« 正念場のヴォルティス。あの時と同じになるな。変わろう、今こそ。 | トップページ | 千葉ジェッツ、地区優勝は足踏み。川崎の試合巧者ぶりに敗戦。 »

2018年4月30日 (月)

千葉ジェッツ、地区優勝へM1。最高のフィナーレの5月へ。

4月28日(土) 千葉ポートアリーナ
千葉ジェッツふなばし 89 - 86 レバンガ北海道
 
4月29日(日) 千葉ポートアリーナ
千葉ジェッツふなばし 97 - 84 レバンガ北海道 
 
シーズンも残り5試合。
各地区優勝、降格プレーオフへ向けて最終局面へと入った。
千葉ジェッツふなばしにとっては、地区優勝、チャンピオンシップのホーム開催のそれぞれの競争相手であるアルバルク東京、琉球ゴールデンキングスが対戦する今季はとても重要な節であった。
相手はレバンガ北海道。
見ていて爽快なバスケをするチームだ。
地区順位こそ下位だが、絶対に油断してはいけない相手だ。
 
今回は日曜日の試合のみ観戦したので日曜日の試合について書きます。
ゲーム1は、先行して迫られを繰り返す中で最後は逃げ切った展開だったようだ。
ギャビン・エドワーズが28PTSと大活躍だったが、小野龍猛のスコアが伸びなかった。
しかし、負傷中だった西村文男が戦列に復帰してきた。
チャンピオンシップからと思っていたのでこれは朗報だ。
レバンガ北海道はトラソリーニ選手が素晴らしい。
またファンの熱い応援も凄い。
今回も大勢のレバンガファンが来場した。
 
もう一つ、レバンガ北海道の折茂選手、というか折茂社長とジェッツ島田社長のTシャツ対決もラウンド2での決着に向けて注目を集めていた。
二人のイラストがデザインされたTシャツの販売を互いのホームでの対戦時に競う企画は、レバンガホームでのラウンド1は折茂社長が大きくリード。
これを島田社長が逆転できるか注目だった。
Kimg4026
 
ゲーム2。
試合は開始から競り合う展開になった。
ジェッツのスコアを引っ張ったのはアキ・チェンバースとマイケル・パーカー。
パーカーは私が勝手にチームのボスだと思っている選手だが、彼のプレーの好きなところはスキを見逃さないところである。
ファストブレイクで誰よりも先に相手ゴールに走っているし、オフェンスリバウンドでも突然現れてリングに押し込むプレーも好きだ。
走るし、クレバーだ。
そして熱い。
最近3Pを打たなくなったのが寂しいのだが、彼はチームにとって不可欠なボスだ。
1Qで7PTSを挙げた。
そして5分過ぎからジェッツが小野龍猛の3Pなどで一歩リードした。
だが、この日のトラソリーニ選手はそれ以上に凄かった。
試合終盤に気づいたのだが、昨日はプレーしていたトンプソン選手が負傷したのかプレーできないようだった。
それもあって自分がやるという高いモチベーションで脅威を発揮しつづけた。
互いに取り合う時間、取れない耐える時間を共有する緊張感の高い試合は後半になっても続いた。
しかし、こういう拮抗した試合を最近のジェッツは4Qでスパートして決めることができる。
ディフェンスのギアを挙げられたのが大きく、4Q序盤でトラソリーニ選手からパーカーがスティールしたプレーは流れを固めた。
レバンガ北海道にとっては追い上げたいところでトラソリーニ、ミラーの両選手が4FOULとなったのも効いただろう。
4Q中盤はレオ・ライオンズがスパート。
勝負どころをしっかり射止めた。
Dscn6302
Dscn6311
Dscn6319
Dscn6333
Dscn6346
Dscn6360
Dscn6362
Dscn6379
Dscn6384
Dscn6385
Dscn6387
Dscn6393
Dscn6395
Dscn6400
Dscn6406
 
前日、アルバルク東京が琉球ゴールデンキングスに敗れていたこともあり、この日の勝利で地区優勝についにM1となった。
さらにチャンピオンシップのクオーターファイナルのホーム開催が確定。
そしてこの日はアルバルク東京がキングスにやり返したことで、セミファイナルのホーム開催権確保にも前進した。
 
そして、レバンガ折茂社長とジェッツ島田社長のTシャツ対決も島田社長が売り場に張り付いて猛烈販促した結果、逆転勝利を飾った。
前日試合前時点では100枚以上負けていたが、最終結果は249-232だった。
 
次は2日(水)のナイトゲーム。川崎戦だ。
たぶんクオーターファイナルで当たる。
ニック・ファジーカス選手が帰化申請が承認されるという川崎だけでなく、日本のバスケ界にとってもビッグニュースがあった。
ジェッツの本当の力が試されることになるだろう。
相当厳しい5月になるだろう。
でも勝たないといけない。
全員で頑張ろう。
 
ジェッツでは今週、ジェッツ創設時からSTARJETSのメンバーとしてチームと共にいてくれたMisakiさんの卒業が発表された。
7シーズンに渡って全てのホームゲームでパフォーマンスしてくれたチームの華である。
正確な出場試合は数えきれないが、200試合には確実に到達するだろう。
本当にありがとうございました。
最後は横浜アリーナでみんなで笑って、泣いて、締めくくりたいです。
Dscn6398
 
そしてポートアリーナでの開催時にはいつもお世話になっているTapo's Coffeeさん。
いつもラテアートでロゴや、ジャンボくん、オッチー、選手などを描いてくださいました。
この日はどうしてもお願いしたくてイートンこと伊藤俊亮選手をリクエスト。
前日もジェッツファンにリクエストされたとのことで、ようやくTapo's Coffeeさんをジェッツファンに知ってもらえてきた気がして嬉しいニュースでした。
2日(水)は定休日なので今シーズンはこの日が最後かもしれません。
6月になってシーズンが終わったら、あらためて行こうと思います。
マスター、今シーズンも本当にありがとうございました。
 
5月はみんなで最高のフィナーレの5月にしましょう。
Go!JETS.
Db7hcmrvqaesn4c
Kimg4025

|

« 正念場のヴォルティス。あの時と同じになるな。変わろう、今こそ。 | トップページ | 千葉ジェッツ、地区優勝は足踏み。川崎の試合巧者ぶりに敗戦。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正念場のヴォルティス。あの時と同じになるな。変わろう、今こそ。 | トップページ | 千葉ジェッツ、地区優勝は足踏み。川崎の試合巧者ぶりに敗戦。 »