« 千葉ジェッツ、完勝とそれ以上に価値ある負け。 | トップページ | 千葉ジェッツ、首位を走る。イートンと一緒に最後に笑って終ろう。 »

2018年4月 9日 (月)

スルリと逃げた勝利。ヴォルティス、勝ち切れぬ悔しさを乗り越えよう。

2018J2リーグ 第8節
試合会場:栃木県グリーンスタジアム 4087人
栃木SC 1 - 1 徳島ヴォルティス
得点)栃木:87' 西谷 和希
   徳島:33' 井筒 陸也
 
 
関東隊にとって、というか私にとって思い出深い栃木SCが戻ってきた。
さすがにその思い出の時間はかなり過去のことで選手もサポーターもかなり変わった。
あまり変わらないのはグリスタの風景なんだろうが、残念ながら今回は行けなかった。
 
前節、不甲斐ない試合になってしまったヴォルティス。
昨季が良かっただけに今季もいいはずだ、足りなかったものを上乗せすりゃ無敵だ。
どこのチームもそうだが、前のシーズンがよくて主力が残留してくれていればそう思うのは当然だ。
でも、大概その通りにいかない。
あれあれって思っているとさらにおかしくなっていく。
そういうときは信じて辛抱するしかない。
そんな簡単に勝てるわけはないと。
 
この試合はブエノとシシーニョが出場停止だった。
そして大崎もこの試合帯同しなかった。
藤原、石井、井筒の3人がスタメンに入った。
そして山崎がスタメンに加わった。
3人ともよく頑張ってくれたと思う。
 
試合はいつものように高い支配力を示した。
毎試合そうなる中で結果に結びついていないが、相手に持たせるなんてことはできないからこのベースでいくしかない。
今節はセットプレーからの得点だったが、本当なら崩したいよね。
そこが上手く回ってなくて1点で止まってしまう。
そして最終盤に事故みたいな失点して気が付くと時間が残ってなくて...となっている。
決定力が足りないからこうなるのだと思うが、こういう状況になるチームは結構いる。
そこを突き抜けるのはとにかくイライラに負けず頑張るしかない。
 
今は相手がどうとか、判定がどうとか以前の状況にある。
大宮や千葉、甲府に勝てて波に乗れると思ったんだけど、大宮も千葉も甲府も総じて不調でダメみたいであまり加速剤になってくれてない。
上位に勝つとかきっかけが掴めれば勢いに乗れる。
これまでもそうだったことが何度もある。
勝ち切れないのはイライラするが、キレずに乗り越えよう。
点が取れないならカッコ悪くてもいいから守り切ろう。
 

|

« 千葉ジェッツ、完勝とそれ以上に価値ある負け。 | トップページ | 千葉ジェッツ、首位を走る。イートンと一緒に最後に笑って終ろう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、完勝とそれ以上に価値ある負け。 | トップページ | 千葉ジェッツ、首位を走る。イートンと一緒に最後に笑って終ろう。 »