« 足りないもの、使えなかったもの。ヴォルティス、ベルマーレの勝利に貢献。 | トップページ | ヴォルティス、6ゴール大勝。この勝ち方を次に繋げよう。 »

2017年6月18日 (日)

勝ち方、取り方を身体に染み付けよう。ヴォルティス、学ぶ時期は過ぎてない。

2017 J2 第19節 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 3 - 0 ロアッソ熊本
【得点】徳島:8' 馬渡 和彰、18' 山﨑 凌吾、90+1' 渡 大生
 
 
チャンスは作れている。あとはゴールだけ。
そんなことがずっと続いていた。
解決するにはやっぱりゴールを決めるしかない。
そして、決めた感覚をチームに選手自身に染み込ませるしかない。
 
ロアッソ熊本は監督が代わったばかりだった。
まだ池谷さんはチームを立て直す作業にも入れていなかった。
こう言ってはなんだが、ピッチの上に11人いるだけのようなチーム状態だった。
その状態で、今季の徳島のように形が固まりだしているチームとやり合うのは難しい。
何よりも先制点を奪った時点で勝利はほぼ決まったと思う。
 
収穫は勝ったこと、3ゴールしたこと以上に得点の形である。
いづれもGKやポストに弾かれたこぼれ球であったが、人がしっかり詰めていた。
それ以前にゴール前に人数が掛かっていた。
最初のシュートで決まらなくてもゴール前にいけばチャンスは来るのだということ。
それが証明された。
シュートは打つのだ。
枠へ向けて打つのだ。
枠を捉えきる打ち方でなくてもいい。
枠へ向けて打とう。
出来る限り強く。
そうすれば次に何か起きる可能性は残る。
それが身体に染み付けば、ゴールはまた来る。
それがわかった。
 
今この順位にいることは大したことじゃない。
首位にいたとしてもやるべきことは変わらない。
一つ一つ試合に集中すること。
まだ学んでいい時期は過ぎてはいない。

|

« 足りないもの、使えなかったもの。ヴォルティス、ベルマーレの勝利に貢献。 | トップページ | ヴォルティス、6ゴール大勝。この勝ち方を次に繋げよう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 足りないもの、使えなかったもの。ヴォルティス、ベルマーレの勝利に貢献。 | トップページ | ヴォルティス、6ゴール大勝。この勝ち方を次に繋げよう。 »