« 待望の先制も勝ちきれず。ブラジルトリオに阻まれた勝利。 | トップページ | ”千葉ジェッツふなばし”の意味。 »

2016年8月24日 (水)

ヴォルティス快勝。崖っぷちからダッシュへ。

2016 J2 第30節 鳴門大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 3 - 1 東京ヴェルディ
【得点】徳島:6' 大﨑 淳矢、9' 石井 秀典、37' カルリーニョス
    東京:71' ドウグラス・ヴィエイラ
 
3月に東京ヴェルディと対戦したときのことはよく覚えている。
ビックリするくらい何もさせてもらえず、0-1ながら完敗だった。
リベンジするというにはあまりに情けない試合だった。
今季のヴォルティスに感じていた勢いが自分の中で消えていくような試合だった。
 
試合はいい意味で意外だった。
佐藤は高さに加え、スピードとチャンスメイクするセンスも持っていることが改めてわかった。
なかなかああいう選手はJにいないだろう。
もちろん、もっとコンスタントに発揮してほしいなあ。
 
でも、何かスカッとする試合だった。
ヴェルディも今季は悩み深いシーズンなんだろう。
同様にヴォルティスも悩み深いシーズンで、ちょっと悩みすぎてここまで来てしまった。
だが、この試合で先に悩みを抜けられそうなのはヴォルティスだと確信できた。
石井の言うように崖っぷちであることは間違いないが、この試合から勢いを高めていくしかない。
 
大崎は躍動していた。
リードしてから削られまくっていたのはヴェルディの選手たちにギリギリのプレーをさせていたからだと思う。
ケガをさせられる前に試合を決められて良かったし、交代することができて良かった。

前との差を詰めるには正直奇跡的なことがないと難しいかもしれない。
エマナは相変わらず調整中で、出てくるメドは見えてこない。
残り試合を考えれば、使う方もリスクが高くなる。
明るい要素はそれほど多くない。
正直、サポーターの中で昇格、プレーオフ圏という言葉も消えてきている気もする。
自分も例外ではない。
気持ちを奮い立たせるのは簡単じゃない。
ただ、目標を忘れないことは大事だ。
どんな選手でもいづれはチームを去る。
でもサポーターは自分の意志でチームと共にあり続ける。
だから、短期的に目標達成は難しい見込みの状況になっても、目標を見据えるモチベーションはある程度保っていれば、この時期は自分たちの糧になってくれるのではないだろうか。
それは自分次第なのだが。
個人的なことでサッカーのことではなく仕事での経験例だが、18年くらい前に会社で、ほぼ干されていた時期があって、辞めても何の問題もない時期があった。
でも、そこで腐らず地道にその日できることをやっていた結果、今のように仕事でも充実感を得られ、家族もできたと思っている。
ヴェルディ戦の勝利は、そんなことの起点に少しでもなってくれればいいと思う。
今季まだまだ踏ん張れる。

|

« 待望の先制も勝ちきれず。ブラジルトリオに阻まれた勝利。 | トップページ | ”千葉ジェッツふなばし”の意味。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 待望の先制も勝ちきれず。ブラジルトリオに阻まれた勝利。 | トップページ | ”千葉ジェッツふなばし”の意味。 »