦和レッズのエスクデロ競飛王を加入させて立て直しを図っているが、こちらにとっては相手が一番ナーバスな状況になってくれて幸運だったかもしれない。
神経戦は真実が見えにくいので、こんなこと言っても個人的主観で根拠は全くないが。
 
前半は前節同様に主導権が握れていた。その上今節は先制点、追加点と短い時間で結果に結びついた。
内田が今季初アシストだった(インタビューより)のは意外だったが、それではこれまで連勝できなかったのも無理はない。
 
後半はエスクデロのパワーに圧され、堀米に1点許したものの、京都の順位を考えると攻守共にすべきことが概ねできていた試合だったと思う。
後半の出来を不安視する人もいるようだが、サッカーは90分の中ならいい場面も悪い場面も毎試合必ずある。
そして全く同じことは殆ど起きない。
最後が同じように見えても、それまでの過程、起点は違うものだ。
悪いところを練習で一つ一つ潰して二度と起きないようにできれば最強になるわけではない。
また潰し切れるわけでもない。対戦相手は我々の弱点を弱点として残すためにの準備、練習をして進化していくわけだから。
高い要求を厳しく求め続けることは重要なことだ。
だが、欠点を消せないと不安に負けそうになるから要求するのでは、負けることに負けてしまうことと同じである。
ずっと私がここで言っていることである。
そうではなくて武器を磨いて相手に自分たちの弱点を意識させられる鋭さを身に付けることがより大事なのである。
そして、その方が皆が前を向いて進んでいける。
勝利への執念が育つ。
だから前向きに考えた方がいい。
何せ、もっと上に行くためには攻めないといけないのだから、欠点に意識が強くあっても、決して悪くはないが、進歩的ではないし、スピードも鈍る。
それは結局のところ、またやっちまうんじゃないかというチームへの不信が正体だ。
そんなものに心を囚われるのはつまらないことだ。
 
二度目の波が来るかどうかの大事なポイントが来ようとしている。
この波に乗りたいのならもっとチームを信じて、大きく構えていこう。

| | コメント (0)

2016年7月12日 (火)

勝利は安全運転から。ヴォルティス、故障車が修理から戻り快勝。

2016 J2 第22節 ニッパツ三ツ沢球技場
横浜FC 0 - 2 徳島ヴォルティス
【得点】徳島:65' 山﨑 凌吾、90+2' アレックス
 
 
今にして思えば、試合の前日の9日(土)に横浜FCのFW大久保が自動車事故を起こしたときから試合はヴォルティスに傾いていたのかもしれない。
前節札幌戦では先発だった大久保、この試合ではその札幌戦で2得点のイバを先発に据えたのは元々だったかもしれない。
が、三浦、大久保、イバ、津田の4人は毎試合スタメン、もしくはベンチに入っていた。
ヴォルティスは大久保に一番嫌なイメージがあったと思うので、この試合に欠場したことは大きかったかもしれない。
もっとも、横浜FCの方がもっと痛かっただろう。
スタメンがそれによって変わった可能性は五分五分だが。いないだけでも大きかったはずだ。
とはいえ、ぶつけ厄は試合になってまで引き摺るとは中田さんも予想できていなかっただろう。
 
正直、この日は横浜FCの日ではなかった。
が、だからヴォルティスが勝ったのではないことはハッキリ言っておく。
この日のヴォルティスは相手に関係なく勝利に値した。
ゴールがなかなか遠く、前半こそ得点に値する攻撃を展開しながら先制できず、後半の佐藤投入後まで掛かったが。
 
やはりカルリーニョスの存在は大きい。
前回対戦時には不在だったカルリーニョスを想定して準備してきたであろう横浜FCだったらしい。
が、試合が始まると同時に積極的に仕掛けてくるヴォルティスに局面で初動、反応が後手に回り押し込まれた。
いや、ヴォルティスが思っていた以上に素晴らしかったのだ。
それは応援しているこちらも驚くくらいの前節、というかカルリーニョスが欠場していた試合からの変わりようだった。
テンポよくパスが回るだけでなく長中距離のパス、特に逆サイドへのパスも精度が高く、それらが横浜FCの守備の腰を引かせたのは間違いない。
なかなか予測がつかないパスワークに翻弄される中で、初動、反応が遅れた結果が市村、小野瀬の負傷を招いたとことの大きな原因だと思う。
それくらいこの日のヴォルティスは選手たち以外が想像していたヴォルティスを素晴らしく裏切った。
その理由はカルリーニョスであることは全員同意するところだろう。
 
85分はヴォルティスの試合だったと思う。
殆どの時間で相手ゴールから、コート3分の2でプレーしていた。
ただ、カルリーニョスが万全ではなかったのだろう。
試合が進むにつれ、カルリーニョスは慎重に、そして下がり目でプレーし始めた。
先制した後は、それは試合のポゼッションを高め、リスク消していくことに貢献したが、得点の匂いは薄くなっていった。
それでも前節までと違い安心度が高かったのは、失点しそうな気はそれ以上にしなかったからだ。
もっとも残り5分からは非常に危うくなり、勝ち点2を失う可能性も高かった。
が、どうにか凌ぎ切り、高い位置に上がった横浜FCをカウンターからアレックスが試合を決めてくれた。
この2点目は助かった。
この辺の時間ではカルリーニョスは消え掛かっていたからだ。
今後の懸念はカルリーニョスの使いすぎで再度欠場することだろう。
とはいえ今は勝ち点とカルリーニョスのコンディションを天秤に欠けている余裕はない。
 
結局、試合前、試合中と事故車を連発した横浜FCと、修理に出してた外国車(ブラジル製)が戻ってきたヴォルティスでは試合前から勝負はついていた可能性が高い。
但し、今季はまだ連勝しておらず、この日の横浜FCにはこういう試合ができただけだと思った方がいい。
大事なのはここから連勝していけるかだ。
次節ドロー以下では何の意味もない。
必ず勝とう。
 
それから、サポーターもロングドライブが多いから、安全運転第一でね。
1468271765960
1468271766535
1468271767144
1468271767692
 

| | コメント (0)

2016年7月 9日 (土)

Bリーグの空へ準備中。千葉ジェッツとバスケ界

久しぶりにバスケットボールの記事を書きます。
といってもまだストーブリーグ中のバスケ界。真夏(正確には初夏)なのにね。
 
千葉ジェッツの人事動向はある程度進行しています。
新ヘッドコーチは昨季広島ドラゴンフライズでアシスタンコーチをされていた大野篤史氏が就任しました。
アシスタンコーチには金田詳徳氏、カルバン・オールダム氏の2名が就任しました。
池田アスレティックトレーナーは昨季東芝にいた方です。
スタッフ陣はかなり充実した陣容を揃えました。
HCが日本人ということで昨季のようなコミュニケーションの問題が起きる可能性は低いでしょう。
前HC代行の佐藤博紀はフロントに戻ったようなので、アンバサダーに戻るのでしょうか。
 
選手では岡田優介、宮永雄太、星野拓海が退団。
宮永雄太は富山グラウジーズに移籍が決まりました。
星野拓海は引退し、教職を目指すようです。
富樫勇樹は7月7日現在進路未定です。
新加入したのは現時点で2人。
ドルフィンズから伊藤俊亮(センター)が加入。彼はその恵まれた体格と経験で荒尾岳に偏りがちな負担を軽減できるでしょう。
それからジェッツ初めての帰化選手としてトヨタからマイケル・パーカーが加入しました。
来季の外国人、帰化選手のレギュレーションを考慮すると帰化選手の存在は戦略上重要なピースになります。
パーカーは日本での実績も十分な選手なので計算は立つと思います。
残りの外国人選手2人枠が未定のまま。
リカート、チャップマンの2人の可能性が高いかもしれませんが、新外国人の可能性もかなりあると思っています。
富樫勇樹の動向は一番注目されるところです。
彼が残るか、どうかで戦術のベースプランだけでなく、チームのプロモーション戦略も左右することになります。
外国人選手のバカンスも終わり、日本代表の五輪予選もあっさり終わったことでまだ所属先が決まっていない有力選手たちの動向も急速に定まっていくでしょう。
たぶん7月中にはハッキリするでしょう。
それで千葉ジェッツが新リーグ、新シーズンでどこまで戦えそうかが見えてくると思います。
昨季の陣容に期待し過ぎた失敗があるので、自分を浮かれさせないようにします。
 
2016-2017シーズン 千葉ジェッツスローガンは「Be Professinal」
大野HCは、プロとしてのプライドや責任、自信を持ち、それを発信して欲しいと考えているようです。
子供たちの目指す姿となり、常に成長を意識して欲しいようです。
何か、私も同じようなことを仕事で言われたことがありますね。
だから言わんとしていることはわかりますし、昨季、正直言えばプロ意識が足りないんじゃねーの!?と感じたときありましたもんね。
でも、それは昨季までのこと。
もちろん、すぐには変わらないだろうけど。
全てが新しいスタートとなる中で、変わっていくことが大事。
変わらないままになってしまうことはダメで、そこは気を付けていかないと。
 
本当に征服すべきはリーグではなく、プロバスケットボールに興味が薄い日本の社会なのですから。
 
さて、それも踏まえたうえで、日本代表(バスケのね)に関係して一言述べたいと思います。
 
バスケットボールの日本代表は7月4日(月)よりセルビア・ベオグラードで開幕したFIBA男子オリンピック世界最終予選に挑みました。
予選ラウンド第1戦はFIBAランキング35位のラトビアと対戦し48-88で完敗。
予選ラウンド第2戦はチェコに71-87で敗れ、わずか2試合で予選敗退となりました。
かなり厳しい大会になるだろうことはわかってはいましたが、壁を崩すには至りませんでした。
予選に挑んだ日本代表の選手たちにはおつかれさまでしたと言わせてもらいます。
彼らの経験が次につながってほしいです。
 
ただ、この予選に挑むに当たって国内の関心は非常に低いものでした。
世間での関心が低いのはしかたありません。
私が非常に残念に思ったのは、普段、代表の選手たちと共にプレーし、チームメートとして、対戦相手として競い合っている選手たちの関心が全く言っていいほど五輪予選に挑んでいる日本代表の選手たちに対し無かったことです。
いや、あったのかもしれませんが、少なくともSNS上で健闘を祈る発言や、労をねぎらう発言をした選手を私は見つけられませんでした。
これってどういうことなんでしょうね?
選ばれる過程だとか、代表の体制や、協会に不満があったとしてもですよ、選ばれて戦っているのはチームメイトであったり、先輩・後輩であったり、友人であったりするんでしょう。
NBLとbj全部合わせたって選手数は500人ほどでしょう?
そんな小さい世界から選ばれたメンバーなんだから、トップレベルの選手同士なら皆知り合いでしょう?
でも、全く関心を感じなかった。
中には、代表へのコメントを求められたのに、優等生じゃないから、代表に対して表現できる言葉がありませんみたいなことを言う選手までいる。
そういう問題じゃないんだよね。
これから多くの子供たちに尊敬され、そして明日の日本のバスケットボールを託す子供たちにとってまず目指すべきポイントになるべき存在なのに、そんな薄っぺらい言葉しか出ない存在でいいのかよってことなんだ。
今トップレベルでやっている選手たちが代表に、世界に関心がなくて、子供たちが代表や、世界を目指すと思うかい。思うはずない。
誰かNBAでプレーできりゃ日本のバスケの勝利なのかい?
自分が好きなだけバスケできてりゃ満たされちゃうのかい?
そんな向上心や野心のないことでBリーグ以降に何か変わるのかい?
子供たちはそういうところちゃんと見てるよ。
仲間が困難な目標に挑んでいるのに、それを応援する気も見せなかったら、そりゃ勝つわけないし、それ以前に応援されるわけないよね。
選手が選手応援しないのに、メディアが取り上げるはずないんだよ。
選手が応援しなきゃ、ファンも代表を応援しないよ。
そのことわかってる?
そしてそういう無関心は、予選を戦った選手たちが得た経験もムダにする可能性があるってことだよ。
だって悔しさが共有できてないのに、経験が伝わるわけないよね。
それで強くなるの?日本のバスケ。
 
今まで一番ダメなのは本当に協会とかだったの?
そう思ったよ。

| | コメント (0)

2016年7月 4日 (月)

今、結果を出すことは簡単ではない。それでもヴォルティスを勝たせるために。

2016 J2 第21節 鳴門大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 0 - 0 Vファーレン長崎
 
前節の何の収穫も希望もない敗戦。
現時点で最下位の相手にも負けたことで、もはやここが相手なら勝てるなどと思うことは自惚れでしかなくなった。
それくらい今季は厳しい状況にある。
でも、それが現実だ。受け入れないといけない。
 
この状況でも試合前に行われたサポーターズカンファレンス(なのかな?)ではフロントからは目標を諦めないというような意志が示されている。
当然だろう。諦められては困る。
たとえ、他のチームのサポーターから笑われようと、自軍のサポーターから失望されようとも、諦めることは許されない。
そして、我々もその恥ずかしさを背負って応援をし続けるしかない。
勝てない責も共に背負うしかない。
フロントは成果を上げられていないとはいえ、できることをできる条件内ではやろうとしているだろう。
能力の問題はあるかもしれないが、それでも自分たちが変われるわけではない。
我々が能力の高い選手にヴォルティス愛を叩きこみ、安価でプレーすることを受け入れさせることが出来るのか?
ノーだ。
ましてや、昨年選手と揉めたりしたままに他のチームに行った選手たちが、ヴォルティスを移籍先としてどうか?と訊かれてどういうと思う。
今いる選手たちを勝たせるしかない。
ウワサすらない補強など宛てにしていられないし、補強できなきゃ移籍ウィンドウが閉じたら諦めるのかって話になる。
 
試合の話に入る。
堅い展開であったのは前節とも変わらない中で積極性はずいぶんと高まっていたと感じている。
前半、相手GKが負傷交代することになったシーンでも、もうちょっといいボールなら山崎(確かそう)が押し込んでたと思う。
Jリーグ初出場となった三浦雄也はレイソルでキャリアをスタートしながら出場機会がないままに退団した選手であった。
木村裕もそうだが、意欲的な若者はチャンスを貰えると燃える。
試合は面白くなっていったが、ヴォルティスはそこに乗り切れないままに前半を終える。
長崎が必ずしも守備的ではなく攻めにもきていた中で、もう少し相手を上回る積極性が欲しかった。
試合を簡単に動かしたくないという意識もあったのだろうか。
 
後半はもう少しアグレッシブにはなった。
投入された佐藤が抜け出して決定機を迎えた。
残念ながらゴールとならなかったが、観客がみたいと思うプレーには近づけたと思う。
残念ながらどちらにも満足のいかない結末になってしまったが、佐藤や、山崎、他の選手たちのこんなもんではダメだという気持ちは表現されていた。
そこがまず勝つためのベースだ。
最低限必要なことで、それをどう勝ちに結びつけるか?
各々何ができるのか?
選手たちが勝ってくれるのを待つだけなのか?
 
現実は厳しい。
昇格するためには爆発的な連勝がないと難しいだろう。
カルリーニョス復帰が見えてこない中、ここをどう乗り切りチームの地力を上げるか。
その上がった土台の上にカルリーニョスとの化学反応を生み出す。
そのために上で書いたように今いる選手たちを勝たせるしかない。
横断幕に書いたメッセージがあったらしいが、この試合の積極性はそのメッセージのおかげでもあったと思うよ。
諦めないで、クサらないで、選手たちを勝たせることを突き詰めていこう。 

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »