« 千葉ジェッツ、イートンとMisakiに贈る勝利。さあチャンピオンシップへ。 | トップページ | 大激闘!千葉ジェッツ。川崎を下しクオーターファイナル突破。 »

2018年5月14日 (月)

飛び出せ!小西雄大。ヴォルティス、ニューヒーローの予感。

2018J2リーグ 第14節
試合会場:鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム 4713人
徳島ヴォルティス 1 - 0 京都サンガ
得点)【徳島】27' 小西 雄大
 
 
怪我人の状況が好転していかない。
日曜日にアナウンスされたが、岩尾憲が受傷から4週間の怪我との診断。
キム・ジョンピルが負傷していた右足の手術を行ったことで全治2か月となった。
あとでも書くが、狩野健太もこの試合で負傷。
まだ負傷状況について公式なアナウンスがないが、頭部の負傷であるため慎重にならないといけない。
これではさすがにやりたいサッカーを表現するのは難しくなる。
 
それでも新しいヒーローとなる選手たちが出始めている。
最大のヒーローは石井秀典であることは多くの人が感じていると思う。
経験とい技術で前線のパワー不足をディフェンス力で支えてくれている。
3試合連続で無失点であることは偶然ではない。
若い選手たちの手本にもなっているようで彼の存在は数字以上に大きいようだ。
この試合のように攻められる試合で存在感を発揮してくれている。
 
そしてもう一人、ヒーロー...になれるきっかけをつかんでくれた若手。
小西雄大だ。
2年目の彼は昨季出番を得る機会もあったが、コンスタントには出場できていなかった。
彼もまたチームの窮状にピッチに立つ機会を多く得るようになった。
本来のポジションと違うところで使われることもあって苦労もしていたと思う。
スタメンで使われたり、使われなかったり。
そしてゴールを求められるポジションでは必ずしもなかったが、ゴールがなかった。
この試合、相手のクリアボールを見事なボレーでキャリア初ゴールを決めた。
今節のベストゴールに匹敵する素晴らしいゴールだった。
若手にとって、ポジションはどこであれゴールというのはいい転機になる。
ゴールの量産はポジション的に難しいだろうが、ゴール前に顔を出す機会は増えるだろう。
自信と欲を身に付けただろうから。
誰かが手綱を引いてあげないと前に行きすぎてバランスを崩すことが起きるかもしれない。
しかし、思い切ったプレーはチームに元気も与えてくれる。
臆せずに次の試合もプレーしてほしい。
ヒーローの肩書はまだ早いかもしれないが、可能性はとても高い。
チームの中心的存在に一気になれたら最高だ。
Dscn6186_001
 
狩野健太の負傷は心配だ。
頭部への負傷なので上にも書いたが、慎重に治療をしてほしい。
彼もニューヒーローを期待される選手。
くれぐれも無茶をしないように願います。

|

« 千葉ジェッツ、イートンとMisakiに贈る勝利。さあチャンピオンシップへ。 | トップページ | 大激闘!千葉ジェッツ。川崎を下しクオーターファイナル突破。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、イートンとMisakiに贈る勝利。さあチャンピオンシップへ。 | トップページ | 大激闘!千葉ジェッツ。川崎を下しクオーターファイナル突破。 »