« 首位と3位の違いを学ぶ。ヴォルティス、大一番は完敗。 | トップページ | いま必要なのは信じること。ヴォルティス、最後に勝利は逃げたが、最後の最後は勝てる。 »

2017年8月 6日 (日)

今一度、チームと一つに。ヴォルティス、チームとサポーターの正念場。

2017 J2 第26節 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 0 - 1 ジェフユナイテッド千葉
【得点】千葉:45+3' ラリベイ
 
前節、湘南に敗れたことで昇格も優勝も簡単じゃないことを思い知らされた。
優勝しか見えないと思えた暑さに冷や水が被さったような感じだった。
客観的に見て、福岡に勝った直後からちょっとヒートし過ぎている感じはしていた。
まだ7月だったからね。
湘南に勝てたら、あとは下位との対戦ばかり。
このサッカーなら無敵だから優勝へ電車道だろみたいな空気があって、ちょっと早いよなとは思った。
みんなも内心絶対そう思っていたと思うんだ。
優勝だ!と自分たちを鼓舞している部分もあっただろう。
 
その時にね、優勝が見えてきたと同時に、優勝できなかった時の恐怖も抱え込んだんだ。
この試合で、交代枠を使い切らなかったこと、ハーフタイムで変えた2人のこと。
急に采配能力に不安を覚えた人いるでしょ?
 
馬渡の件もあって、試合前からこの試合に単に勝つ以上のモノをつけたくて、いろいろ考えた人いるでしょ?
自分たちではやれないことを考え、仮にフロントにリクエストして却下されるだろうとしても、千葉を揶揄してやりたくて考えたでしょ?
 
それもこれも「勝たないといけない。」と考えると同時に、「負けるとバカにされるのが怖い」という気持ちも抱え込んだんだよ。
この試合についてはね。
そして、福岡に勝った時点で優勝できなかった時の恐怖も抱え込み、それが湘南に負けて表に出てきた。
そこで、いろいろあった千葉を迎えたことで、ネガティブな気持ちが一気に膨らんだ。
そこで負けた。
ここから先は自分自身で振り返ってもらえれば。
 
この試合についてのリカルド・ロドリゲス監督や選手たちのコメントを読んだとき、彼らのコメントに共感できただろうか?
結果が出ている時は共感できる感じになっていたかもしれない。
この試合のように、負けて、そして連敗し、順位を落とし、相手があの千葉だった今、自分の感想とのズレを感じる?
ああすべきだっただろ、交代枠使えよとか、佐藤何で変えたとか、誰それ使えよとか。
そこが最前線で戦って、結果に責任を背負っているチームとサポーターの差なんだよ。
無いと思われている、もっと一丸だと思えたかもしれないモノでの監督、選手とサポーターの差なんだよ。
そこを埋めていく必要がある。
もっと強くなろうとコメントしている選手ともっと共に。
勝っているときは気にならなかったことが、首位目前で連敗して4位に下がり、首位と勝ち点10に開いた今こそ。
 
 
この試合はね、選手と意識がずれた状態で迎えたから、負けた時にいろいろ不満が出ちゃってるんだよ。
因縁を抱え込み過ぎなんだよ。サポーターが。
千葉に限らず、他のチームにもね。
選手、そんなもの試合前にコメントしないでしょ。
だから要らないの。
もっとヴォルティスの選手だけ見てればいいのさ。
相手を見ながら、ヴォルティスに勝ってくれることを期待しちゃうから負けた時におかしくなる。
そこを変えて、一人一人が、もっとチームと一つに。
いまこそ、それが試されていると思うよ。
敵に勝つことに喜びがあるんじゃない。
ヴォルティスと共に強くなることに喜びがあるんだよ。
そのために。
(写真は湘南戦のときのモノ)
 
Dscn8457

|

« 首位と3位の違いを学ぶ。ヴォルティス、大一番は完敗。 | トップページ | いま必要なのは信じること。ヴォルティス、最後に勝利は逃げたが、最後の最後は勝てる。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 首位と3位の違いを学ぶ。ヴォルティス、大一番は完敗。 | トップページ | いま必要なのは信じること。ヴォルティス、最後に勝利は逃げたが、最後の最後は勝てる。 »