« 2017年8月 | トップページ

2017年9月17日 (日)

岩尾憲の涙

2017 J2 第33節 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 3 - 3 ファジアーノ岡山
【得点】徳島:34' 岩尾 憲、45' 島屋 八徳、62' 山﨑 凌吾
    岡山:14' 澤口 雅彦、19' 赤嶺 真吾、84' 関戸 健二
 
強くなるために試合から学ぶことは多い。
序盤戦なら、失点シーンや敗戦から学ぶことを文字通り勉強と位置付けることはある。
負けの悔しさを多少ごまかすことも含めてね。
但し、それはシーズン全勝、無失点はありえないからの話である。
勝ち点なりを失うことは事実だ。
勉強といっていい時期は限られる。
今はどうか?
そんな時期ではない。勝ち点が最低でも3欲しい時期だ。
誰でもそう思っている。
 
でも、サッカーに限らず、学ぶことは一生大事だ。
もう学ぶ必要はないと思った瞬間から人は成長は止まる。
それは、そこからは退化していくか、抜かれていくだけになることの始まりであり、ある意味人生の終わりだ。
そして大概、そうなったことに本人は気付かない。
若い、老いたは関係ない。
学歴も、今やってる仕事の質も関係ない。
本人の意識の問題だからだ。
だから、学び続けないといけない。
 
ここ3試合勝てていなくて、しかも2連敗中だった。
久しぶりのホームは最後の反攻のチャンスにしなきゃいけなかった。
だが、早々と2点先行された。
TL上では失望が一気に溢れた。
そりゃそうだ。
帰りたくなったり、画面を閉じたくなっただろう。
何故、この夏もっと補強しなかったんだと言いたくなっただろう。
だが、この試合はそこで終わらなかった。
 
岩尾のPKから始まった反撃は、岩尾がPKを蹴ったからこそより効果があったんだろう。
2失点していたが、試合当初から攻める形も奪う形もヴォルティスの方がコントロールできていた。
後から何とでも言えるが、2点目を取られても1点取り返せば流れは強くくる試合だと感じていた。
TLにもそんな気持ちを書いていた。
島屋のゴールは岩尾が決めた時点で、島屋であれ、他の誰かであれ、きっと来るゴールだと感じていた。
前半終了間際に来たのは出来過ぎで、そこは期待以上だった。
 
これで逆転勝ちしたら、ヴォルティスの歴史に残る試合になっただろう。
さらに昇格を決めたら、一生記憶に刻まれる試合になったかもしれない。
そうなりかけたが、残念ながらそうはならなかった。
大逆転して最後に落ちるという試合は、サッカーでは星の数ほどあるケースだ。
だからサッカーは難しい。だからやめられない。
 
結果は付いてこなかった。とても残念だ。
でも、凄い試合だった。
記憶には残るだろう。
一番記憶に残るのは何だ?
言うまでもないだろう。
岩尾憲が涙を流した姿だろう。
直接、目の前で見た人たちはなおさら忘れないだろう。
だって、その人たちのために泣いていたんだから。
 
岩尾は何故泣いてしまったのかの全てを理解するのは難しいだろう。
でも、勝ってあげたかったのだ。
あんな天気の中、連敗中で、久しぶりのホームで先に2失点して絶望的な状況を作ったなかでも応援してくれてた人のために。
一生懸命勝利を祈って試合を、現地でも、画面の前でも、祈っていた人たちを試合途中で失望させてしまったことの悔いのために。
少しでも希望を返してあげたいという気持ち、まだ諦めないで欲しい、諦めさせないからと訴えたい気持ちでPKを蹴ったんだろう。
あそこで外してたらシーズンは終わってた。
凄いプレッシャーだったと思うよ。
岩尾が蹴るしかなかった。
渡でも、山崎でも、島屋でも、杉本でもなく、岩尾である必要があのPKにはあった。
仮にもっと高い確率で決まったとしてもね。
岩尾以外が決めても意味はあまりなかったかもしれない。
あの猛反撃はなかったかもしれない。
岩尾はみんなのキャプテンであることを示したんだ。
だから、みんな諦めないで戦えた。
誰よりも責任を感じていて、勝たないといけないとあの状況でも思ってたんだ。
それを感じてあげないと。
そういう選手と今、一緒に戦ってるんだよ。
こんなことサポーター人生でそうそうないよ。
 
だから試合中に諦めること、補強の話なんかすることが恥ずかしいことわかるよね。
ましてや、こういう選手が諦めず戦い続けているリーグ戦で、やらかして試合に来れなくなるようなことをすることの愚かさ。
この試合には、何よりも大事な、学ぶべきことが詰まっていた。
昇格することより、優勝することより大事なこと。
これが欠けていたら、全てが無意味になるほどの重要なこと。
岩尾はそれを教えてくれてるんだ。
岩尾がそこまで思ってなくてもね。
岩尾自身が自然とそういうものを発してるんだ。
だからキャプテンなんだ。
我々が応援する機会を貰った、今、目の前にいる選手はそういう選手なんだ。
そういう選手を応援しなきゃいけない。
そういう選手を見てやらないといけない。
見るのは、今いない、来てほしい選手じゃない。
相手チームのサポーターじゃない。
TLの反応じゃない。
自分じゃない。
岩尾憲のような選手だ。
 
まだ諦める時期じゃない。
この試合は結果は残念だったが、もしあのまま勝ってたら、当然だが岩尾は泣かなかっただろう。
だとしたら、自分も当然そうだが、上に書いているようなことは感じなかっただろう。
だから、失った勝ち点2の代わりに大事なことを貰ったと思うことにする。
勝てなかったが、勝てなかったからの意味はあった。
ここからが勝負。
昇格することに意味を持たせるために必要なことを学べた。
まだ遅くない。それはよかった。
「諦めたら、そこで試合は終わり」とはどっちかというとバスケで有名な言葉ではあるが、その通りだ。
最後まで諦めちゃいけない。それを学ばせてもらった。
岩尾憲がピッチでプレーしている限り、希望は最後まで消えない。
Dscn8456

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月)

ヴォルティス、今季最大の正念場。試される底力。

2017 J2 第32節 トランスコスモススタジアム長崎
Vファーレン長崎 2 - 1 徳島ヴォルティス
【得点】長崎:56' 幸野 志有人、60' 翁長 聖
    徳島:85' 山﨑 凌吾
  
正直、どう書き始めていいか一日考えても浮かばなかった。
だから、こう書いて始めることにした。
浮かばなかった理由はどうしても気持ちの整理がつかなかったからだ。
 
PKの判定などに不満があるわけではない。
今まで破壊力を発揮していたリカルド・ロドリゲス監督のサッカーが、ここ数節で驚くくらい勢いを削がれてしまっているからだ。
こんなに脆かったのか?という驚きと落胆がある。
どうすればいいのだろう?
 
長崎は前半は失点せずに折り返すことを第一に試合に入ったようだ。そして後半勝負をプランしていた通りに試合をモノにした。ヴォルティスは見事に嵌められた。
後半戦に入り、どの対戦相手も徳島の強さを認めつつ、決してリスペクトし過ぎず、どうやって勝つかをしっかり練って準備している。
ポゼッションで2:1になること、押し込まれることも織り込み済み。
しかし、受け方、押し込まれ方を想定した形に絞り込み、奪ってから素早く攻める形を徹底してくる。
二回り目の対戦では、さすがに相手の気持ちまでは押し込めない。
対戦相手のコメントでもヴォルティスは恐れられていない。
ヴォルティスは、ミスを待って刺そうと狙い続ける相手に、ミスをして刺されている。
我慢できずに、先にやられている。
もはや、ヴォルティスは相手にとって脅威はない。
舐められている。
 
だが、いつまでも脅威であり続けることなど最初からムリはある。
問題はここからだ。
どうやってこの舐められた状況を打ち破る。
ここで底力をどうやって出すのか?
戦い方、サッカーの形ではなく、もっと個々の底力を。
ヴォルティスというコミュニティの昇格したい、勝ちたいという底力を示したい。
観客は思ったように来てくれていない。
なら今来ている人たちの力を全て出して。
ここから10試合。
決して少なくない。
最後に昇格をどんな形であれ勝ち取るために。
底力を出して。
 
このまま、舐められて終われないぞ。
また新聞記事になっちゃってさ。
そのうえ、このまま終わっちゃったら、何が残るよ。
名誉挽回するにせよ、仮に悪役に徹するにせよ、このまま終わったら舐められっぱなしになるよ。
ヴォルティス全員で頑張ろう。
まだ終わっちゃいない。
 

| | コメント (0)

2017年9月 4日 (月)

ニュー千葉ジェッツふなばし発進。KANTO EARLY CUPは大活躍も準優勝。

KANTO EARLY CUP
9月01日(金) 船橋アリーナ
千葉ジェッツ 92 - 70 横浜ビー・コルセアーズ
 
9月02日(土) 船橋アリーナ
千葉ジェッツ 88 - 56 栃木ブレックス
 
9月03日(日) 船橋アリーナ
千葉ジェッツ 73 - 77 アルバルク東京
※千葉ジェッツふなばしは準優勝 
 
いよいよ、バスケットボールのシーズンが戻ってきた。
リーグ統合により始まったBリーグは2年目を迎える。
いろいろな意味で真価を問われるだろう。
オフには活発に戦力の移動があったことで、勢力図は大きく変わる可能性が高い。
サバイバルになるが、きっと面白いシーズンになるだろう。
 
千葉ジェッツふなばし(以下、千葉ジェッツ)は外国人選手を中心に動きがあった。
初年度躍進に大きく貢献したヒルトン・アームストロングとタイラー・ストーンは退団。
ヒルトンは琉球ゴールデンキングスへ、タイラーはイスラエルへ行った。
そして、新たにシーホース三河からギャビン・エドワーズ、ドイツのブンデスリーガからトニー・ガフニーが加入した。
そして日本国籍を持っているアキ・チェンバースをサンロッカーズ渋谷から獲得した。
これで12人のロスターが決まった。このメンバーで開幕を迎える。
 
「アグレッシブなディフェンスから走る」
これが千葉ジェッツのバスケスタイルとして定義されている。
昨シーズンからこの定義されたスタイルに基づいて、選手、コーチが選ばれている。
今季はセンターが主のプレイヤーが伊藤俊亮以外いない。
エドワーズとガフニーが206cmで最も高身長だが、2人ともパワーフォワードがポジションだ。
各チームには大概センターの外国人選手がいる。
だが、千葉ジェッツはチームのバスケスタイルに沿ってチームを編成している。
ゆえに大柄だが走れないプレイヤーはスタイルに合致しない。
現場だけでなく、フロントも含め、千葉ジェッツふなばしとして定義しているバスケスタイルを決めたことで、チームカラー以上のモノができた。
例えば使われない選手がいたら、このスタイルを表現するのに順位が下だということだ。
上手いこと起き過ぎている千葉ジェッツは、トニー・ガフニーを獲得した際に、島田社長がファンの期待を煽るようなことをSNSで言った。
そのため、ガフニーを発表した際に知名度の関係もあり、NBA経験のある選手に振られたからのハズレ獲得と一部で言われた。
だが、ガフニーのこの週末での3試合の活躍を見れば、明らかにチームのバスケスタイルに合致しており、決してハズレ獲得ではない。
 
ファンもこのバスケスタイルに共感していないと応援にも影響する。
極端に言えば、このバスケスタイルが表現されているかが、勝利よりも重要になる。
このスタイルが表現できていれば、チームの方向はブレていないと言える。
目先の勝利よりも、このバスケスイルを貫くこと。
それを信じて応援できるかを問われているともいえる。
それを信じて、腹をくくれる覚悟を問われているともいえる。
9月1日に発売された島田社長の著書「千葉ジェッツの奇跡」にもバスケスタイルを定義したことについて書かれている。
その部分はもっとも印象を強く感じた部分であり、応援者の魂に響いた。
本を読んで、応援者としての覚悟はさらに高まった。
 
千葉ジェッツは9月1日から、上記ガフニーに項でも書いたKANTO EARLY CUPを闘った。
EARLY CUPはBリーグが今季のプレシーズンから始めたカップ戦である。
関東地域(KANTO EARLY CUP)のほか、関西、東北、東海の4地区で行われる。
参加チームは各地区のB1、B2から6チームがそれぞれ参加する。
KANTO EARLY CUPはその中でも強豪揃いで、千葉ジェッツの他、栃木ブレックス、川崎ブレイブサンダース、アルバルク東京、サンロッカーズ渋谷、横浜ビー・コルセアーズが参加した。
開催地は千葉ジェッツのホーム、船橋アリーナであった。
 
リーグ、オールジャパンとこのカップ戦の三冠を狙う千葉ジェッツは初戦を横浜ビー・コルセアーズと対戦した。
試合は前半拮抗したが、3Qに千葉ジェッツが突き放し、試合を決めた。
新戦力も活躍し、想像していた以上の完成度を見せた。
横浜は新HCを迎えてチームの構築途上であり、現状の力を試すという意識がかなりあったようだ。
それにしては圧倒され過ぎたのか、川村卓也選手が苦虫を嚙み潰したような表情を試合中に見せていた。
 
翌日は栃木ブレックスとの準決勝であった。
栃木は、昨季リーグ王者に輝いたが、オフに主力選手を含む多数の選手が退団、そしてジェフ・ギブス選手を含む怪我人が多数いて苦しいプレシーズンを迎えている。
またHCも変わっていて、今はいろいろ策を探しながら構築中である。
千葉ジェッツとは状況差があり過ぎて、思っていた以上に大差で千葉ジェッツが勝利した。
面白いように3Pが決まったことも大きかった。
栃木はロシターを軸に対抗してきたが、千葉ジェッツの勢いは終始その上を行き続けた。
 
決勝の相手はアルバルク東京だった。
昨季、華麗なスキルでファンを魅了し、チームを牽引したディアンテ・ギャレットはBリーグ最高の華だった。
だが、アルバルク東京はリーグ制覇も逃した。
そのギャレットはアルバルクを去った。
華やかさは薄らいだが、田中大貴選手ら、クラッキは多い。
そして実力者のルーキー、馬場雄大選手が加入した。
戦力ダウンはないと言える。
初戦でサンロッカーズ渋谷、準決勝で川崎ブレイブサンダースを下し、決勝にあがってきた。
 
試合は前半拮抗した。2Qラストプレーで富樫勇樹が会場を沸かせるプレーで同点で折り返した。
試合を分けた最初のポイントは後半3Q序盤にギャビン・エドワーズがファウル3でベンチに下がった。
勢いをつけたかった時間帯でのそれはジェッツにとって不運だった。
どちらかというとジェッツは相手の守備のギャップを突いて攻撃できていたし、アルバルクはタフショットと精度で戦っていた。
ガチンコでやり合う素晴らしい試合となったが、勝負どころで田中選手、馬場選手が3Pを決め、ジェッツは決められなかった。
が、その先に勢いを上げられなかったポイントはエドワーズの交代だったと思う。
富樫勇樹が試合後のインタビューで、大会通じて思っていた以上に戦えたと語っていただけに決勝の後半で詰まったのは勿体なかった。
 
但し、残念な結果以上に、チームの仕上がりが順調であることでファンは逆に安心したと思う。
タイトルを逃がした悔しさはリーグ戦で力になってくれるだろう。
もしかしたら優勝した時以上に収穫はあったかもしれない。
負け惜しみでもなく正直な気持ちでそう思っている。
 
KANTO EARLY CUP自体の率直な感想も述べると、楽しいお祭りだった。
3×3のゲーム、地元のグルメ、ダンスや、太鼓女子、各チームのチア共演、視覚効果。
いづれもとても素晴らしく楽しかった。
サッカーの世界ではあまりないことで、新鮮でもあった。
サッカーにはサッカーとしてのエンターテイメントがあり、試合の興奮がサッカーもバスケも最高のエンターテイメント要素だと思う。
だが、見てきたものに囚われないで楽しむという気持ちは自分を変えてくれる。
そのことに少し気づかされた3日間だった。
 
リーグ開幕まであと一カ月。
新作のボードも作成を進めている。
きっと楽しいシーズンになる。
Dscn8877
Dscn8881
Dscn8892
Dscn8897
Dscn8901
Dscn8907
Dscn8911
Dscn8925
Dscn8938
Dscn8940
Dscn8941
Dscn8952
Dscn8953
Dscn8957
Dscn8960
Dscn8965
Dscn8970
Dscn8978
Dscn8980
Dscn8981
Kimg3149
Kimg3147
Dscn8985
 

| | コメント (0)

2017年9月 3日 (日)

「負け」というバケモノ。ヴォルティス、ここからは信じ切れるかが肝。

2017 J2 第31節 松本平広域公園総合球技場
松本山雅 3 - 1 徳島ヴォルティス
【得点】松本:40' 工藤 浩平、45+1' 工藤 浩平、73' 高崎 寛之
     徳島:16' 山﨑 凌吾
  
 
悔やまれる失点だった。
先制した時の形がスキを上手く見つけての素晴らしい点の取り方だっただけになおさら残念だった。
岩尾が不在の中で、同点にされるまではどうにか埋められていた部分が試合を決めてしまったと思う。
山雅は走力で上回っていた。
リードされた後は、固めて、奪ったら走るを徹底してきた。
そのことを繰り返されたことで、前にボールを付けにくくされ、その状況に自滅させられてしまった。
今季のヴォルティスのように繋ぐスタイルのサッカーはリードされていない状況を保つことが重要だ。
引かれてスペースを消されると、そこで繋ぎ切れなくて手詰まりになることがある。
それでも強引にサイドを個で崩せればいいのだが、奪われてカウンターを喰らうことで意識的にも攻撃を封じられてしまった。
これ以上やられてはマズイという意識ダメージを喰らってしまい、その中で3失点目を喰らい終わってしまった。
完敗だった。
 
ただ、先制した場面は、好機となると感じた相手の隙に、パスの出し手、走る選手、その次を待つ選手の複数が同時に動けた秀逸な形だった。
山崎の判断もよかった。
直前に山雅のチャンスを防いだ直後だっただけに、いいヒットパンチになったはずだった。
あの形はチームの成長、成熟が表現されていた。
選手個人ももちろん。
だから、決してネガティブだらけだったわけじゃない。
 
今節は上位が揃って勝利を逃がしており、中位が上がってきた。
プレーオフ圏は大混戦になっている。
残り全て勝つという強い気持ちは大事だ。
ただ、思ってる以上に各チームの力の差はない。
それぞれの武器は、違いがある中で、それぞれ鋭さを上げている。
残り全試合勝つことは相当難しいだろう。
そう思って残り試合を計算した方がいい。
もっとも大事な武器は信じることで、信じる相手は目の前の試合でピッチに立っている選手たちである。
いない選手の名前を思い浮かべても仕方ない。
その選手が戻ってきても勝てない試合はあるだろう。
そんなことになったら本当に負けることに負けてしまうよ。
信じるしかない。
応援とは信じていることがその力の土台だ。
信じていないのに応援の形だけするのはおかしいよね。
そんなことしてないでしょ。
みんな、今戦っている選手をちゃんと信じてる。
いない選手の名前が出てきちゃうのは「負け」というバケモノに攻撃を受けて効いているから。
信じることを徹底すること。信じ切ること
そこがブレると、ブレたところから脱落するよ。
プレーオフにも出られなくて終わるよ。
ここからはそこが勝負の肝。

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ