« ファミリー力の勝利!千葉ジェッツ、未来を変える連勝。~アルバルク東京戦~ | トップページ | 向かえ!千葉ジェッツ。頂空へ。感謝の気持ちと共に。~仙台89ers戦~ »

2017年4月22日 (土)

4戦ぶりの勝利。ヴォルティス、今は無失点こそ最も大事。

2017 J2 第9節 町田市立陸上競技場
町田ゼルビア 0 - 1 徳島ヴォルティス
【得点】徳島:10' 前川 大河
 
 
前節で名古屋相手に今季のスタイルを取り戻してやりあえたヴォルティス。
勝利は得られなかったが、悪い流れには一応歯止めは掛けられた。
首位とも勝ち点差は僅差なので、いい位置で取りもどせたと思う。
 
ここからの数試合は取り戻したスタイルで結果を出していく数試合にしたいところだ。
まずは町田ゼルビアで、再昇格組とはいえ、けっしてアウェイでの戦績のいい相手ではなかった。
大事なことは3つあると思っている。
1)勝利という結果を出すこと。
2)失点をしないこと。
3)オフェンスでのプランBで見通しを開くこと。
1)と2)はセットではあるが、2)は最低限出来ないといけないことである。
毎試合最低勝ち点1を取ることは、シーズン終盤になったとき効いてくる。
勝ち点1の積み重ねがではなく、そういう試合運びの技を身に付けることがである。
相手より多く点を取ることと、相手より失点を少なくすることは同じように見えて全然違うことは誰でもわかる。
攻撃の出来はミズモノである。
前節爆発しても次節も爆発するわけじゃない。
でも連続無失点はやろうとする意志とそのための守備戦術を貫徹できれば、連続複数得点以上に確度は高い。
本当に強いチームの見本として、よく90年代のユベントスを挙げるのがワタシのクセなのだが、そのときのユベントスの十八番がウノゼロだった。
つまり1-0で勝つことである。
1点取れれば勝てるチームだったのである。
それは強固な守備があったからで、それが強さのベースだった。
この試合で一番必要だったのは1)の勝利という結果だった。
だが、長い目で見れば2)の失点しないことは、1)以上に重要なのだ。
 
今日は勝ったことだけの試合という意見は複数あったようだ。
今日ならそれは正しい意見である。
でも、勝っただけの試合は最低限できるチームになれるなら、そういう試合を最低限できるならば...。
終盤でこんな頼もしいチームはいないんじゃないかな。
だから今日は無失点で終われたことをすごくよかったと思っている。
 
攻撃面での内容と結果の向上はこれから少しづつ上がっていくよ。
ウノゼロで勝てるチームになれれば、安定して向上していけるよ。
次はフクアリで見に行けるから楽しみ。

|

« ファミリー力の勝利!千葉ジェッツ、未来を変える連勝。~アルバルク東京戦~ | トップページ | 向かえ!千葉ジェッツ。頂空へ。感謝の気持ちと共に。~仙台89ers戦~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファミリー力の勝利!千葉ジェッツ、未来を変える連勝。~アルバルク東京戦~ | トップページ | 向かえ!千葉ジェッツ。頂空へ。感謝の気持ちと共に。~仙台89ers戦~ »