« 千葉ジェッツ、怒涛のレギュラーシーズン終了。さあ、王座へ。~レバンガ北海道戦~ | トップページ | ありがとう、千葉ジェッツ。素晴らしきシーズン、その上への始まり。 »

2017年5月13日 (土)

戻ってきた馬渡が救う。ヴォルティス、決定力と決定機の落差。

2017 J2 第13節 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 1 - 1 FC岐阜
【得点】徳島:後半49分 岩尾 憲
     岐阜:後半38分 永島 悠史
 
 
まず馬渡が戻ってきた。
リーグとチームの冷静な裁定で下された2試合の出場停止が明けた。
馬渡についてはこれから自身のプレーで信頼を回復していってほしい。
 
試合に関して言えば、チャンスの山は築いたが、ゴールが遠すぎた。
結局、ここまでの試合と同じで、決定機は多いが得点は少ない試合が繰り返された。
これまで勝てた試合は無失点に守り切れたからでもあった。
つまり先に点が取れていたからで、点が取れないとこういう試合になる可能性はあったんだと思う。
ただ、だから守備の問題なのかというと、そういうわけでもないのは誰でもわかること。
チャンスの山は作れたのだから、決め切るだけ。
でも、今日あらためて気づいたんだけど、今季のヴォルティスは優秀なアタッカーはたくさんいるんだなと。
でもフィニッシャーがいないんだよね。
渡もアタッカータイプに近いと思うんだ。
佐藤や、山崎、ロッキーなんかがフィニッシャータイプなのかなと思うけど、佐藤は怪我、山崎はサイドで使われてる状況。
ロッキーにはまだ潜在能力があると思うんだけど、千葉戦でも試合前のシュート練習でワンツーからシュート打つ時に足裏でプレースしてから蹴ってたんだよね。
しかもミートしなかったし。
ちょっと厳しいかな。
 
アタッカー陣は豊富で、誰か必ず崩してくれてるんだ。
前節は島屋、今節は最後馬渡がやってくれた。
その前は広瀬がやってくれていた。
広瀬の穴は誰かというより、みんなが交代で埋めるんじゃないかな。
やっぱり決める人だろうね、問題は。
決定力と決定機の落差が大きいけど、決定機はかなりあるのだから、そこに決定力を合わせることを優先した方が楽しいし、雰囲気もよくなると思う。
 
監督もいってるけど、最後一点取って勝ち点を積み上げられたことをポジティブに考えてもいいんじゃないかな。
今はまだね。

|

« 千葉ジェッツ、怒涛のレギュラーシーズン終了。さあ、王座へ。~レバンガ北海道戦~ | トップページ | ありがとう、千葉ジェッツ。素晴らしきシーズン、その上への始まり。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、怒涛のレギュラーシーズン終了。さあ、王座へ。~レバンガ北海道戦~ | トップページ | ありがとう、千葉ジェッツ。素晴らしきシーズン、その上への始まり。 »