« ヴォルティス、ギアがハマってるのに回転をあげずにもったいない敗戦。最後に効くぞ、こういう負けは | トップページ | 最高の気迫、届かぬ勝利、乗り越えられぬ丘。 »

2016年7月26日 (火)

結果があってこそ。ヴォルティス、内容ではなく結果を生み出す力で差を見せつけ勝利。

2016 J2 第25節 鳴門大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 2 - 0 愛媛FC
【得点】徳島:11' カルリーニョス、56' 渡 大生
 
 
波が来るかと思うと乗り損ね、すぐまた波を呼び込む気配を見せる。
今季のヴォルティスはなかなか勢いに乗ってくれない。
個を見たら戦力はあるはずなのに、実際に戦うと組織で負ける試合が多い。
ただ、順位的に近い位置にいるジェフ千葉とは明らかに問題点も空気も違う。
やってやる的な気迫は間違いなくある。
ただ、それだけではダメで、そろそろ結果に結びつけていかないと手遅れになる。
 
試合開始後、最初に決定機を得たのは愛媛だった。
そしてコーナーキックからの見事なトリックプレーからカルリーニョスの移籍後初ゴールで先制できた。
しかし、そのあとも愛媛に決定機はあった。
が、最後まで決定機を決められなかった愛媛に対し、ヴォルティスは2度決めた。
どちらもカルリーニョスが絡んでの得点ではあり、結局これか!的な部分を除けば、愛媛の監督が言うようにそれほど両チームに差はなかった。
ただ、上にも書いたが結果に結び付けられなかったら勝った側にも負けた側にも意味はない。
勝った側が反省点に上げても、意図的にビデオで見返すことも一、二回だけ。
サポーター側も「ああいう守備ではダメだ。」とか言いながらも、次の試合の時になっても前節のピンチのシーンなんて引っ張ってる人はいないだろう。
勝てば官軍という言葉は自分自身の内側に向けた言葉なのかもしれないね。
 
ダービーという”イベント”の観点で言っても、結果として今季平均観客動員数を大きく上回る観客が入った中で応援ができたこと、勝ったことは大きい。
絶対にまた来て応援に参加したいと思った人がいたはずで、そこから始まっていくこともあるだろうしね。
フットボールカルチャーも時代によって変わっていくし、クラシカルなことに拘っても、それがいつまでも正解ではないしね。
今盛り上がるやり方が、その時代、その地域での正解なんだと思う。
ダービーはそういう意味で仕掛けも結果も上手くいったんじゃないかな。
 
次の相手は松本山雅だ。
結果でも、カルチャーとしても今は負けている相手。
そして、今一番強い相手だ。勝つのは簡単じゃない。
でも勝てれば2度目の連勝になる。勢いは間違いなくつく。
ダービーで呼び込んだ波に乗って、リピートした人たちを巻き込んで、サッカーとしても、フットボールとしても勝とう。
次勝ってこそのダービーの勝利だ。
https://youtu.be/bb-sdcJhC6o

|

« ヴォルティス、ギアがハマってるのに回転をあげずにもったいない敗戦。最後に効くぞ、こういう負けは | トップページ | 最高の気迫、届かぬ勝利、乗り越えられぬ丘。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴォルティス、ギアがハマってるのに回転をあげずにもったいない敗戦。最後に効くぞ、こういう負けは | トップページ | 最高の気迫、届かぬ勝利、乗り越えられぬ丘。 »