« ケタハズレの週末。千葉ジェッツ、素晴らしい演出と試合で首位に並ぶ。 | トップページ | 千葉ジェッツ、連勝で首位並走をキープ。 »

2018年3月11日 (日)

ヴォルティス、今季初勝利!ベースに戻って圧倒した90分。

2018J2リーグ 第3節
試合会場:NACK5スタジアム大宮 6989人
大宮アルディージャ 0 - 1 徳島ヴォルティス
得点)徳島:52' 内田 裕斗
 
開幕2連敗の苦境の中でまず取り戻すべきはベースをしっかり表現することだと思った。
立ち戻るべきスタイルに一度しっかり戻る。
そうすればチームは自信を発揮できると思った。
 
大宮アルディージャはJ1から降格してきたチームで、相手に合わせるより自分たち主導で行こうとする実力がある。
岡山や熊本相手に徳島対策をゴリゴリやってくることはないだろうから、こちらもやりたいことをむしろやりやすい相手なのかもしれない。
 
前節から大きなメンバー変更はなかったが、呉屋をトップに置いて、島屋をサイドに回してきた。
昨季、島屋はこのポジションでプレーすることが多かったので、上記のようにベースを表現しやすいポジションだったのかもしれない。
前節も躍動していたと思うが、もっと自由を得ているように見えた。
やはり慣れているので、身体もより自然に動いたのだろう。
 
岩尾に対するチェックもそれほどキツくなさそうだった。
やはり岩尾が自由を得ると、ヴォルティスサッカーは発動することをあらためて感じた。
試合後にチャントをリードするほど気持ちが盛り上がっていたのは納得できるプレーができたからだろう。
 
内田のシュートは見事だった。
代表で名波選手だか、中村選手が決めたことがあるシュートと同じ形だったが、ダイレクトでドライブが掛ったシュートは見事だった。
大宮のGK笠原選手は90分通じて好セーブを連発していたが、さすがにあれは無理だろう。
勝てないときに批判されることもあった内田だが、きちんとプレーで貢献してくれる。
彼に限ったことではないが、負けた時感情的に誰かを”要らない”とか”外せ”とか書かない方がいい。
読まれていないとしてもだ。
あとで後悔することになるし、それは負けることに負けている証だ。
 
一番良かったのは90分通じてヴォルティスの試合にできたことだ。
最後の最後にバーに当てられたりもしたが、普通はあれくらいのピンチはいつだって起きる。
たった一度で最後にやられることもあるのがサッカーだが、防げたならそれでいい。
90分通じて、シモビッチに起点になられたところは仕方ないにせよ、それ以外は殆ど何もさせていないに等しかった。
2連敗はしていたが、戻るべきところに戻って締め直せば、自分たちを発揮できることを証明できたと思う。
何よりも選手たちが自分たちを信じられると確認できた一勝になったと思う。
 
次はホームで勝利を。
スポンサーさんのマフラーは確かにアレだったと感じるが、怒らなくてもいいことだと思う。
試合の足を引っ張るようなモノではない。
小さなことだよ。
むしろ自分たちの怒りで、自分たちの足を引っ張るようなことにしないように。
自分たちの中でおおごとにしないように。
ちょっと調べたけど、あの会社さんて10年くらい前の創業で、39人の従業員さんがいるらしい。
大きな会社ではない。
でもそういう会社が、地元でずっと頑張ってきて、試合の冠スポンサーを務めてくれる。
ありがたいことだよね。
これもそうだけど、読まれてないだろうからって皮肉みたいなことも言うべきじゃない。
ウワサとかあるとか論外。
スポンサーしてくれることに関係ないじゃない。
こういう会社さんに感謝して、この先10年後にもっと大きな会社になって、もっとヴォルティスをサポートしてもらおうと考えた方がいい。
そうゆうのが徳島ヴォルティスで徳島が盛り上がっていくあるべきベーススタイルなんじゃないかな?
Dscn5793
Dscn5796_2
Dscn5800
Dscn5804
Dscn5806
Dscn5811
Dscn5831
Dscn5849
Dscn5859

|

« ケタハズレの週末。千葉ジェッツ、素晴らしい演出と試合で首位に並ぶ。 | トップページ | 千葉ジェッツ、連勝で首位並走をキープ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125870/66483039

この記事へのトラックバック一覧です: ヴォルティス、今季初勝利!ベースに戻って圧倒した90分。:

« ケタハズレの週末。千葉ジェッツ、素晴らしい演出と試合で首位に並ぶ。 | トップページ | 千葉ジェッツ、連勝で首位並走をキープ。 »