« 何も工夫がなければ勝てない。 | トップページ | Bリーグ開幕!千葉ジェッツ、強さと弱さと覚悟を知った初戦。 »

2016年9月19日 (月)

千葉ジェッツ、開幕直前!バスケのシンボルアイコンになろう。

プロバスケットボールの新リーグ、Bリーグで新シーズンを迎える千葉ジェッツ。
昨日9月18日は毎年恒例のティップオフフェスタを開催し、新チームをお披露目しました。
今年はJR船橋駅北口のデッキで行いました。初めての屋根の無い屋外での開催でした。
当日は雨というあいにくの天候。
しかしながら、イベント開催直前には雨も上がり、ほぼ当初予定通りに開催できました。
 
今季の千葉ジェッツはコーチ陣を一新しました。
広島ドラゴンフライズから大野ヘッドコーチを、日立サンロッカーズから金田アシスタントコーチを、ドイツのアイスベーレン・ブレーマーハーフェンよりカルバン・オールダムアシスタントコーチを招きました。
その他、アスレティックトレーナー池田氏、ストレングストレーナー多田氏も加わり、コーチ陣の充実ぶりはかなりレベルが上がったと思います。
 
新加入選手については前の記事で書きましたが、コンディションも上がっているようで開幕、その次の栃木戦にいい状態に持っていければいいかな。
非公開でしたがプレシーズンマッチは5戦5勝だったそうです(島田代表談)。
 
センター陣が充実したのは良かったと思います
日本人選手では伊藤俊亮が加わり、荒尾岳と日本人選手が2枚になりました。
昨年は荒尾岳が怪我で離脱すると、小野龍猛をセンターに使用しないといけないケースもあり、ディズアドバンテージになっていました。
今季はヒルトン・アームストロングに加え、マイケル・パーカーもPFですが強さを既に発揮してチーム内で信頼を確立しているようで力強いです。
 
ガード陣は富樫勇樹がエースになれれば、ジェッツというチームを順位以上にBリーグ中で最も盛り上がっているチームにできると思います。
エースの西村文男を中心に、昨季開幕時は怪我で離脱してた阿部友和、ジェッツを牽引していく石井講祐は3P精度をさらにあげて欲しいし、原修太はがむしゃらに存在感を生み出してほしいです。
 
勝つためには小野龍猛が毎試合コンスタントにリーグトップクラスのスコアをマークしてくれないと無理です。
上江田勇樹にはスピードとディフェンス力にもっと磨きを。
タイラー・ストーンには驚くべきプレーを見せて、観衆を沸かせて欲しいです。
 
もちろん優勝は大事ですが、一番面白いバスケットボールをするチームになること、バスケットボールを観に行くなら千葉ジェッツと言ってもらえるチームになることが今のバスケットボール界では一番のタイトルかなと思います。
堅い玄人好みのバスケでタイトルを獲っても意味ないです。
島田代表ともイベント前に会話した時でも、Bリーグの開幕直前の盛り上がりはJリーグの開幕前とは大きな差があります。
メディアの扱いで熱心なのはbjリーグを放送していたフジテレビくらい。
先日発売されたBリーグ関連の書籍も少なく、書店店頭ではなかなか見かけません。
本当に新しく開幕するの?という感じさえします。
しかし、バスケットボールが置かれている現状は、Jリーグ開幕直前にサッカーが置かれていた状況より厳しいと思います。
まずは各チームがホームに据えた街でさらに人気を獲得していくことになります。
しかし、日本代表の強化には早急につなげないと4年後、東京オリンピックに出られること、活躍できることに繋げないとそこでアタマ打ちになるでしょう。
そこでバスケのシンボルアイコンのようなチームとなること。
それが千葉ジェッツの真の目標だと思います。
 
フライトクルーはSTARJETSが13人、うちルーキー7人のフレッシュな陣容で挑みます。
オフのオーディションはネット投票などあり、その結果だけでの評価ではないですが、昨季メンバーで落選する人もいるなどちょっとした激戦でした。
結構ドキドキしたのですが、一緒に応援を頑張っていきたいです。
BEATBOOSTERはカツナリ一人になりましたが、彼はいろいろアイデアを捻っているようです。
彼自身もプロとしてバンド、Corner of the roomでの活躍も含め、大きな一年になると思います。
フリースタイルバスケットボーラーのTAMAと引き続き一緒に応援できるのもうれしいです。
 
個人的には新作のボードが昨日ほぼ完成しました。
セロファンでパッキングすることくらいです。
あと少し、以前からのボードのメンテが残ってますが。
あと観戦ルールが今季から変わるので、それもしっかり理解しておかないといけません。
座る位置も変えるので、ルール内でできる応援を最大限にシーズンやり続けないといけません。
応援者として一番になることは目標でもなんでもないですが、応援力として中心の下支えをし続けることが使命だと思ってます。
全試合は難しいですし、アウェイにもあまりいけませんが、千葉ジェッツの応援者として足を引っ張ることなく頑張りたいと思います。
 
Dscn5225_2
Dscn5206
Dscn5207
Dscn5210
Dscn5231
Dscn5235
Dscn5197
Dscn5251
Dscn5174
Dscn5183
Dscn5158
Dscn5153

|

« 何も工夫がなければ勝てない。 | トップページ | Bリーグ開幕!千葉ジェッツ、強さと弱さと覚悟を知った初戦。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何も工夫がなければ勝てない。 | トップページ | Bリーグ開幕!千葉ジェッツ、強さと弱さと覚悟を知った初戦。 »