« 千葉ジェッツ、連勝で首位並走をキープ。 | トップページ | 青い千葉ジェッツ、詰めの甘さで一歩後退。 »

2018年3月18日 (日)

ヴォルティス、勢いに乗れるホーム初勝利。いよいよここから。

2018J2リーグ 第4節
試合会場:鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム 5074人
徳島ヴォルティス 4 - 1 ジェフユナイテッド千葉
得点)徳島:16' 呉屋 大翔、45' 杉本 太郎、74' シシーニョ、89' 島屋 八徳
   千葉:30' 指宿 洋史
 
前節で今季初勝利を飾ったヴォルティス。
内容も素晴らしかったし、いよいよここからである。
次はホーム初勝利を決める。
 
ジェフユナイテッド千葉とは昨年嫌な出来事があった。
だが、それそれだ。
いつまでも引き摺るのは馬渡にもいいことを与えないだろう。
あれはあれでこちらも明らかに悪いことをしたのだ。
そもそも悪いのは...などいつもでも言っていては上を目指す選手たちに置いていかれる。
 
試合開始早々試合は動いた。
千葉は今季まだ未勝利だが、それを引き摺る典型的な一発レッドだった。
PKはやり直しを命じられたが、呉屋がきっちり決め直して移籍後初ゴール。
やり直しを命じられながらゴール隅、そして上にキッチリ蹴れたことは彼の気持ちの強さを感じた。
 
同点にされたゴールはDFの裏から指宿が飛び込んで来てかっさらわれたように見えた。
先に取られたDFは背後からだったので見えてなかっただろうから責任は彼だけじゃない。
あそこに入られないようにマークをしっかり付き切る点を改善してほしい。
 
太郎のゴールは理想的で素晴らしかった。
いい時間帯に決められた。
実質試合を決めたように思う。
 
3点目、4点目は相手のクリアミスもあったが、それ以上にボールの落ちた先に走っていた選手2人を賞賛したい。
彼ら以外にも押し寄せている選手もいたので、チーム全体でこうするんだという意識がかなり徹底できているんだろう。
前節よりも収穫もいい課題もあったように思う。
本当にいよいよだね。
 
4月は難しい相手が続くが、相手も自分たちのやりたいことから入る相手が多い。
逆にやりやすいかもしれないね。
 
あまり書くことがないくらいいい試合だった。
プラマイゼロに戻ったし、上位も落ちてくる。
楽しみだよね。
 

|

« 千葉ジェッツ、連勝で首位並走をキープ。 | トップページ | 青い千葉ジェッツ、詰めの甘さで一歩後退。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、連勝で首位並走をキープ。 | トップページ | 青い千葉ジェッツ、詰めの甘さで一歩後退。 »