« 辿り着いた空、その上の空。千葉ジェッツ、最高に幸せな瞬間。~秋田ノーザンハピネッツ戦~ | トップページ | 千葉ジェッツ、怒涛のレギュラーシーズン終了。さあ、王座へ。~レバンガ北海道戦~ »

2017年5月 8日 (月)

ヴォルティス、岡山と打ち合いに負けるも、攻める力示す。

2017 J2 第12節 シティライトスタジアム
ファジアーノ岡山 3 - 2 徳島ヴォルティス
【得点】岡山:前半36分 豊川 雄太、前半40分 塚川 孝輝、後半35分 藤本 佳希
    徳島:前半25分 前川 大河、後半15分 渡 大生
 
 
岡山はいつも大勢のサポーターが行く。
2011年シーズンの最終戦が思い出されるが、特別な相手の匂いは強い。
絶対勝ちたい相手と思っている人が多い。
 
馬渡がおらず、広瀬も怪我で離脱した。
サイドでチャンスメイクする選手が不足しているように見えたが、実際はチャンスメイカーはまだいて穴はなかったと思う。
島屋のクロスは2本とも素晴らしかった。
あのようないいクロスが入ると、GKはどうすることもできない。
2点ともとても美しいフィニッシュだった。
 
ゆえに先制点後に試合の流れを掴み続けられなかったのはもったいなかった。
あっという間に逆転を許してしまったのはリカルド・ロドリゲス監督が言うように自分たちに原因があったと思う。
それでも後半同点に追いついた形は上述の通り美しかった。
点を取る形をハッキリ示せたのは大きな収穫だったと思う。
チャンスメイクからフィニッシュまでの形が身体に染み付けば、点を取るのに行き詰る試合は減るだろう。
 
打ち合いになってしまうとどうしても難しくなる。
どっちに転ぶかわからなくなってしまう。
リカルド・ロドリゲス監督が不満に思うように自分たちで打ち合いに持ち込み、その結果、負けてしまったのは大変残念だった。
高い授業料になってしまった。
 
それでも、この試合のようなミスはコミュニケーションを改良すれば今後はかなり改善できるはずだ。
ネガティブに捉え過ぎなくていいのではと思う。
次は借りを返せると思う。
負けは負けだが、イライラする負け方ではなかった。
次もこう点が取れるとは限らないが、チームの調子は下降していない。
だから切り替えて次勝つことだけ考えた方がいいと思う。

|

« 辿り着いた空、その上の空。千葉ジェッツ、最高に幸せな瞬間。~秋田ノーザンハピネッツ戦~ | トップページ | 千葉ジェッツ、怒涛のレギュラーシーズン終了。さあ、王座へ。~レバンガ北海道戦~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 辿り着いた空、その上の空。千葉ジェッツ、最高に幸せな瞬間。~秋田ノーザンハピネッツ戦~ | トップページ | 千葉ジェッツ、怒涛のレギュラーシーズン終了。さあ、王座へ。~レバンガ北海道戦~ »