« Bリーグ開幕!千葉ジェッツ、強さと弱さと覚悟を知った初戦。 | トップページ | 千葉ジェッツ、力の差に屈した連敗。危機感無くば降格するぞ。 »

2016年9月27日 (火)

終焉の雨。ヴォルティス、神も見放したか?

2016 J2 第33節 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 0 - 1 セレッソ大阪
【得点】大阪:82' 杉本 健勇
 
サッカーの神に見放されたのかもしれない。
それが何故なのかはわからないが、一応、サッカーの神様はいると信じているので、見放されたのかと思ったのだ。
(昔からこのブログを読んでいる人はどんなサッカーの神様かは知っていると思うが)
PKの判定は、不満を訴えるに十分な曖昧さだったと思う。
が、審判の目の前でのプレーであり、迷うことなく笛が吹かれたことは、ファウルだったのかそう見えさせたソウザが神に恵まれたのかだろう。
もしかしたらブラジル人選手が試合前によくやるように神に祈ったのが通じたのかもしれない。
いろいろ含めて、ヴォルティスの日ではなかった、セレッソの日にされたのだろう。
 
カルリーニョスが不在でも使われないエマナは、監督がリクエストした選手ではないのだろう。
そうでなきゃベンチにくらい入れるだろう。
練習試合には出しているのだから。
それが事実だとしたら、フロントと現場は意思疎通が取れていない。
それでは不信感が大きくなるだけだ。
現場が要らない選手を獲ってくるくらいなら監督を交代させるなど、フロント主導にした方がまだよかった。
その勇気すらないから、誰かが薦めたエマナを買ってしまったのかもしれない。
よく、姑さんがご近所の誰さんがイイって言ってたとよくわかんないものを子供の家に持ってきて「使いなさい。いいものだから」と一方的に置いていくことがあるが、そtれと同じ構図なのかもしれないね。
だとしたらプロの仕事とはとても言えないね。
そうでないことを祈るけど。
 
昇格の切り札なんだとしたらもう使うタイミングは失われたと言っていい。
これまで、どこまで追い込まれても気持ちを強く持つことを訴えてきたが、気持ちを強く持つ目的は今季に関しては昇格から別のモノに切り替えた方がいいだろう。
つまりは今季は終焉ということだ。
 
選手たちはカルリーニョス不在でも頑張っていたが、それでも決定機はセレッソの方が多かったし、戦っていたというよりは抵抗していたと言った方がいい試合だった。
健闘は称えるが、今は気持ちを見せてくれるだけではダメだ。
併せて結果も必要だし、内容も必要だ。
それがいまだに形にならないのだから仕方ない。
 
少し冷静になる時間が必要なようだ。
残念だ。

|

« Bリーグ開幕!千葉ジェッツ、強さと弱さと覚悟を知った初戦。 | トップページ | 千葉ジェッツ、力の差に屈した連敗。危機感無くば降格するぞ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Bリーグ開幕!千葉ジェッツ、強さと弱さと覚悟を知った初戦。 | トップページ | 千葉ジェッツ、力の差に屈した連敗。危機感無くば降格するぞ。 »