« 猛暑に溶けたリカルドサッカー。ヴォルティス、追いつかれドロー。 | トップページ | 千葉ジェッツ、2016-2017シーズンのフィナーレ。 »

2017年5月28日 (日)

ヴォルティス、繋いで崩すなら、繋いで決めては。ハマるドロ沼を抜ける術は?

2017 J2 第16節 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 1 - 1 カマタマーレ讃岐
【得点】徳島:後半6分 渡 大生
    讃岐:前半36分 西 弘則
 
勝ちきれない試合が続いている。
というか勝ちきれないことにハマってしまっている。
選手たちにもイライラが見て取れる。
相手は最下位のカマタマーレ讃岐であったが、それでも勝てるのだろうかという空気がチームの周囲にも感じられるほど。
結局、その空気は危惧していた結果を招いてしまった。
 
チャンスは作れている。
フィニッシャーまでボールは通っている。
そこから先で余裕が試合後とに無くなっていっている気もする。
7月から上位対決を迎える。
ここまでにはどうにか調子を上向きにしたい。
 
佐藤が戦列に復帰してきたのは朗報だ。
前線で起点に、そしてフィニッシャーにとこなせる佐藤の存在は大きい。
精度のあるプレーができる佐藤には、前線に落ち着きをもたらして欲しい。
個人的な感想だが、最後の場面で緊張感に負けて、シュートが荒くなることが試合ごとに、時間ごとに高くなっているように見える。
チャンスを作るまではパスで突く、走る、崩すが連動してできているのだが、最後は個に任せ過ぎになっている気がする。
いいボールが入っても、最後は力いっぱい蹴ってしまったり。
もちろん、それでもコースが枠を反れない位置ならいいが、間に相手DFがいても強引にいく感じが強まっていまいか?
 
先週、水曜日に日立だいでルヴァンカップを見た。
柏レイソルはいわゆるBチームのメンバー主体だった。
リーグ戦で好調のレイソルは、Bチームでもポゼッションは高く、前線にもディエゴ・オリベイラなど決定力のあるFWがいた。
試合はチャンスは作れていたが、得点が決まらず負けた。
ポールは回っていてラストパスも何度か通ったが、最後の局面でオリベイラたちの個任せになっていたように思う。
ところが、昨日の土曜日はゴールエリア内でもつないで崩す形からクリスティアーノが決めている。
 
繋いで崩せるなら、繋いで決めるところまでできるのではないか。
そこのところにちょっとばかり落ち着きが持てれば、決めるところまでヴォルティスもいくのではないかと思った。
もちろん、違うチームを重ねても仕方ないのだが、今季のヴォルティスにはそこまでのポテンシャルはあると思う。
今だって選手たちは周囲を信頼してプレーしているだろう。
が、もう一度信頼を確認しあい、ボールを渡す、ボールを貰う、打たせる、打つといった部分を濃くすれば壁を壊すことができないだろうか?
状況はそんな簡単ではないだろうし、結果にもこだわらないといけない勝ち点差になってきている。
が、結果、結果と追い込んでも状況が好転しないように思える。
そこまでヴォルティスは強くなっているとも思えない。
ならば今必要なことは何だろう?

|

« 猛暑に溶けたリカルドサッカー。ヴォルティス、追いつかれドロー。 | トップページ | 千葉ジェッツ、2016-2017シーズンのフィナーレ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 猛暑に溶けたリカルドサッカー。ヴォルティス、追いつかれドロー。 | トップページ | 千葉ジェッツ、2016-2017シーズンのフィナーレ。 »