« 「揺れる想い」が聴こえた場所 ~千葉ジェッツ応援遠征記(琉球ゴールデンキングス戦)~ | トップページ | 千葉ジェッツ応援遠征記(沖縄こぼれ話) »

2017年3月 2日 (木)

新しい一歩、ヴォルティス5年ぶりの開幕戦勝利から始まる新シーズン。

2017 J2 第1節 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 1 - 0 東京ヴェルディ
【得点】徳島:26' 杉本 太郎
 
開幕戦のときは沖縄にいたので、リアルタイムでは開幕戦を見ておらず、今日やっとDAZNで試合を観ることが出来た。
いまさら長々書くのも何なので簡単に。
次節の京都戦はリアルタイムで見ようと思うので、そこからもう少し細かく書こうと思います。
決してバスケが第一になったわけでもないので、きちんとヴォルティスも見ます。
 
たぶん、ここ何年かのシーズンでもっとも強い期待感を持ったヴォルティスなのではないか。
チーム初のオリジナルデザインのユニフォーム。
チーム初の外国人監督。
もちろんそれだけでは期待感はそれほど大きくならない。
だが、プレシーズンでの好調ぶりも加われば期待は大きくなる。
 
昨年の開幕戦も内容は素晴らしかったが、想像を超えた結末が待っていた。
その後は期待感とは裏腹に結果が伴わず、いつしか、期待感の元になっていたサッカーの活力も失われていった。
 
カルリーニョスが開幕からスタメンにいることは大きな違いで、一定以上のクオリティは保たれる。
この試合での馬渡を使ったチャンスメイクは互いの良さが発揮されていた。
ヴォルティスの飛び道具として、他のチームの脅威となるに違いない。
 
それでもまだ開幕1戦目であり、チームの完成もこれからであるが、ウノゼロ(1-0)で勝てるのは本当に強いチームだと思っているので楽しみなチームである。
新しい一歩を踏み出した徳島ヴォルティス。
今までは選手、フロント、サポーターが決して良好な関係ではなかったと思うので、今季はその点でも新しい一歩を踏み出せたらと思っている。

|

« 「揺れる想い」が聴こえた場所 ~千葉ジェッツ応援遠征記(琉球ゴールデンキングス戦)~ | トップページ | 千葉ジェッツ応援遠征記(沖縄こぼれ話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「揺れる想い」が聴こえた場所 ~千葉ジェッツ応援遠征記(琉球ゴールデンキングス戦)~ | トップページ | 千葉ジェッツ応援遠征記(沖縄こぼれ話) »