« 千葉ジェッツ応援遠征記(沖縄こぼれ話) | トップページ | 広がる千葉ジェッツの輪 ~対滋賀レイクスターズ~ »

2017年3月 5日 (日)

リカルドサッカーの強みと弱み。ヴォルティス、ニュースタイル構築中。

2017 J2 第2節 京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
京都サンガ 1 - 0 徳島ヴォルティス
【得点】後半45分 田中 マルクス闘莉王
 
リカルド・ロドリゲス監督のサッカーは今までのヴォルティスにはないスタイルだ。
ポゼッションが高く、全体を押し上げて、前からのプレッシャーで前線に攻守のポイントを置いて、クリアボールをしっかり拾い前に早く渡すことで試合を支配する。
得点を奪うために相手に合わせて前線のコンビを換える柔軟性も持っているようだ。
そして、組み合わせを換えられる前線のタレントもいることを正しく理解できているようだ。
こういうサッカーを指向するチームは過去たくさんあったが、こういうスタイルは日本人に好まれる。
結果が全てといいながら、こういうスキルフルで支配力の高いスタイルは好かれるんだよね。
ただ、こういうスタイルは行き詰ることがあるんだよね。
そしてこういうスタイルでサッカー界を賑わしたことがあるのが実は対戦相手の京都サンガだったんだよね。
 
支配力が高いから応援している側はこれで勝つと本当に完勝したような気分になれると思うんだ。
だけど、このスタイルを貫き切れているチームも、このスタイルでタイトルに辿り着けているチームも少ないんだよね。
だから、このスタイルがダメということじゃない。
こういうスタイルのサッカーは大げさに言えば日本のサッカーの目指すべき形の一つで、やらないといけない。
でも、時間は掛かるよね。
何せ、この試合みたいにこのスタイル自体はチャンスメイクするまでが華のスタイルなので。
最後点と取るところは、実は前線の特にセンターフォワードにタレントがいて、どうにかしてくれることに頼っちゃうんだよね。
それがないと、打っていいところで繋いじゃうん悪癖があるんだ。
崩し切ろうとしちゃうから。
点がなかなか取れないから崩し切ろうとしてシュート打たなくなっていく。
だから後半シュート激減したでしょ。
最後は馬渡に渡してサイドからくるだろうと思われたと思うよ。
そしてカルリーニョスが疲れて交代したら崩そうとする意志だけで結果に結びつかなくなったでしょ。
見ていて面白いサッカーだけど、2試合で1点しか取れてないのも偶然じゃないんだよね。
そんな簡単にはこのスタイルでは結果がついてこない。
 
でもこのスタイルはいつかは挑まないといけないスタイル。
今、ヴォルティスは挑戦する段階に来ているんだ。
それをわかっていて、かなりイライラさせられることも覚悟して、このスタイルのヴォルティスを支えてあげないといけないね。
ガマンできなくなると、リカルドやめろとか、前線の誰を使うなとか使えとか声が上がると思うな。
それを最後までしないで支え切れるか応援する側は試される。
そしてこのスタイルで成功しない可能性もよく覚悟しとかないとね。
だから成功させることは意味があるんでね。
 
この日の負けは典型的なこのスタイルでの負けパターン。
今後同じような負け方が何度もあるよ。
そういう負けに自分たちが打ち克てれば本当に強いヴォルティスとヴォルティスサポーターが生まれると思うな。
ニュースタイルのヴォルティスとヴォルティスサポーターがね。

|

« 千葉ジェッツ応援遠征記(沖縄こぼれ話) | トップページ | 広がる千葉ジェッツの輪 ~対滋賀レイクスターズ~ »

コメント

このスタイルが完成へ向けて考えられることとは?
現FW陣の精度を上げる・絶対的FWの補強・崩しきることに執着しない意識の統一?・・・

みたいなことになるんでしょうか?

ロドリゲス監督は、試合を作る選手(MF)にも常にゴールを狙うことが重要と語っていたかと思うので、選手間の意識と体の反応が自然になじむ(熟成)までにはそれ相応の時間が必要という事でしょうか?

投稿: KOU | 2017年3月 7日 (火) 02時37分

コメントありがとうございます。
そうですねぇ、難しいですね。
このスタイルにせよ、守備的なスタイルにせよ、点が取れないと完成したとは言えないので、シュートの意識を全員が高く持つことが後退しないために大事かなと思います。
ロッキーが試合に出るようになれば、相手の守備陣もロッキーを注意すると思うので、早く結果に結びつけるのはロッキー次第かなと思います。
あくまで一つの成功の道としてですが。

投稿: AWAN渦帝 | 2017年3月 7日 (火) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ応援遠征記(沖縄こぼれ話) | トップページ | 広がる千葉ジェッツの輪 ~対滋賀レイクスターズ~ »