« 千葉ジェッツ、プレーオフ目指して。課題と光。 | トップページ | 「揺れる想い」が聴こえた場所 ~千葉ジェッツ応援遠征記(琉球ゴールデンキングス戦)~ »

2017年2月23日 (木)

大きくなぁれ。千葉ジェッツ。

2月22日(水) 千葉ポートアリーナ
千葉ジェッツ 67 - 64 秋田ノーザンハピネッツ
 
早いもので2017年も2月が終わろうとしている。
今月はホームゲームがこの日の一試合しかなく、アウェイゲームに多く行くことになった。
今週末は沖縄遠征なので、支度もしないといけない。
忙しいので記事は迅速に書かないといけない。
 
まず、平日のナイトゲームで、千葉ポートアリーナに4,815人もの観衆を集めたことに凄く感動している。
大きな団体の入場やパートナーの呼び掛けがあるわけでもない中で、これほどの観衆を集めた。
このことは今の千葉ジェッツが私の想像以上に拡がりを作っている証明なのかもしれない。
試合開始40分くらい前にアリーナに着いたが、座る席が簡単には見つからなかった。
結局、ゴール真裏の席に落ち着いた。
当然、FTの時選手が見えなかったが、このような状況がこの日に出来上がったことに感動も覚えていた。
実体以上かもしれないが、千葉ジェッツは間違いなく大きくなっている。
 
もっとも島田代表はシーズンでのホームゲーム全試合満員を目標に掲げていて、感動しつつも想定内と仰っていた。
それでも18万人にしか届かずJ1には届かないとも仰っていた。
J1にである。
つまり、まだまだ目指しているところは高いということである。
ならば、我々も同じ高さを目指さないといけない。
千葉ジェッツをもっと大きくしないといけない。
ここは満足するポイントではない。
 
同日のアルバルク対ブレックスの黄金カードは1,515人であった。
その3倍である。
千葉ジェッツの状況は突出している。
満足すべき位置ではないとしても、何故ここまでに達しているのかの分析はしていいと思う。
一つのアイデアとして提案したいのだが、千葉商科大にお願いして、学生に分析論文のコンペをやってもらったらどうだろう。
もちろん公開で。
興味深い分析結果が出て、新たな気づきも見つかるもしれない。
ジェッツのためだけでなく、バスケ、プロスポーツ全体にいい気づきを与えられるかもしれない。
どうだろうか?
 
さて、試合は勝てて良かったというところが総論ではあった。
ロースコアでの勝負になった中で、ディフェンスは機能していたというコメントもあったようだ。
が、どちらかというとオフェンスが機能しなかった試合という見方の方が正確な気もする。
実際、ミスは多かった。
勝負所が3Qから4Qに掛けて何分も続いたが、入れては入れられ、外させては外す、ということの繰り返しだった。
そのうちに逆転された。
勝てたのは運が良かったが、何故ジェッツは勝てたのかという見方より、何故ハピネッツは勝てなかったのかと考えた方が真相に近づけるかもしれない。
それでもよくわかんないんだけど、そんな試合だった気がする。
何か足りなかったんだろうね。
 
ヒルトン・アームストロングの気迫はとても印象的だった。
もっとアピールしたい、プレーしたいという気持ちが表れたのかもしれないね。
でも、そういう選手好きだ。
 
今週末の沖縄は楽しんでも、もちろん勝たせてきます。
そのために行くんだからね。
Kimg2296

|

« 千葉ジェッツ、プレーオフ目指して。課題と光。 | トップページ | 「揺れる想い」が聴こえた場所 ~千葉ジェッツ応援遠征記(琉球ゴールデンキングス戦)~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、プレーオフ目指して。課題と光。 | トップページ | 「揺れる想い」が聴こえた場所 ~千葉ジェッツ応援遠征記(琉球ゴールデンキングス戦)~ »