« 2017年5月 | トップページ

2017年6月18日 (日)

勝ち方、取り方を身体に染み付けよう。ヴォルティス、学ぶ時期は過ぎてない。

2017 J2 第19節 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 3 - 0 ロアッソ熊本
【得点】徳島:8' 馬渡 和彰、18' 山﨑 凌吾、90+1' 渡 大生
 
 
チャンスは作れている。あとはゴールだけ。
そんなことがずっと続いていた。
解決するにはやっぱりゴールを決めるしかない。
そして、決めた感覚をチームに選手自身に染み込ませるしかない。
 
ロアッソ熊本は監督が代わったばかりだった。
まだ池谷さんはチームを立て直す作業にも入れていなかった。
こう言ってはなんだが、ピッチの上に11人いるだけのようなチーム状態だった。
その状態で、今季の徳島のように形が固まりだしているチームとやり合うのは難しい。
何よりも先制点を奪った時点で勝利はほぼ決まったと思う。
 
収穫は勝ったこと、3ゴールしたこと以上に得点の形である。
いづれもGKやポストに弾かれたこぼれ球であったが、人がしっかり詰めていた。
それ以前にゴール前に人数が掛かっていた。
最初のシュートで決まらなくてもゴール前にいけばチャンスは来るのだということ。
それが証明された。
シュートは打つのだ。
枠へ向けて打つのだ。
枠を捉えきる打ち方でなくてもいい。
枠へ向けて打とう。
出来る限り強く。
そうすれば次に何か起きる可能性は残る。
それが身体に染み付けば、ゴールはまた来る。
それがわかった。
 
今この順位にいることは大したことじゃない。
首位にいたとしてもやるべきことは変わらない。
一つ一つ試合に集中すること。
まだ学んでいい時期は過ぎてはいない。

| | コメント (0)

2017年6月11日 (日)

足りないもの、使えなかったもの。ヴォルティス、ベルマーレの勝利に貢献。

2017 J2 第18節 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 0 - 1 湘南ベルマーレ
【得点】湘南:後半5分 杉岡 大暉
 
前節はいい形で勝つことができた。
ここをリスタートにできればよかったが、結果は繋がらなかった。
 
それでいて、チームの基盤がより固まってきていること、どこを相手にも通用する強みとなってきていることは感じた試合だった。
ベルマーレは守備的に試合を創ってきた。
ジネイを使わなかったからではないだろう。
押し込まれてやむを得ずでもなかったと思う。
それでいてヴォルティスは決定機を何度も創った。
ベルマーレの曺監督が試合後のインタビューで監督の采配、コンディション作り、相手の分析、全部間違っていたと思うと応えていた。
勝てたので謙遜はかなりあるのだろうが、やられなくてよかったというのは本音だろう。
選手に助けられたとも言っていたが、助けたのはベルマーレの選手だけではなかったのも本音にはあるのではないだろうか。
それくらい、ヴォルティスは戦えるサッカーを武器として磨き上げている。
それはこういう結果の中でより強く感じたことだった。
 
あとは決めるだけ。
これは永遠の課題だ。
 
渡はここまで9ゴール決めている。
ランキング3位だ。
決定力は持っている。
今日みたいに入らない日もある。
課題は他にも決めることができる選手が少ないことだ。
順位表を見ると、チームゴール数は13位だ。
現状は山崎に期待したいところだ。
この試合も決められたシーンで決められなかった。
批判が彼に集まるのも期待の高さ故だ。
彼にはもっと決めてほしい。
 
あと、今日はクロスの精度ではなく形が悪かった。
ヴォルティスにはよいサイドアタッカーが何人もいる。
が、いづれも武器のいいクロスの形はエリア近くまでえぐってゴール前に低いボールを通す形に思える。
その形が最近は少なくなってきている。
遠目からファーへ放るようなクロスが多くて、上げされられている感が強かった。
勝負し切れていない。
させてもらえていなかった。
コンビで崩してクロスを通すという形はもっと拘っていいと思う。
可能性の低いクロスを何本もあげるよりは、クロスまでいける可能性が下がっても、相手が嫌がるクロスを1本でも2本でも通すべきだと思う。
 
まだ決定的な勝ち点差にはなっていないし、J2はまだ混戦だ。
下を向かず、負けを糧にして次節に切り替えてほしい。
 
応援の協議はまだ合意までいけなかったのかな。
じっくり話し合えばいいと思う。
拙速に自粛しているものを再開すべきではない。
そもそも、きっかけはサポ側にあるのだから。

| | コメント (0)

2017年6月10日 (土)

千葉ジェッツ、オフも話題の中心。

栃木ブレックスの優勝で幕を閉じた2016-2017シーズンのB1リーグ。
オフになった今は選手やHCの動向が通常話題の中心になる。
だが、ここでも千葉ジェッツはもっていく。
さすがだ。どこがチャンピオンチームだったのか忘れてしまいそうだ。
それは冗談...だけど。
 
今回はオフも旋風を巻き起こして独り勝ちしている千葉ジェッツ(笑)の話題をテーマごとにコメントします。
◆選手の動向
Bリーグが迎える初めてのオフシーズン。
降格したり、昇格するチームでの選手、スタッフの動向が注目されるのはサッカーと同様です。
今のところは自由交渉リストに載った注目選手で私が気になるのは以下は。
大きなところではサンロッカーズ渋谷からアイラ・ブラウン選手。
そしてアルバルク東京からは松井啓十郎選手が。
富山グラウジーズからは城宝匡史選手。岡田優選手も。
琉球ゴールデンキングスは数多くの選手入れ替わりが発生しそうです。
外国人選手では三遠ネオフェニックスのチルドレス選手。
そして千葉ジェッツでもヒルトン・アームストロング選手とタイラー・ストーン選手がリストに載っています。
特にアイラ・ブラウン選手の動向は注目ですが、日本代表の試合が終わったので交渉はこれからかもしれません。
もっとも、選手のスケジュールの都合上でルール上リストに載せなくてはいけない時期までに契約がまとまらなかっただけの可能性もありますが。
 
千葉ジェッツでは、上江田、アームストロング、ストーンがチームを去りそうですが、阿部選手、パーカー選手、荒尾選手、原選手、伊藤選手は残留が確定です。
あとは小野、富樫、西村、石井の4選手の動向が気になります。
しかし、ジェッツのオフィスが明日9日(金)から12日(月)まで休むので、13日(火)以降に新しい情報が届くでしょう。
アームストロング、ストーンの両選手が退団する可能性が高いことが明らかになるとファンはかなりザワザワしました。
ジェッツのファンは昨季からファンになった人、強く入れ込んだ人が多いので、プロスポーツのオフの洗礼を初めて味わった人も多いようです。
選手が去っていくのは悲しいことですが、新しい選手も間違いなくやってきます。
私たちは彼らを歓迎しなくてはいけません。
彼らが来たらもうかつて在籍した選手の名前を出すことはできません。
選手の移籍に付いていき、移籍先のチームファンに変わってしまう人もいます。
でも、千葉ジェッツを応援しているであれば、今所属している選手をまず第一に応援してあげないといけません。
これからどんな選手がやってくるか楽しみですが、後述しますが新しいシーズンの東地区は本当に死の地区です。
新チームを目一杯応援してあげないといけません。
ノスタルジーに浸っていられるのは今だけです。
 
◆Bリーグ初の専属マネジメント契約チアリーダー募集
STARJETSの来季オーディションが今月下旬に迫っています。
昨年はネット投票もあり、かなり盛り上がりましたが、今季もおこなうかどうかはまだわかりません。
そんな中、千葉ジェッツ2017-18シーズンよりオーディションで選出された中から数名をクラブと専属マネジメント契約を結ぶことを発表しました。
オーディションの結果により最大3名まで選出される可能性があります。
チアリーダーという職業(?)は華やかな存在とは逆に、今は他に職業を持ちながら行う職業から脱却できていません。
これは本場のアメリカでも同じようで、何年か前にテレビでNFLのチアになった日本人女性の話では、チアとしてのギャラは月5万円くらいでした。
今回、千葉ジェッツが行うことは画期的なことで、新しい職種を社会の中で確立させる第一歩になると思います。
報酬が月額20万円以上。
これは職業として多くはありませんが基準は満たしていると言えるでしょう。
課題は、この報酬に相応しい仕事量を創ること。
時間を余らせるようなことがないようにしないといけません。
かといって、ブラックな仕事になっては絶対いけません。
適正な仕事量をどう創っていくか?
そこが専属チアという職業にステータスを与えるキーになるでしょう。
これも一つの楽しみな冒険だと思います。
 
◆2017-2018シーズンについて
8日に新シーズンのレギュレーションが発表になりました。
千葉ジェッツは東地区に所属します。
同地区には栃木ブレックス、アルバルク東京、レバンガ北海道、そしてサンロッカーズ渋谷、川崎ブレイブサンダースが加わります。
これはかつてのNBLの上位チームだけ集めたのと同じ。
まさに死の地区です。
ここを制することができれば、リーグ王者もかなり近いでしょう。
しかし、間違いなく昨年のようにはいきません。
プレーオフに出られない可能性もかなりあります。
強い千葉ジェッツの印象が強い新しいファンにとっては試練のシーズンになるかもしれません。
かつて千葉ジェッツは20連敗したことがあります。
もはや覚えている人も少ないかもしれませんが、それに匹敵することが起きないとも限りません。
覚悟を決めて、そしてみんなで新シーズンを勝ち抜かないといけません。
試合に行くのが嫌になる人も出るでしょう。
来なくなる人も出るでしょう。
でも、選手たちが戦い続けるなら私たちも戦わないといけません。
 
地区分けについては賛否はあります。
どのように分けたとしても不満はあがったでしょう。
ただ、結局は各チームがどこまでやれるか次第なのは私もそう思います。
優勝してもレギュレーションのおかげなんて思わないし、降格してもレギュレーションのせいで降格までするわけはないからです。
批判するうえでしてはいけないと私が思うこと。
これはサッカーでも同じなのですが、こういうのはバスケらしくない、こういうのはサッカーらしくないという先入観、常識観で裁いてしまうこと。
それでは新しいモノは見つからないです。
BリーグがNBAや、Jリーグと同じことをやっていても新しいモノは創造できません。
トライすることです。
失敗したら振り返るのです。
成功しても振り返る。
正しく振り返るためにも正しく評価するための十分な期間はトライして評価材料を集めるのです。
それから変えてみる。
またトライする。
常識に沿ったことは安心を与えてくれます。
しかし、それは上位に安定しているときにはいいでしょう。
でもその常識だってトライを繰り返した末にできあがったものでしょう?
 
◆島田社長Bリーグ副理事就任
これは実は上記の項の話を相反する部分があります。
話に矛盾が生じてしまうのですが、上記はゴールがすぐに来ないもの、こちらは時間がないものと違いがあります。
この人事は何のための人事なのか。
 
かつてJリーグもスタートしてから数年は華やかでした。
欧州、南米のバリバリの選手が大勢来てプレーしていました。
しかし、3年目くらいから人気が下を向き出しました。
新鮮味が薄れたことも理由の一つ。
そうなる前に何か手を打てなかったのか?
昨年まで、Jリーグではチェアマンがいろいろなレギュレーションのアイデアを行っていました。
批判も多かったですが、停滞を突き破るための策でした。
成功したとは言えませんが、それは必ずしも施策、アイデアがダメだったからだけではないでしょう。
同じことがBリーグにも絶対に起きえます。
それも3年目くらいから。
それは東京オリンピックの直前です。
 
 
停滞する可能性があるから、今から出来ることをする。
常識内の施策で手を打てるならいいですが、停滞を阻止するだけではなく他のライバルに追いつき追い越すための成長もしないといけません。
勝たなきゃいけないのはバスケのライバルチームではありません。
他のプロスポーツ、さらにはレジャー、娯楽、エンタメ、それらとお客さんの争奪戦をして勝たないといけません。
ちょっと大袈裟な言い方ですけどね。
千葉ジェッツは2016-2017シーズンではダントツにお客さんが来ました。
でも、バスケ界が大きくなっていくためにはジェッツと同じレベルのチームがもっとたくさんでないと上記の相手には勝てません。
バスケファンだけ、そこに少し上積みとなる新規ファンだけ掴んで、そこそこやっていけてる状況ができればいいのでしょうか?
それでは分裂しているときと変わんないじゃないですか。
それでは統合した意味ないじゃないですか。
各チームが最低でも昨季のジェッツ並みの動員を2年以内にできるように目指さないと。
時間はないです。
人気が下を向いてからでは遅いのです。
そのための島田経営塾なのだと私は思うし、そのために島田社長のBリーグ副チェアマン就任なのだと思います。
もっと人材を育てるが、今は島田社長しかいない。
だから常識内に捕らわれたら、やれたことをやれなかったと後悔することになる。
だから、非常識な人事を敢えてしたんだと思います。
このやり方は常識とはなりえません。
いつまでも繰り返せません。
だから、人材育成と併せて行い、どこかでバトンタッチしないといけません。
でも今はこれしかないし、今これをしないと人材育成も遅れます。
数年後に常識内で行えるようにするための今の非常識なのだと見ています。
 
最後に総括して思うのは、オフのジェッツも凄いなあということ。
正直、怖くも思います。
自分でもこれからもジェッツに付いていけるのか不安も感じます。
でも、それはこの先にスリルのある冒険が待っているということなのだと思うのです。

| | コメント (0)

2017年6月 4日 (日)

ヴォルティス、6試合ぶりの勝利。ようやくヤマを超えるか。

2017 J2 第17節 正田醤油スタジアム群馬
ザスパクサツ群馬 0 - 2 徳島ヴォルティス
【得点】徳島:後半18分 渡 大生、後半48分 山﨑 凌吾
 
下位にいるが、3連勝中だったザスパクサツ群馬と対戦するのは嫌な感じもした人もいたはずだ。
正直、個人的にもザスパのアウェイはいい印象が少ない。
試合そのものには無関係だが、花粉症の季節に試合があることも何度かあって行くのはイヤだったこともある。
 
サイドから崩す形からの得点ではなかったが、裏へいいパスが通ってFW二人にいいゴールが与えられた。
カルリーニョスがいるのだからこういう形で狙えるならドンドン狙っていってほしい。
2点目に繋がったパスも山崎を見てアタマで返しているし、山崎も気づいて裏へ抜けてる。
カウンター的な取り方だったが、上位と戦うためにはサイド、サイドでは力づくしになってしまう。
ちょっと今季のイメージにない取り方だったけど、いい勝ち方を出来たと思う。
とにかく勝てたことで一つヤマを越えられた。
 
攻撃に目が行くが、守備でも後半はザスパにシュートを打たせていない。
いろいろ人を変え、形を変えて、結果を求めてきた中で、ようやく一つヤマではなく沼を抜けた感じだろうか。
次節はベルマーレなので、どのような人と形で来るのか気になる。
そこで守れれば、これからの形も固まっていくだろう。
 
前節の讃岐戦の日に応援についても会合があったようだ。
次のホームのベルマーレ戦では再開されるものもでるのだろう。
ここでもヤマを越えられるのだろう。
ルールがどうなること以上に人がどこまで変われるのかも注目だろう。
一年くらいは評価に必要なのではないかと思う。
でも、確実によくはなるだろう。だろうね。
元へ戻したい、という気持ちもどこかではあるだろうね。
早く忘れられたいという気持ちを感じることは実際あったけどね。
もうちょっと正面から向き合った方が成長できると思うけどね。
事実は事実だからね。
 
今日が新しいダッシュとなる一勝になりますように。
ここからよくなったねと皆が思い出す日になりますように。

| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ