« ヴォルティス、長崎の若武者をヒーローにはさせず。ADタイム劇弾勝利。 | トップページ | 千葉ジェッツ、アルバルクに価値に繋がる一勝。油断なく秋田へ挑め。 »

2016年10月10日 (月)

白熱の内容と白紙の結末。讃岐とドロー。

2016 J2 第35節 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 0 - 0 カマタマーレ讃岐
 
内容は互いにチャンスもあり見どころは多かったと思う。
残留争いをしている讃岐には勝ち点1だろうがとても貴重なものを手にしただろう。
ニュートラルに見ている人がどれほどいたかはわからないが、かなり少数だっただろう人たちには面白かったかもしれない。
ヴォルティス側の人たちには何の収穫もなかったかもしれない。
6位以上が全て勝ち点を手にし、7位以下で勝利を手にしたのは21位の金沢だけだった。
リーグは色合いが決まりつつある。
 
こういう終盤戦の展開になると、モチベーションは下がり、その熱量は他の方向に向かうことがある。
周囲への不信と失望だ。
今節はフクアリに千葉対京都を観にいった。
生でサッカーを観たいと思ったこと、プレーオフ圏を賭けた対決でヒリヒリしたシチュエーションだったことが理由だ。
だが、試合は開始早々に京都が先制したことで千葉のチームとしてのプランが崩れ、とても残念な試合内容となった。
これでプレーオフ圏が絶望的になった千葉は試合後、選手とゴール裏が揉めた。
千葉は今季チームをほぼ取り替えるくらいの劇薬的変化を行いながら結果を出せていない。
今まで応援していたチームと同じなのはシャツくらいではないかというくらい変わり、開幕前にその選手たちを自分たちの応援する選手たちとして受け容れるのも当初は厳しかっただろう。
そんな中でゴール裏はチャントを創り、歌ってきたのだろう。
しかし昇格を信じてきたリーグ戦は結果が伴わない。
決戦である、それもプレーオフ圏への望みを繋ぐ決戦という最低限である決戦に相応しいパフォーマンスでは全くなかった。
試合後にゴール裏で感情が爆発するであろうことはスタジアムの誰もが想像していた中でその通りになってしまった。
当初はコールリーダーが代表して気持ちを叫んでいたが、周囲で我慢できずにモノを投げた人間がいて、ギリギリの冷静さは崩れてしまった。
試合中はバックスタンドからも罵声が飛んでいた。
その当事者も試合後に選手が挨拶に来ると罵ったことを謝っていた。
そんな中でゴール裏が決壊した直後は非難の声はゴール裏に向かっていった。
試合中、バッススタンドに向かって声援での後押しを頼み、試合の趨勢が決まり、帰宅する人が大勢現れ、スタンドに空席が増していく中でも歌っていた連中は一転して悪者にされてしまった。
私はこういう非難の的の当事者たちの中にいたこともあるので、彼らの気持ちもわかったし、その周囲の立場になってからも長いので周囲がどう見ているのかもある程度わかる。
ゴール裏がなかなか認められにくい存在であることも。
本来向かってはチームが勝てない方向に力が向き、時に正面からぶつかってしまうこと、時として背後から狙われてしまうこと等が多くなると、いろいろな意味で悪い結果しま招かない。
そもそもの原因が誰であっても、そのことが大事なことであっても、それを大きな裂け目にしないために熱量の方向には誰しもが気を使わないといけない。
嫌でも陽(次の試合、次のシーズン)はまた昇り、陽の下に立たないといけないからだ。
ジェフの人たちの苦労はジェフの人たちにしかわからないだろう。
自分たちが気にすべきは自分たちのことだけである。
でも自分たちに置き換えて自分たちをよりよい状況にするために、してはダメなこと、我慢しなくてはいけないことは学ぶことが出来る。
そういう考える機会が自分たちを強くすると思うのである。
 
カマタマーレ戦は結果的にジェフが追い込まれた状況と同じになっている。
ジェフにない希望がヴォルティスにあるはずもない。
だが、その状況で自分たちをどう置かせることが出来るかで違いは生み出せる。
それが2試合後に来るホームでのジェフ戦で表現できるかは意外と意味のあることかもしれない。

|

« ヴォルティス、長崎の若武者をヒーローにはさせず。ADタイム劇弾勝利。 | トップページ | 千葉ジェッツ、アルバルクに価値に繋がる一勝。油断なく秋田へ挑め。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴォルティス、長崎の若武者をヒーローにはさせず。ADタイム劇弾勝利。 | トップページ | 千葉ジェッツ、アルバルクに価値に繋がる一勝。油断なく秋田へ挑め。 »