« 危機の中の成果と教訓。千葉ジェッツ、収穫ある連勝ストップ。 ~対京都ハンナリーズ~ | トップページ | ヴォルティスの想像を超えた強さに、根拠のない不安を考えて冷静になろうとする。 »

2017年3月19日 (日)

ヴォルティス、競争原理が上手く働く楽しい勝利。

2017 J2 第4節 大分銀行ドーム
大分トリニータ 0 - 1 徳島ヴォルティス
【得点】徳島:前半30分 渡 大生
 
前節は島屋が結果を出して勝利に貢献してくれた。
開幕戦では馬渡が活躍して強い印象を残してくれた。
渡は期待通りだが、ワントップという紋切型に考えれば彼のようなタイプ向きではない。
が彼はフォーメーションの中で彼型のワントップを創造しつつ頑張っている。
そんなところがリカルド・ロドリゲス監督の信頼も得ている一つかもしれない。
そして今節ではまた一人新しい武者が登場した。
ガンバユースから地元である徳島に戻ってきたルーキー小西雄大である。
 
高卒ルーキーが初ベンチ入りで初スタメン、デビュー戦90分間フル出場という大抜擢を小西はやり切った。
これは彼にとっても大きいし、他の選手にも、そして地元を愛する徳島サポーターにとっても大きい。
リカルド・ロドリゲス監督の競争を促す選手起用は毎試合ニューヒーローを生み出している、とは言いすぎかもしれないが、それに近い。
内田裕斗も戦列に戻ってきた。彼が不在の間、広瀬陸斗は目覚ましい成長をしている。
そして小西はポジションこそ違うが、ルーキーがスタメン起用されたことも刺激になっているはずだ。
リカルド・ロドリゲス監督がチームに課している競争は、勝利以上に大きな効果を生んでいるし、勝利していることでなお効果は高くなっている。
 
試合ごとにニューヒーローが監督の起用によって誕生していることは今までにないことである。
次節もまた誰かがヒーローになってほしい。
その中で競争が生まれ、その先に昇格が成し遂げられれば前回と違う昇格ができるだろう。
まだ昇格とか言うのは本当に時期尚早だし、きっと勝てない時期もくる。
が、そういいたくなるくらい今季は楽しそうだ。
だからいうわけじゃないけど、前々任者の指揮官時代の苦しい時代のことなんかもう忘れなよ。
そういうことまだ言ってる人がいたから、申し訳ないけど、狙っちゃうけどね。
もっと楽しんだ方がいい。

|

« 危機の中の成果と教訓。千葉ジェッツ、収穫ある連勝ストップ。 ~対京都ハンナリーズ~ | トップページ | ヴォルティスの想像を超えた強さに、根拠のない不安を考えて冷静になろうとする。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 危機の中の成果と教訓。千葉ジェッツ、収穫ある連勝ストップ。 ~対京都ハンナリーズ~ | トップページ | ヴォルティスの想像を超えた強さに、根拠のない不安を考えて冷静になろうとする。 »