« 千葉ジェッツ、真の王者へ向けて。 | トップページ | ハマグチさんに会いに。 »

2018年1月29日 (月)

王者らしい試合をしよう。千葉ジェッツ、笑えない勝利。

1月26日(金) とどろきアリーナ
川崎ブレイブサンダース 87 - 80 千葉ジェッツふなばし
  
1月27日(土)とどろきアリーナ
川崎ブレイブサンダース 85 - 88 千葉ジェッツふなばし
 
B1リーグが再開して2連勝で終えた千葉ジェッツふなばし。
今週は川崎ブレイブサンダースとのアウェイ2連戦を金曜日と土曜日の2連戦だった。
川崎ブレイブサンダースは現在3位で、千葉ジェッツふなばしと2位を争っている。
数年前までを思い出すと、この時期に川崎の上の順位にいることは想像できない力の差があった。
千葉ジェッツが強くなったんだなと実感する。
だが、それは最後までそうであったならという話だ。
川崎は越えなくてはいけないと感じた大きな山の一つだ。
来季から体制が大きく変わる川崎は次第にチームカラーが変わっていくだろう。
超えるなら今季しかない。
それに、天皇杯を2連覇したチームがいつまでも挑戦者でいるわけにはいかない。
千葉ジェッツふなばしにはこれからは強さを示していく義務がある。
ショボい試合はしてはいけなくなる。
 
ゲーム1。
第1Qが全てだったと思う。
川崎はこの試合に向けてしっかりと準備してきたのだろう。
追いかける展開はジェッツに限らず難しい。
次第に相手だけでなくレフェリングとも戦うようになってしまう。
この試合はそういう典型的な試合だったように思う。
そして3Qで決定的な差が付くと、4Qは帳尻合わせのように追いかけるチームが猛攻を見せる。
だが、大概いいところでターンオーバーやファウルを冒して流れが止まる。
結局ここまでという負けパターンだった。
そして、最後は追い上げたので惜しかったという評がされるのもいつものことにだった。
 
私はこういう4Qは取らせてもらっているだけと思っている。
バスケをあまり見ない人からはこういう展開は不思議に見えるらしい。
これと4Qラスト10秒を切ると、どちらもプレーを止めてしまう(勝敗が決したからだが)ことも、いい印象がないらしい。
ファウルゲームが激減したことはとてもいいと思うが、こういうところも変えた方がいいと思う。
 
ゲーム2。
前半はしっかりと修正をして入れたと思う。
しかし前半、一つのアクシデントで試合は動いた。
1Q、辻選手が3Pを放った際の着地で右足を負傷する。
辻選手はこれでロッカールームに下がり、この試合は離脱してしまう。
すると2Q藤井選手らセカンドユニットが奮起して逆転。
一時、川崎はリードを9点差に広げた。
それでもジェッツは反撃を開始し再逆転。
2点差でリードして折り返す。
3Qジェッツは記録的な攻勢を発揮した。
実に6分近く川崎をノースコアに抑え、27点連続で取り続けた
3Q終了時は48-75。
試合は決したと殆どの人が思っただろう。
4Q、今度は川崎が猛攻を仕掛ける。
ジェッツは守備が全く機能せず、オフェンスでも不用意なターンオーバーやミスを連発して完全に自分たちを見失った。
前日とチームは逆ながら似た展開に見えて、全く違うモノだった。
逃げ切ったのではなく、追いつかれなかっただけ。
辻選手がいたら間違いなく負けていただろう。
 
それでも勝てたことは事実だ。
そのことは大事に考えないといけない。
 
ハッキリ言えば、試合中はテレビに向かってかなり怒鳴りまくっていた。
私はああいう試合は大嫌いだ。
過去にもああいうドタバタ試合を勝とうが負けようが怒ってきた。
あの試合のあともすぐ記事を書いていたら相当感情的な記事になっただろう。
負けた方が収穫があったはずの試合だったからだ。
最初に書いたように、天皇杯を連覇したからには、それに相応しいチームであることを示し続ける義務がある。
3Qで作ったリードを減らすなとは言わない。
試合をキチンとコントロールできる強さを千葉ジェッツふなばしは表現できないと今はいけない。
もっと自分たちに厳しくないと。
王者らしい試合をしよう。
さらに王たるイスを大きくしようとしているのだから、なおさら。
こういう試合をしていたら上にはいけない。
こういう勝利は全く笑えない。
こういう勝利に喜ぶような自分は大嫌いだから絶対喜ばない。

|

« 千葉ジェッツ、真の王者へ向けて。 | トップページ | ハマグチさんに会いに。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、真の王者へ向けて。 | トップページ | ハマグチさんに会いに。 »