« 千葉ジェッツ、もう一歩上に足りないもの。 | トップページ | 千葉ジェッツ、統一された意志で掴んだ今季ホーム初2連勝。 »

2017年12月18日 (月)

渡大生はサンフレッチェ広島へ。目指せ、その先へ。

本日12月18日、徳島ヴォルティスのFW渡大生のサンフレッチェ広島への完全移籍が発表されました。
渡は2016年にギラヴァンツ北九州から移籍して加入。
その年、12ゴールのキャリアハイを記録。
翌、今年2017年はJ2得点ランキング2位、日本人選手では1位となる23ゴールを記録しました。
今季、渡はその得点力でチームを数々の勝利に導いてくれました。
今季最終盤の2試合もゴールを記録し、チームをプレーオフのもう少しまで導いてくれました。
そしてこのオフ。
いくつものJ1クラブが彼にオファーをし、最終的にサンフレッチェ広島で来季プレーすることになりました。
残念ながら、ヴォルティスのユニフォームを着てのJ1の舞台を経験させてあげることはできませんでした。
ヴォルティスのサポーターは彼の残留を強く願っていました。
が、こればかりはプロ選手が自身を成長させたいと思う限り仕方ないことです。
 
個人的に渡のゴールで一番印象に残っているのは、今季最終節の同点ゴールです。
クロスにダイレクトボレーを放ち、鮮やかなゴールを決めました。
素晴らしいゴールでした。
もう一つはその前の試合の大分トリニータ戦でのゴールも好きです。
 
チームを去るのは寂しいですが、J1の舞台でも活躍して、ギリギリでもいいのでロシアにも行ってほしいですね。
そして、その先の舞台への駆け上がって、多くのファンを作り、彼らに夢を見せてあげてほしいです。
ありがとう、そして、じゃあね。
Dscn7466
Dscn7801
Dscn7829
Dscn8454
 
徳島ヴォルティスは濱田武、井澤惇、木村祐志、松村亮、冨田大介、相澤貴志、カルリーニョスが契約満了となりチームを去ることになりました。
それぞれ、チームの中心的選手として活躍してくれた時期もあり、本当に感謝です。ありがとうございました。
そして新加入として、富山第一高の坪井清志郎、静岡学園高の渡井理己が内定。
前川大河も来季もヴォルティスでプレーすることが決まりました。
 
来季もリカルド・ロドリゲス監督の体制が続きます。
渡の穴を誰が埋めてくれるのか?
また、誰がブレイクするのか?
期待したいです。
一昨年、昨年と新加入の選手でブレイクする選手がとても多いヴォルティス。
もしかしたらガラリと陣容が変わる可能性もありますが、期待できると思えます。

|

« 千葉ジェッツ、もう一歩上に足りないもの。 | トップページ | 千葉ジェッツ、統一された意志で掴んだ今季ホーム初2連勝。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、もう一歩上に足りないもの。 | トップページ | 千葉ジェッツ、統一された意志で掴んだ今季ホーム初2連勝。 »