« 今、結果を出すことは簡単ではない。それでもヴォルティスを勝たせるために。 | トップページ | 勝利は安全運転から。ヴォルティス、故障車が修理から戻り快勝。 »

2016年7月 9日 (土)

Bリーグの空へ準備中。千葉ジェッツとバスケ界

久しぶりにバスケットボールの記事を書きます。
といってもまだストーブリーグ中のバスケ界。真夏(正確には初夏)なのにね。
 
千葉ジェッツの人事動向はある程度進行しています。
新ヘッドコーチは昨季広島ドラゴンフライズでアシスタンコーチをされていた大野篤史氏が就任しました。
アシスタンコーチには金田詳徳氏、カルバン・オールダム氏の2名が就任しました。
池田アスレティックトレーナーは昨季東芝にいた方です。
スタッフ陣はかなり充実した陣容を揃えました。
HCが日本人ということで昨季のようなコミュニケーションの問題が起きる可能性は低いでしょう。
前HC代行の佐藤博紀はフロントに戻ったようなので、アンバサダーに戻るのでしょうか。
 
選手では岡田優介、宮永雄太、星野拓海が退団。
宮永雄太は富山グラウジーズに移籍が決まりました。
星野拓海は引退し、教職を目指すようです。
富樫勇樹は7月7日現在進路未定です。
新加入したのは現時点で2人。
ドルフィンズから伊藤俊亮(センター)が加入。彼はその恵まれた体格と経験で荒尾岳に偏りがちな負担を軽減できるでしょう。
それからジェッツ初めての帰化選手としてトヨタからマイケル・パーカーが加入しました。
来季の外国人、帰化選手のレギュレーションを考慮すると帰化選手の存在は戦略上重要なピースになります。
パーカーは日本での実績も十分な選手なので計算は立つと思います。
残りの外国人選手2人枠が未定のまま。
リカート、チャップマンの2人の可能性が高いかもしれませんが、新外国人の可能性もかなりあると思っています。
富樫勇樹の動向は一番注目されるところです。
彼が残るか、どうかで戦術のベースプランだけでなく、チームのプロモーション戦略も左右することになります。
外国人選手のバカンスも終わり、日本代表の五輪予選もあっさり終わったことでまだ所属先が決まっていない有力選手たちの動向も急速に定まっていくでしょう。
たぶん7月中にはハッキリするでしょう。
それで千葉ジェッツが新リーグ、新シーズンでどこまで戦えそうかが見えてくると思います。
昨季の陣容に期待し過ぎた失敗があるので、自分を浮かれさせないようにします。
 
2016-2017シーズン 千葉ジェッツスローガンは「Be Professinal」
大野HCは、プロとしてのプライドや責任、自信を持ち、それを発信して欲しいと考えているようです。
子供たちの目指す姿となり、常に成長を意識して欲しいようです。
何か、私も同じようなことを仕事で言われたことがありますね。
だから言わんとしていることはわかりますし、昨季、正直言えばプロ意識が足りないんじゃねーの!?と感じたときありましたもんね。
でも、それは昨季までのこと。
もちろん、すぐには変わらないだろうけど。
全てが新しいスタートとなる中で、変わっていくことが大事。
変わらないままになってしまうことはダメで、そこは気を付けていかないと。
 
本当に征服すべきはリーグではなく、プロバスケットボールに興味が薄い日本の社会なのですから。
 
さて、それも踏まえたうえで、日本代表(バスケのね)に関係して一言述べたいと思います。
 
バスケットボールの日本代表は7月4日(月)よりセルビア・ベオグラードで開幕したFIBA男子オリンピック世界最終予選に挑みました。
予選ラウンド第1戦はFIBAランキング35位のラトビアと対戦し48-88で完敗。
予選ラウンド第2戦はチェコに71-87で敗れ、わずか2試合で予選敗退となりました。
かなり厳しい大会になるだろうことはわかってはいましたが、壁を崩すには至りませんでした。
予選に挑んだ日本代表の選手たちにはおつかれさまでしたと言わせてもらいます。
彼らの経験が次につながってほしいです。
 
ただ、この予選に挑むに当たって国内の関心は非常に低いものでした。
世間での関心が低いのはしかたありません。
私が非常に残念に思ったのは、普段、代表の選手たちと共にプレーし、チームメートとして、対戦相手として競い合っている選手たちの関心が全く言っていいほど五輪予選に挑んでいる日本代表の選手たちに対し無かったことです。
いや、あったのかもしれませんが、少なくともSNS上で健闘を祈る発言や、労をねぎらう発言をした選手を私は見つけられませんでした。
これってどういうことなんでしょうね?
選ばれる過程だとか、代表の体制や、協会に不満があったとしてもですよ、選ばれて戦っているのはチームメイトであったり、先輩・後輩であったり、友人であったりするんでしょう。
NBLとbj全部合わせたって選手数は500人ほどでしょう?
そんな小さい世界から選ばれたメンバーなんだから、トップレベルの選手同士なら皆知り合いでしょう?
でも、全く関心を感じなかった。
中には、代表へのコメントを求められたのに、優等生じゃないから、代表に対して表現できる言葉がありませんみたいなことを言う選手までいる。
そういう問題じゃないんだよね。
これから多くの子供たちに尊敬され、そして明日の日本のバスケットボールを託す子供たちにとってまず目指すべきポイントになるべき存在なのに、そんな薄っぺらい言葉しか出ない存在でいいのかよってことなんだ。
今トップレベルでやっている選手たちが代表に、世界に関心がなくて、子供たちが代表や、世界を目指すと思うかい。思うはずない。
誰かNBAでプレーできりゃ日本のバスケの勝利なのかい?
自分が好きなだけバスケできてりゃ満たされちゃうのかい?
そんな向上心や野心のないことでBリーグ以降に何か変わるのかい?
子供たちはそういうところちゃんと見てるよ。
仲間が困難な目標に挑んでいるのに、それを応援する気も見せなかったら、そりゃ勝つわけないし、それ以前に応援されるわけないよね。
選手が選手応援しないのに、メディアが取り上げるはずないんだよ。
選手が応援しなきゃ、ファンも代表を応援しないよ。
そのことわかってる?
そしてそういう無関心は、予選を戦った選手たちが得た経験もムダにする可能性があるってことだよ。
だって悔しさが共有できてないのに、経験が伝わるわけないよね。
それで強くなるの?日本のバスケ。
 
今まで一番ダメなのは本当に協会とかだったの?
そう思ったよ。

|

« 今、結果を出すことは簡単ではない。それでもヴォルティスを勝たせるために。 | トップページ | 勝利は安全運転から。ヴォルティス、故障車が修理から戻り快勝。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今、結果を出すことは簡単ではない。それでもヴォルティスを勝たせるために。 | トップページ | 勝利は安全運転から。ヴォルティス、故障車が修理から戻り快勝。 »