« ヴォルティス、岡山と打ち合いに負けるも、攻める力示す。 | トップページ | 戻ってきた馬渡が救う。ヴォルティス、決定力と決定機の落差。 »

2017年5月 8日 (月)

千葉ジェッツ、怒涛のレギュラーシーズン終了。さあ、王座へ。~レバンガ北海道戦~

5月6日(土) 千葉ポートアリーナ
レバンガ北海道 60 - 77 千葉ジェッツ
 
5月7日(日) 千葉ポートアリーナ
レバンガ北海道 74 - 76 千葉ジェッツ
  
レギュラーシーズンが終わった。
苦しかった2016年。
快進撃という表現では収まらない進撃だった2017年。
気が付いたら、アルバルクをあと一歩まで追い詰めた。
いつのシーズンでも開幕時に想像した終わり方にならないものだが、今季の千葉ジェッツは超越のレベルが凄かった。
新しい人もいっぱい増えて、ボーっとしていると隅に置いてかれちゃうような気もする。
 
ホーム最終戦が印象に残り過ぎて、最終節は何となく迎えた。
2位浮上が自力では難しい状況にあったので、勝敗に重みを感じていなかったこともあるのだろう。
むしろ、琉球ー大阪の試合を楽しみにしていたくらいで。
 
ただ、ゲーム2はレバンガのブースターさんが泣きながら応援しているのが映ったりしてちょっと特別だった。
CS出場がないから本当に今季最終戦だった。
シーズン途中で何人も選手が入れ替わったりして、ブースターさんにも難しいシーズンだったのだろう。
勝ちたいって気持ちが伝わる中、こっちも勝たないといけない、でも秋田戦の状況からいくと勝っても得たい結果に届かない。
しかもこっちはテレビで観てる。
こういうのは難しい試合だ。
ジェッツはイイこと尽くめだったから、こういう光景は、ジェッツにも過去あったのだけど、忘れちゃってるっぽい光景だった。
 
ジェッツは9連勝でレギュラーシーズンを終えた。
この勢いを持ってどアウェイになるであろう栃木ブレックスのアリーナへ乗り込む。
最後の最後に対戦相手が決まったので、ジェッツブースターさんは殆どチケットが手に入っていない。
殆どの人が念組になる。
何かパブリックビューイングが企画されればいいな。
現地に行って、周りを囲まれて応援するより、そっちの方が自分はやりやすいかな。
あくまで自分はね。
ジェッツブースターさんが大勢集まった方が、距離が遠くても念が通じるんじゃないかな、とか。
 
ホーム開催まで届かなかったのは残念だった。
でも、それは仕方ないことだ。
なんでもかんでも今季達成できたらもったいない。
来季に達成することができればいい。
ここまで来たら優勝はしたいけどね。
優勝してフライトクルーにパフォーマンスさせてあげたい。
そのために決勝へ。
そして、みんなで喜んで終わるために王座を掴みたい。

|

« ヴォルティス、岡山と打ち合いに負けるも、攻める力示す。 | トップページ | 戻ってきた馬渡が救う。ヴォルティス、決定力と決定機の落差。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴォルティス、岡山と打ち合いに負けるも、攻める力示す。 | トップページ | 戻ってきた馬渡が救う。ヴォルティス、決定力と決定機の落差。 »