« ボールもう一個分の声援を。ヴォルティス、苦しい時こそ信頼を。 | トップページ | 千葉ジェッツ、地区優勝へM1。最高のフィナーレの5月へ。 »

2018年4月29日 (日)

正念場のヴォルティス。あの時と同じになるな。変わろう、今こそ。

2018 J2リーグ 第11節
試合会場:ニッパツ三ツ沢球技場 3993人
横浜FC 1 - 0 徳島ヴォルティス
得点)【横浜】29’北爪 健吾
 
 
ここ5試合勝ち星がなく、得点も1点しか取れていない。
こんなときはみんなイライラする。
こういう時間が続くとどこかで臨界点を超えてしまうことがある。
これまで苦しい時期は何度も経験しているが、それでも上手くいかない時間が長すぎると堪えられなくなる。
この試合はそれを試されたのかもしれない。
そして、耐えられたのかどうかは我々ではなく選手たちが正解を持っている。
 
相手の横浜FCも5試合勝ち星がなかった。
この試合はそういう意味で興味深い対戦カードだった。
元徳島のペ・スンジンが在籍している。
マッチデーの表紙は彼だった。
彼も選手として横浜サポーターへ勝利をプレゼントしたいだろうと思った。
 
試合後のリカルド・ロドリゲス監督のインタビューでも語られたが、怪我人が多くメンバー構成には苦しんでいる。
杉本太郎の不在は得点力に大きく影響している。
また山崎のコンディションも十分ではなく90分は難しい状況にある。
前線は島屋、杉本竜士、そして小西で組まれた。
最初、何故この3人なのかよくわからなかったが、実は山崎が使える時間までのつなぎだった可能性がある。
ゼロトップと思う人がいて、これまでうまくいっていない作戦に否を感じる人もいるようだが、効果はさておき致し方ない作戦でもあるように思う。
Dscn6186
 
試合は徳島がポゼッションし、横浜がカウンターで対抗する展開になった。
徳島はボールを持っているが、なかなか相手のディフェンスを突破できず、シュートが壁に跳ね返されるシーンが多かった。
横浜はドン引きしてカウンターというより前線からプレッシャーを掛けてショートカウンターも仕掛けてくる。
ボールは明らかにヴォルティスの持っている時間が多いが、選手は横浜の方が活き活きして見えた。
イバのパスからピンチを招き、梶川のセーブでしのいだ時から、失点の予感はしていた。
そしてレアンドロ・ドミンゲスのドリブルで仕掛け、こぼれ球からクロスを入れられるとニアサイドでヘッドを合わせられ失点した。
Dscn6202
Dscn6206
Dscn6233
 
その後さらに守備的になる横浜。
ヴォルティスは早くも閉塞感が漂いだした。前線に高さがないのでスピードも封じられると当然そうなる。
リカルド・ロドリゲス監督が前半終了直前に、藤原→山崎、島屋→佐藤と長身FW2枚を投入した。
藤原もコンディションが悪いと試合後のインタビューでも語られたが、島屋も交代時は顔をしかめながらゆっくりさがっていた。
見た感じでしかないが、何か怪我をした可能性を感じた。
攻撃のポイントを作りにいった考えと怪我人事情が合致したのは理解できる。
が、この時間に交代を二人使い、そのまま前半を終えたことで、相手に後半の作戦を明確にさせてしまったように思う。
そしてヴォルティスも彼らを結局上手く活かせなかった。
後半はボールを持っているというより明らかに持たされていた。
横浜に引かれている状況でサイドへ、サイドへとボールを回してはエリア内に”立っている”山崎や佐藤目掛けてクロスを入れるしかなくなった。
さすがにそれでは大型長身FW二人いても点が取れるほど甘くない。
そこで落としたボールに2列目以降から飛び込んでくる動きも気配もない。
彼らの足許へ楔パスを入れて中央を崩すパスもあまりに少なかった。
相手のミスでもあって運よく一点取れればいいなという状況。
そもそも上のような放り込むサッカーをしている時点で、皆が興奮した”リカルド・ロドリゲスのヴォルティスサッカー”では全くない。
一部に”ヴォルティスサッカー”と対比するように相手が引いてくるサッカーをク●サッカーと揶揄している人がいる。
が、その”ヴォルティスサッカー”はここでは影も形もなくなっていた。
それどころか●ソだったのはこっちで...いや、ヴォルティスの方はサッカーですらなくなっていった。
Dscn6258
Dscn6274 Dscn6278
 
シシーニョは明らかに狙われていた。
球離れが悪いというより、相手がシシーニョに渡るのを待っていた。
シシーニョがボールを持った瞬間にはもう囲んでいたし、前を向くこともパスコースを見つけることも制限されていた。
何とか見つけるコースも相手の想定内。
狩野に通しても狩野がすぐ潰された。
シシーニョも追い詰められると奪われる。
そこからカウンター。
前半でカードを貰っていること、熱くなる性格を知られていることから、もう一枚カードを誘発しようとしているのは明らかだった。
そういう意味ではシシーニョは冷静だったが、プレーはどうにもならなかった。
岩尾が組み立てに集中しなくてはならずディフェンスラインまで下がっていたことで相手の中盤のマークの的になってしまったことも理由にあった。Dscn6194
 
試合後、ゴール裏で起きていたこと。
何をしゃべっているのかはよく聞こえなかったが、表情はよく見えていたので想像はついた。
試合後会った人から少し岩尾憲が言った言葉は教えてもらった。
Twitterで読んだ情報の中にも同じことはあった。
こういう光景はかつて見た”あの時”の光景と全く同じだった。
あの時もキャプテン以外の選手の言動、態度で「あれはなんや!!」となった。
それも同じ。
でもそれを誘発したのはゴール裏から飛んだ言葉なんじゃないの?
睨みつけたのはそれが発せられた言葉の方向でしょ。普通そうだよね。
それでいて信頼が失われたとか思うのはまったくおかしいよね。
少なくとも試合での彼のプレーはチームに勢いを与えていたよ。
彼は相手にとって怖い存在でい続けてくれた。
それは間違いない。
そんな彼を些細な時間の態度だけ切り取って、応援するに足らないと思うならそう思う人間だけ応援しなけりゃいい。
そういう扱いしている選手、他にもいるでしょう?
かつてもそうだ。
実はあのときから変わってなんかいない。
だから岩尾憲はあのとき斉藤さんが発した言葉と同じようなこと言ったんじゃないの?
最悪な状況にならなかったのは、あの時いた人間の何人かがいなかっただけだからじゃないの?
信頼をするのはサポーターから選手に対してだけではない。
選手だって信頼できるサポーターに対してだけプレーしていると言う権利はある。
それを認めないなら、選手を結局どう思っているかが明白になる。
それなら選手に勝利など求めない方がいい。
違う形の勝利を自分たちの責任で追求すべきだ。
岩尾憲はダービーは勝つと言ってくれたはずだ。
それは要らないということになるぞ。
そうじゃないでしょ。なら変わろう、今こそ。
Dscn6285
Dscn6290

|

« ボールもう一個分の声援を。ヴォルティス、苦しい時こそ信頼を。 | トップページ | 千葉ジェッツ、地区優勝へM1。最高のフィナーレの5月へ。 »

コメント

事実をソコソコに想像から創造するのは、
現場で声を枯らし体を張っている彼らにあまりにも非礼です。
そろそろブログ辞めたらどうや?

投稿: | 2018年4月29日 (日) 20時35分

それなら現場で俺が間違っていることが証明されればいいことさ。そのために書いている部分もある。
選手とゴール裏が一体となってるなら、当然そうなるだろ。
それなら黙るさ。
ただブログはやめない。
俺を脅しているつもりか?
もの申したいなら名前くらい書きな。

投稿: AWAN渦帝 | 2018年4月29日 (日) 22時10分

勝手な憶測であたかも事実みたいな書き方しないでください。
離れた場所から何かわかりましたか?
聞こえてもないのに表情から想像しただけでこうやってブログに残すんですか?すごいやり方。

あと、活路を見出だそうとあがいてるチームに対してくそサッカーですか。よくそんな言葉使えますね。

投稿: すだち | 2018年4月30日 (月) 09時23分

当事者によって事実が違うことはあるでしょうね。私は自分が見えるところからより見える手段を尽くして見えた事実から書いています。
選手にとって事実も違うでしょうし、私の書いていることに間違いもあるでしょう。
そのときの対話内容については聞こえる位置にいた人が聞いた部分のみを使っています。
だからそれ以外にどういったやり取りについては書いていません。
この日のヴォルティスのサッカーについてもそう思ったからそう書いているだけです。
使いますよ。だって感じたことを私のブログで書くのが私のやり方ですから。

投稿: AWAN渦帝 | 2018年4月30日 (月) 10時10分

見えた事実?
見えてないでしょ?

それが事実だとして書いてるのは何?
空想じゃないの?

結局はご自身を正当化されるのですね。
呆れるなー。

感じたことを書かせてもらうと、これってくそブログですね。
しょうもな。

投稿: すだち | 2018年4月30日 (月) 11時21分

くそブログで結構です。
嫌われること怖がってたら相手が前に進まないでしょ。
こういう記事を書くことで自分がどう思われるかは気にしていません。
結局、ヴォルティスはみなさんたち徳島の人たちのものでしょ。私は外の人間です。
みなさんこういうこと事実そうだとして書けます?
今回みたいにいろいろ言われることは20年近く前から何回もあるので私自身はブレる気はないです。

投稿: AWAN渦帝 | 2018年4月30日 (月) 11時33分

相手って誰?
誰を相手に何をされてるんですか?

こういうことって何ですか?
空想ですか?
空想を書く気はないし、しょうもない空想で仲間たちを貶すようなことをするつもりもありません。

質問には答えないんですね。
人の話は聞かずに自分の主張だけ押し付けてくるのか。
そういう姿勢も20年間ぶれてないわけですね。
すごいですねー。

投稿: すだち | 2018年4月30日 (月) 12時05分

空想かどうかということですか?
自分の考えであるから、そう言える部分はあるでしょうね。
相手とはその時々で違いますが、この場合はヴォルティスや応援している方たちがそれでしょうか。曖昧な書き方だったのは良くなかったかなと思います。
事実は違うと私に怒る方たちの気持ちはわかります。
書き方に衝動的な部分があったの事実でしょう。
但し、書こうと決めて書くことは続けます。

すだちさんのように思いをぶつけてくださる方が来てくださるのはこのブログ的にはありがたいことです。めったにコメント来ませんから。
お気持ち、そして自分を省みる部分については了解いたしました。
ヴォルティスとゴール裏が私の感じたことが間違いであるなら、それは望むところでもあります。

投稿: AWAN渦帝 | 2018年4月30日 (月) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボールもう一個分の声援を。ヴォルティス、苦しい時こそ信頼を。 | トップページ | 千葉ジェッツ、地区優勝へM1。最高のフィナーレの5月へ。 »