« 戻ってきた馬渡が救う。ヴォルティス、決定力と決定機の落差。 | トップページ | 力が入り過ぎていないか?ヴォルティス、もう少しだけ余裕があれば。 »

2017年5月15日 (月)

ありがとう、千葉ジェッツ。素晴らしきシーズン、その上への始まり。

B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2016-17
5月13日(土) ブレックスアリーナ宇都宮
栃木ブレックス 80 - 73 千葉ジェッツ
 
5月14日(日) ブレックスアリーナ宇都宮
栃木ブレックス 77 - 70 千葉ジェッツ
  
以前書いた記事で千葉ジェッツを強くしてくれたのは栃木ブレックスかもしれないというようなことを書いた。
それは言い方を変えると栃木ブレックスもジェッツと戦うことで強くなっていったと言えないかと思った。
ジェッツは幾度も跳ね返され、乗り越え、跳ね返され、乗り越えと繰り返してきた。
10月、最初のアウェイ戦、オールジャパン、直後のアウェイ、ホームでの2連戦、アウェイでの最後の連戦。
勝ち負けを繰り返しながら互いに強くなっていったのではないか?
今、そう感じている。
互いにプライドや自信を傷つけあいながら、そのたびに成長してきた。
辛い競争だったと思うが、選手たちにとってとても有意義だったのではないか?
そして今季の最後B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2016-17で再び千葉ジェッツは栃木ブレックスに打ち砕かれた。
 
QFの栃木ブレックスは見事過ぎた。
勝者に値したことも誰の目にも明らかだった。
千葉ジェッツは2試合通じて、これまで快進撃を支えた武器を殆ど使わせてもらえなかった。
綿密に準備されてきた千葉ジェッツ対策の前に成す術がなかった。
テレビで見たが、タイムアウト時の両チームの雰囲気も終始対照的だった。
コーチだけでなく、田臥選手や渡辺選手、ロシター選手も大声でチームメイトを鼓舞し続けていた。
ジェッツは落ち着いているように見えて、士気を上げようと声を出した選手は少なく、視線も上を向いていない選手も多かった。
リーダーらしいリーダーがいなかったことがここで効いてしまった。
最後はフラストレーションの押しつぶされて自滅してしまった。
ここまでシーズン進む程に最後まで強くなり続けた千葉ジェッツは最後の最後で瓦解してしまった。
 
それでもこの負けは千葉ジェッツをまた強くしてくれるだろう。
島田代表の力強い決意は既に出ている。課題もわかっているようだ。
タイラー・ストーンも若さを露呈したが、試合中に揉めてしまったことも彼の経験値になって成長につながるだろう。
富樫勇樹もこの試合で学び、もっと学ぶことがあることも知った。
千葉ジェッツはもっと強くなる。間違いなく。
私もとても残念で悔しい気持ちがあって昨日は落ち込んでいたが、今は違う。
来季に向けてもう歩き出そう。
 
今季最後は完敗だった。
だが、これは決着ではない。
もしかしたら、我々の戦いは永遠に決着がつかないだろう。
どちらかが道を決定的に間違えない限り。
 
今季が素晴らしいシーズンだったことは間違いない。
オールジャパンを制し、初めてタイトルを獲った。日本一になった。
それも最初からプロチームとして始まったチームとして初の。
いくつもの初めての記録も達成した。
観客動員数に掛かる記録は今後破られることがあっても、後発の千葉ジェッツが創り上げたノウハウと成し遂げた努力は先発のチームには追い抜けない。
その実績の上にできる記録は何も恐れるに足りない。
どうぞ抜いてくださいと思う。
成し遂げたこと、出来上がったものはどれもシーズン前には想像できなかったことばかりだ。
初代Bリーグ王者にはなれなかったが、それに匹敵することは成し遂げたと言っていい。
来季に持っていく悔しさができたことをポジティブに考えたい。
これがなかったら来季面白くならないだろう。
簡単に満たされるのはよくない。
 
あらためて、選手、フロント、フライトクルー、ボランティアの皆さん、そしてジェッツを応援している全ての人たち。
全員に素晴らしいシーズンが送れたよねと言いたい。
楽しかったよねと。
 
来季はすぐにやってくる。
もう次に備えましょう。
今季は最高だったと思っても、もっと最高も間違いなくあります。
最高だったと感じたなら、次の最高を想像し欲しましょう。
それを求め続けることができる人は、もっと強くなれると思います。
私は自分自身そうありたいと思っています。
 
最後に。
初めて千葉ジェッツに接したシーズンだった人にとって、これからの数か月はむしろ辛い日々になるかもしれないです。
千葉ジェッツは勝つことで価値を示さなくてはいけないプロスポーツチームです。
強くなるために新しい選手を獲得することになるでしょう。
その代わりにチームを去る選手もいるでしょう。
自身の成長のためにチームが欲してても新しいステージを目指す選手も。
同じメンバーでさらに成長をとはいかない世界なのです。
今までもそれを経て強くなってきました。
これからもそうです。
大好きな選手が去って、ジェッツを応援する気持ちが揺らぐ人もいるでしょう。
でもその辛い経験が間違いなく私たちも強くしてくれます。
Dscn7978

|

« 戻ってきた馬渡が救う。ヴォルティス、決定力と決定機の落差。 | トップページ | 力が入り過ぎていないか?ヴォルティス、もう少しだけ余裕があれば。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戻ってきた馬渡が救う。ヴォルティス、決定力と決定機の落差。 | トップページ | 力が入り過ぎていないか?ヴォルティス、もう少しだけ余裕があれば。 »