« 千葉ジェッツ、オフも話題の中心。 | トップページ | 勝ち方、取り方を身体に染み付けよう。ヴォルティス、学ぶ時期は過ぎてない。 »

2017年6月11日 (日)

足りないもの、使えなかったもの。ヴォルティス、ベルマーレの勝利に貢献。

2017 J2 第18節 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 0 - 1 湘南ベルマーレ
【得点】湘南:後半5分 杉岡 大暉
 
前節はいい形で勝つことができた。
ここをリスタートにできればよかったが、結果は繋がらなかった。
 
それでいて、チームの基盤がより固まってきていること、どこを相手にも通用する強みとなってきていることは感じた試合だった。
ベルマーレは守備的に試合を創ってきた。
ジネイを使わなかったからではないだろう。
押し込まれてやむを得ずでもなかったと思う。
それでいてヴォルティスは決定機を何度も創った。
ベルマーレの曺監督が試合後のインタビューで監督の采配、コンディション作り、相手の分析、全部間違っていたと思うと応えていた。
勝てたので謙遜はかなりあるのだろうが、やられなくてよかったというのは本音だろう。
選手に助けられたとも言っていたが、助けたのはベルマーレの選手だけではなかったのも本音にはあるのではないだろうか。
それくらい、ヴォルティスは戦えるサッカーを武器として磨き上げている。
それはこういう結果の中でより強く感じたことだった。
 
あとは決めるだけ。
これは永遠の課題だ。
 
渡はここまで9ゴール決めている。
ランキング3位だ。
決定力は持っている。
今日みたいに入らない日もある。
課題は他にも決めることができる選手が少ないことだ。
順位表を見ると、チームゴール数は13位だ。
現状は山崎に期待したいところだ。
この試合も決められたシーンで決められなかった。
批判が彼に集まるのも期待の高さ故だ。
彼にはもっと決めてほしい。
 
あと、今日はクロスの精度ではなく形が悪かった。
ヴォルティスにはよいサイドアタッカーが何人もいる。
が、いづれも武器のいいクロスの形はエリア近くまでえぐってゴール前に低いボールを通す形に思える。
その形が最近は少なくなってきている。
遠目からファーへ放るようなクロスが多くて、上げされられている感が強かった。
勝負し切れていない。
させてもらえていなかった。
コンビで崩してクロスを通すという形はもっと拘っていいと思う。
可能性の低いクロスを何本もあげるよりは、クロスまでいける可能性が下がっても、相手が嫌がるクロスを1本でも2本でも通すべきだと思う。
 
まだ決定的な勝ち点差にはなっていないし、J2はまだ混戦だ。
下を向かず、負けを糧にして次節に切り替えてほしい。
 
応援の協議はまだ合意までいけなかったのかな。
じっくり話し合えばいいと思う。
拙速に自粛しているものを再開すべきではない。
そもそも、きっかけはサポ側にあるのだから。

|

« 千葉ジェッツ、オフも話題の中心。 | トップページ | 勝ち方、取り方を身体に染み付けよう。ヴォルティス、学ぶ時期は過ぎてない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、オフも話題の中心。 | トップページ | 勝ち方、取り方を身体に染み付けよう。ヴォルティス、学ぶ時期は過ぎてない。 »