« あのときと同じ。  ~バスケットボール男子・W杯アジア1次予選@駒沢(フィリピン戦)~ | トップページ | 千葉ジェッツ、難敵新潟に連勝。課題あるも上昇中。 »

2017年11月30日 (木)

トニー・ガフニーを契約解除。レオ・ライオンズ加入。

今週、千葉ジェッツふなばしには、大きな動きがあった。
FWのトニー・ガフニーが契約解除となり、イスラエルのクラブへ加入した。
そして、昨季、秋田ノーザンハピネッツにてプレーしていたレオ・ライオンズが加入することになった。
 
トニー・ガフニーは今季最後のピースとして加入した選手であった。
最後のピースは、ガフニー加入発表以前は、誰になるのかということで、島田社長のツイートからかなり注目を浴びていた。
今季のジェッツを左右する存在となる選手だからだ。
そして、ドイツでプレーしていたトニー・ガフニーが発表されたとき、センターのプレイヤーを獲得すると思われていたからかなり波紋も呼んだ。
だが、島田社長の彼を選んだことに自信を持っているという発言もあり、彼はかなり高い期待の中でプレーすることになった。
 
シーズンが始まると、献身的にディフェンスで走ることが出来るプレーヤーであることを証明した。
だが、シュートやハンドリングでのミスも目立ち、外国人選手として期待されるオフェンス力は発揮できなかった。
HCの信頼があまり高くないことも、アウェイのブレックス戦のゲーム2の後半でプレータイムがもらえなかったことから感じられた。
ただ、ここ数試合ではディフェンス面での安定感も高くなっていただけに、残念なジェッツでのプレーの終焉になった。
しかし、千葉ジェッツふなばしはプロチームであり、勝つことで価値を示すチームである。
それも3つしかない外国人選手枠の一人であり、今結果を求められる存在であり、求められる成績は日本人選手より高い。
それを満たせなければ、こういうことになるのは助っ人の常である。
また、彼でいくか、換えるかの判断は、チームだけができる決断であり、そこにファンは不満を持っても、異論は唱えられない。
説明を求めることはできても、それをチームが真実を話すことはできない。
その部分は守秘義務もあり、本当のことを話すことで、バスケ界でジェッツが信用を失うこともあるからだ。
プロチームである以上、これらは当然のことである。
私もガフニーの献身的なプレーは大好きだったので残念ではある。
だが、チームの決断に異論は唱えない。
チームが勝つためにすることに異論は唱えられない。
この決断が失敗に終わったとしてもその責任はチームにしか負えないからでもある。
だが、勝つことで我々の期待に応えようとしてのこと。
だから私は受け入れる。
 
新加入選手がレオ・ライオンズとは予想できなかった。
何故なら、彼は現役引退していた選手だからだ。
それも、今季当初秋田ノーザンハピネッツと契約を結びながら、シーズン開幕直前に個人的理由で契約解除、現役引退を発表していたからだ。
秋田ノーザンハピネッツの出来事とはいえ、秋田のフロント、ファン、そして選手たちにとって気の毒だな、という思いはハッキリあった。
彼は当初、秋田の1年でもB1復帰プランの中心的存在だったはずだからだ。
もっとも、彼の個人的理由は彼の家族の問題かもしれないし、完全なプライベートになる。
この点を根掘り葉掘りするのは人としてよくない。ジェッツファンの立場以前に人としてそうだ。
もしかしたら、契約を解除しないとハピネッツに迷惑が掛かるようなことが起きたのかもしれない。
もしかしたらハピネッツに戻りたかったかもしれないけど、今は他の選手もいるからね。
彼が偽装引退して移籍金を帳消しにしたとか言う人もいるようだが、そんなことはないよ。
サッカーでの話で、もう20年前の話だけど、あるブラジル人選手がシーズン始まって3試合目で急に退団したんだ。
その選手はのちにブラジル代表のレギュラーにもなった優秀な選手だった。
聞いた話だと、家族がブラジルで犯罪に関与して逮捕されたらしく、それで帰国することになったと聞いた。
レオの場合はこんなことじゃないだろうけど、外国でビザを得て働くってのはいろいろあるんだと思うよ。
でも、どんな事情があるにせよ、来てくれた選手は全力で応援する。
それは何も変わらない。
 
チームは今週末から新潟で再開したリーグ戦を闘う。
オールジャパンの準々決勝からの対戦も決まった。
こおからが勝負だと思って、精一杯応援して勝たせたい。
 

|

« あのときと同じ。  ~バスケットボール男子・W杯アジア1次予選@駒沢(フィリピン戦)~ | トップページ | 千葉ジェッツ、難敵新潟に連勝。課題あるも上昇中。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あのときと同じ。  ~バスケットボール男子・W杯アジア1次予選@駒沢(フィリピン戦)~ | トップページ | 千葉ジェッツ、難敵新潟に連勝。課題あるも上昇中。 »