« 大崎、圧巻のハットトリック。ヴォルティス、勢いと層を手に最後の3分の一に挑む。 | トップページ | 「負け」というバケモノ。ヴォルティス、ここからは信じ切れるかが肝。 »

2017年8月27日 (日)

お疲れ!?ヴォルティス。こういうこともある。

2017 J2 第30節 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 1 - 1 モンテディオ山形
【得点】徳島:20' 渡 大生
    山形:71' 阪野 豊史
  
 
痛恨のドローにも見える。そう思った方がいい部分はある。
サポーター側には、厳しさある視点はある程度保たれていないといけないからだ。
ただ、平均的に見ると3試合を2勝1敗もしくは1分けで推移している。
これはヴォルティスに限ったことではなく、他のチームも似ている。
Jリーグの公式サイトの順位表の直近5試合の〇●△を見るとわかりやすい。
湘南は別だ。だから首位にいるのがわかる。
そこが湘南が既に持っていて、ヴォルティスがまだ持っていないものなのだろう。
 
夏の疲れが溜まっていることも事実なのだろう。
それだけの練習をキツイ環境でやっている疲れがどこかで表に出てくることはある。
それだけの練習をしているから今ここにいるとも言える。
勝つために死ぬ気で練習しろと我々は言えるが、実際同じことを我々がやったら本当に死ぬかもしれない。
それくらいのことをやってくれているのだから、本気でそんなことは言わないよね。
選手もわかっているさ。
本気で選手にそんなこと言える人間は、それこそその時点で負けることに負けているんだ。
 
自動昇格を諦めることはこの試合でも一ミリも必要ない。
でも、自動昇格ができなかったときのことを恐れるのはもっと必要ない。
もっと自信を持っていい。
サポーターが自信を持っていることが選手に伝われば、選手は決して諦めない。
そこはサポーターの責務だ。
 
次節は岩尾が出場停止になるが、それでも勝てるんだと自信を持つことだ。
そして今から松本戦の結果を恐れないことだ。
 
決して状況が悪くなっているわけじゃない。
 
観客動員数が伸びないことを気にしている人が増えている。
何故、観客動員数が伸びないのか?
それこそ、徳島に住んでいる人にわからないことが、ずっと遠くに住んでいる人間にわかるはずもない。
一つ他のプロスポーツのチームのファンのSNS上でのコメントで気になったことがある。
沖縄のプロバスケットボールチーム、琉球ゴールデンキングスは沖縄で絶大な人気がある。
キングスは昨日、新生チームとしてプレシーズンマッチを行った。
昨年から大量の選手の入れ替わりがあった。
長くチームに在籍し、優勝も経験し、地元出身であった選手もチームを離れたりしているようだ。
新加入の日本人選手には実績は素晴らしいが沖縄には縁のなかった選手も多い。
キングスは間違いなく強くなるだろうが、昨季の選手たちへの愛着もまだある人もいる。
その感情の中に選手が沖縄出身、もしくは沖縄に縁が深いという要素も結構大きくあるようだ。
ないちゃーという言葉がある。使い方に気をつけないといけない言葉らしい。
意味は本土の人ということだそうだ。簡単に調べただけだが。
後半、コート上の選手にないちゃーが占められていることを複雑に思うと書いていたのをたまたま目にして、そうなのかあと思った。
沖縄が特別な歴史があることをよくよく感じないといけない部分はある。
単純に徳島との比較には使えない。
ただ、ヴォルティスが今やっているサッカーが見て素晴らしいと感じるクオリティでありながら、観客動員が伸びないことについて。
サッカー以前に選手に愛着が湧いていないのかなと感じる部分もある。
これも徳島に住んでいないのであくまで推測の一つでしかない。
ただ、かつてだが、ヴォルティスが田中信二監督をシーズン途中で解任して、東コーチに指揮を預けた時のことを思い出す。
私の友人の徳島サポーターは東コーチが徳島に縁があることに凄く拘っていたことを思い出すのだ。
今季の躍進を支えている選手には新加入選手も多い。
選手がまだ知られていない、愛着が湧かない、という点も観客動員の現状の理由の一つになっているのかな?と思う。
選手の多くが県外出身者だからか?
それだったら他のクラブもそうだ。
だが、そういう地元へのプライドは絶対にあるだろう。
選手は一生懸命やっている。
そのことがまだ地元で理解されていないのかもしれない。
それが為されるには、徳島のために選手が頑張ってくれていることがいろんな方法でもっともっと伝わることが必要なのだろう。
やっているサッカーの質も大事だが、高度過ぎると初心者には難しい。
どうしても結果だけ見てしまう。
もっと選手を知ってもらうこと、徳島のために(県外出身だけど、とは言えないけど)頑張ってますと伝わると少し変わるのかなと、キングスのことで感じた。

|

« 大崎、圧巻のハットトリック。ヴォルティス、勢いと層を手に最後の3分の一に挑む。 | トップページ | 「負け」というバケモノ。ヴォルティス、ここからは信じ切れるかが肝。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大崎、圧巻のハットトリック。ヴォルティス、勢いと層を手に最後の3分の一に挑む。 | トップページ | 「負け」というバケモノ。ヴォルティス、ここからは信じ切れるかが肝。 »