« この勝利が道を照らしますように。ヴォルティス、首位札幌に逆転勝利。 | トップページ | ヴォルティス今季最終戦は清水に惜敗。新体制となる今後に必要なもの。 »

2016年11月13日 (日)

ヴォルティス、クサツに完勝。そして最終節に清水を迎え撃つ。

2016 J2 第41節 正田醤油スタジアム群馬
ザスパクサツ群馬 0 - 3 徳島ヴォルティス
【得点】徳島:14' 大﨑 淳矢、39' 渡 大生、43' 渡 大生
 
3得点の上、相手のシュートも3本に抑えたのだから文句なしの完勝だったと思う。
ここ4試合好調で、前節札幌を破った勢いはしっかり繋がっていた。
大崎のシュートはドライブシュートを彷彿させるような見事な一撃で、何度もあれを打てるかはわからないが、大崎史上でも最高の一発候補になるだろう。
渡は好調な上、しっかり使われているので、試合毎にさらに好調さを増している。
やはり使われること、責任を与えてやることが彼にはいい効果を生むのかもしれない。
 
今更ながらの好調とはいえ、今季J2のキーという立場は最後まで付いて回っている。
札幌をあわや3位転落の危機に追い込んだし、次の最終節は清水エスパルスだ。
監督は言うまでもなく、コバさんだ。
 
たぶん、この試合は勝利も大事だが、それ以上に次の試合にどう好調さを繋いでいくことが皆の関心事だったと思う。
最高の状態で挑めそうだ。
嬉しい懸念というか、井澤とカルリーニョスのどちらがいいかという問題がある。
普通に考えると、カルリーニョスとなる可能性が高いが、井澤も好調だ。
とはいえ、2人と岩尾を同時に使い、前の誰かを削るのは逆効果を生むだろう。
監督がどういう布陣を出してくるか楽しみである。
 
という感じで、もはや関心事は清水戦であろうから、次節のときにがっつり記事を書こうと思う。
ただ、一言書いておきたいと思ったことだけ今書こうと思う。
 
ヴォルティスのサポーターの中で、コバさんにいい感情が湧かない人も多いだろう。
昨季のヴォルティスのサッカーは確かに悪かった。
そんなコバさんが率いる清水が自動昇格を賭けて徳島に乗り込んでくるのだから、面白くない人が多いのも理解できる。
しかし、ちょっとばかり歪んだ憎悪が見えなくもない人もいて、それは感心しない。
コバさんは大人だし、監督として結果には責任があるからヴォルティスやヴォルティスのサポーターに悪い感情はないと思うし、持つのは筋違いだと思う。
が、良くない感情を隠さずにチームを去った選手たちもいる。クチに出していた選手も知っている。
前々節の水戸戦の時、試合終了後にサポーター席に挨拶に来た選手たちの視線があまりサポーター側を見ていなかった気がしている。
昇格の可能性を失ったからとはいえ、勝利の喜びがあまり思っていたほど感じられなかったのが印象に残っている。
何かが壊れたままになっている気がしている。
ゴール裏を見ていてもそんな感じがした。
それが、コバさんについてSNS上で読んだいくつかのコメントからも同じ下地を感じるのだ。
次節は最終節だし、自分たちは脇役ではあるが負けられない一戦になる。
が、歪んだ喜びは要らない。
勝ってコバさんを罵るようなことはヴォルティスの選手たちは喜ばないだろう。
選手が喜ばないことは応援ではない。たとえ、応援する側がどう思っていようがだ。
それは個人的なウサ晴らしでしかない。
次節に起きるかもしれないこと以外にもこれまでにも似たようなことはあっただろう。
たぶん、それは応援ではなかった。
好調なのだから、自分たちのチームの選手を応援で後押しすることだけが必要なことだ。
それで手にした勝利で選手たちを讃えることがすべきことだ。
それが応援だと思う。
私が言うまでもなく、応援に集中して勝利をもぎ取るだろう。
山雅が負けて、自動昇格が決まる可能性もあるのだから、そのときはそのときだよね。
 
次節を最後にチームを去る選手たちもいるだろう。
だから真っすぐに選手たちを見て応援することに集中してもらえたらと思う。

|

« この勝利が道を照らしますように。ヴォルティス、首位札幌に逆転勝利。 | トップページ | ヴォルティス今季最終戦は清水に惜敗。新体制となる今後に必要なもの。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この勝利が道を照らしますように。ヴォルティス、首位札幌に逆転勝利。 | トップページ | ヴォルティス今季最終戦は清水に惜敗。新体制となる今後に必要なもの。 »