« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月30日 (土)

扉は開いた。希望の光。  ~バスケットボール男子・W杯アジア1次予選@千葉(オーストラリア戦)~

6月29日(金)千葉ポートアリーナ
バスケットボール男子・W杯アジア1次予選
日本代表 79 - 78 オーストラリア代表
 
男子バスケットボール日本代表AkatsukiFive(以下、アカツキファイブ)はW杯アジア一次予選第5戦を迎え、千葉ポートアリーナにFIBAランク10位(日本は48位)のオーストラリア代表を迎え79-78で勝利しました。
過去一度も勝ったことのない強豪からの価値ある一勝です。
これまで開けることが出来ずにいた日本のバスケットボールにとっての開かずの扉を開けることができました。
その歴史的な試合を現地で応援し、共有できたことをとても幸せに思います。
 
アカツキファイブは今回のW杯アジア一次予選を昨年の11月24日のフィリピン戦を開幕に4戦戦ってきました。
今回のW杯予選は、来年の中国でのW杯出場が懸かっているだけではなく、その翌年の東京オリンピックへの出場予選も実質的に兼ねています。
そしてバスケットボールの場合、オリンピックであっても自国開催枠は保証されていません。
実質的な東京オリンピック予選が開始され、開催国である日本が出場している以上、敗退しても自国開催枠で出場が今後決まる可能性は低いです。
少なくとも競技としての力では出られません。
つまり、予選敗退は自国開催の東京オリンピックに出場できないことを指します。
その一次予選は全6戦。4チームで行われ、上位3チームが2次予選に進めます。
日本の組の相手はオーストラリア(FIBAランク10位)を最上位に、バスケを国技としてレベルアップを進めているフィリピン、そしてチャイニーズタイペイです。
ここまでの結果は4戦全敗。
当然ながら最下位です。
そしてその状況で迎えた第5戦の相手は世界でも強豪のオーストラリア。
ここで敗れて、同じ節でチャイニーズタイペイがフィリピンに勝利すると予選敗退が確定してしう状況でした。
本当に崖っぷちでした。
 
アカツキファイブには希望の光を招いてくれる新戦力が加わっていました。
一人はアメリカのコンサガ大でバスケットボールをプレーしている八村塁選手。
富山出身で父親がベナン人で203cm、アメリカでも強豪のコンサガ大でも活躍していて、今回若いながらも代表選出されました。
予選のここまでも召集を熱望されていましたが、アメリカのシーズン中は招集できなかったため、ようやくここに来て合流できました。
もう一人は川崎ブレイブサンダースのニック・ファジーカス選手。
Bリーグを代表するプレイヤーであり、4月に帰化申請が承認され日本国籍を取得、日本代表選出も熱望していました。
この2人を加入させてのアカツキファイブは6月から毎日のようにチームとして練習を続け、この日、そして7月2日のアウェイでのチャイニーズタイペイ戦に向けて準備していました。
強化試合となった直前の韓国代表との2試合は一勝一敗。
光が見えてくる予感はありました。
 
私は予選開幕のフィリピン戦からとても熱く想いを乗せてアカツキファイブを見ていました。
フィリピン戦の記事はこちら
もしかしたら千葉ジェッツ以上に気にしていたかもしれません。
東京オリンピックに出られないとしたら日本のバスケにとってさらに50年は閉ざされた時代がやってくる可能性があるからです。
そして地元でジェッツも何度もホームゲームをしている千葉ポートアリーナでの開催。
気持ちは最高レベルに入っていて、チケットがジェッツのブースタークラブ優先で買えると知ったらすぐ買う方法をジェッツのスタッフに直接問い合わせたほどでした。
席は幸運にもスタンド席の最前列が買えました。
一番見やすい場所です。
ジェッツの試合で代表の試合行く?と聞いてもそのときは反応が薄かったのが気がかりでしたが、勝たせるしかない状況でした。
 
オーストラリア戦のアカツキファイブはとてもタフでした。
オーストラリア代表はNBAがシーズンオフに入ったため、NBAでプレーしているマシュー・デラベドバ、ソン・メイカーの2人を招集して参戦してきました。
それでも1Qから八村選手、ファジーカス選手を中心に試合を力強く支配してリードを奪いました。
オーストラリア代表はショット精度が高かったですが1Qはエンジンが掛かっていないようで、特にインサイドで強さを発揮する場面がありませんでした。
オーストラリア代表を見るのは初めてなので、違う強みがあるのだろうかと思いながら見ていました。
八村選手の活躍は素晴らしく、オーストラリア代表を一人で蹴散らしているようにも見えました。
23-16で1Qを終えます。
 
2Qもアカツキファイブはタフにオーストラリア代表と闘いました。
2Qはファジーカス選手が無双。
一次12点差にまで拡げたオフェンスの中心でした。
ハーフタイムを迎えて42-33。
こう言っては何ですがアカツキファイブは私の予想の遥か上を行っていました。
特にリバウンドでのパワーアップに八村、ファジーカスの両選手の存在は大きかったです。
 
オーストラリア代表はまだギアが上がらないように見えました。
もちろん、この試合に招集されていないNBAでプレーする選手もいます。
この試合のメンバーがランキング10位に相当するとは思えませんでしたが、それでも予選はここまで無敗。
ホームでのアカツキファイブ戦は30点近くの大差をつけての圧勝。
2次予選進出を既に決めているとはいえ、それでも実力はかなり高いメンバーが揃っているはずです。
後半どこでギアを上げてくるか気になりました。
 
3Q、オーストラリア代表はやはり来ました。
最初のプレーは八村選手がバスケットカウントを奪うプレーで先制しましたが、ジェームズ選手がポイントを重ね6分過ぎに50-52と逆転。
アカツキファイブは馬場選手が腰か足を強打して一時ベンチに下がるなどこの日一番の危機を迎えました。
ここでタフに頑張ってくれたのが川崎の篠山選手でした。
馬場選手に代わって入った辻選手がFTを決めて同点に追いついた後、彼とファジーカス選手との川崎ラインで逆転。
直後、比江島選手もブロックを決め、オーストラリア代表の勢いを止めました。
ここから本当にタフな試合になりましたが、ファジーカス選手、竹内選手の頑張りで64-58まで突き放し4Qへ。
 
4Qスタートから3分近く互いに先制できずにいたが、3Qに負傷して下がった馬場選手が得点すると試合は動き出しました。
取っては取られを繰り返す流れが続く。アカツキファイブはタフに殴り合いました。
オーストラリア代表は2度アカツキファイブの足許まで追い上げてきましたが、それを蹴落としたのは篠山選手でした。
2度目に1点差に追いつかれた残り1分から30秒を制した彼のプレーこそが試合を本当の意味で決めた試合だったと思います。
このあとさらにリバウンドから相手のチェックをすり抜けて八村選手にパス。八村選手のトドメのダンクを演出しました。
歴史的な勝利!!
千葉ポートアリーナは幸せな空間になりました。
 
篠山選手は試合後のインタビューでサッカー日本代表で現在ロシアW杯で闘っている西野ジャパンに負けずに頑張るという気持ちを語っていました。
メディアは正直サッカー日本代表一色に近い。
この試合の記事も今朝のスポーツ新聞でも記事は小さくてモノクロの記事もあります。
エロ面のグラビアの方がデカいという無念。
しかし、アカツキファイブも日本代表なのだと日本バスケットボールのファンは誇りを持てる試合でした。
 
ここで冷静になりたい。
歴史的な勝利ではあるが、崖っぷちであることには変わりがない。
ラマス監督も語っているが、次のチャイニーズタイペイ戦に勝たないと意味がない。
チャイニーズタイペイはフィリピンに敗れました。
彼らも追い詰められたのです。
この試合を穴が開くまで研究して生き残りに全てを賭けてくるでしょう。
オーストラリア代表は試合前々日に渋谷でチームで食事をして、出会ったファンにサービスするなど、気合の入り方はアカツキファイブとは差があった。
チャイニーズタイペイは違う。
オーストラリアに勝利したからといって油断は絶対にできない。
 
それでも今まで開けられずにその前で挫け続けていた扉は開きました。
その先にはまた新しい扉がある。
その先にもまた扉がいくつもある。
でもアカツキファイブは希望の光が差している。
まだまだ弱い光だが、進むべき方向を照らしてくれている。
その方向へアカツキファイブは進むしかない。
Kimg4251
Kimg4255
Kimg4276
Kimg4289
Kimg4298
Kimg4299

| | コメント (0)

2018年6月24日 (日)

守備あってこそのゴール。ヴォルティス、4連敗。

2018J2リーグ 第20節
試合会場:NDソフトスタジアム山形 6012人
モンテディオ山形 3 - 2 徳島ヴォルティス
得点)【山形】8' 小林 成豪、25' 南 秀仁、72' 阪野 豊史
     【徳島】42' 島屋 八徳、47' 山﨑 凌吾
 
 
今週は大崎玲央のヴィッセル神戸移籍という衝撃的なニュースがあった。
町田戦の時期にオファーがあったそうで、J1でプレーしたいという希望を叶えられるチャンスに賭けることになったようだ。
正直、今出ていかれるのは戦力的にも補強を考える時期的にも痛い。
が、選手にとってステップアップのチャンスは選手人生の中でそう多く訪れるわけじゃない。
頑張ってくれと言うことが最善なのだろう。
 
今節はアウェイでのモンテディオ山形戦。
昨季は6得点で圧勝したカードだ。
今は互いの状況が違う。逆だ。
厳しい試合になると思った。
山形の木山監督はああいう性格の人だ。
昨季を忘れているはずはない。
 
集中して入りたい試合だったが、あまりいい入り方はできなかった。
特に守備は中に寄せられて、外をフリーにさせてしまった。
クロスはいいボールではなく見事なバイシクルシュートでの失点だったが、全員が中へ守備に入ってしまっていた。
ボーーーーっとした守備になっていた。
試合に入れていなかったというのはあのような状態なのだろう。
2失点目は3バックのサイドを突かれ、石井は中央から長い距離を走って対応にいった。
その時点でエリア内に入らせてしまったのは仕方ないにせよ。
引きながら止めにいくのではなく、もっと前に出て強く対応してほしかった。
あそこで抜かせては、あとからフォローにいく周囲も厳しい。
この場面ももう少しどうにかできたはずだ。
 
それでもヴォルティスには運もあった。
前半終了近くに島屋のクロスに対し、狩野健太が触れなかったにせよGKの前に見事な動きで飛び込んでゴールを誘発した。
GKのミスはあるだろうが、真実は狩野健太の動きがもたらしたゴールに見えた。
後半開始直後に山崎がPKをゲットして同点に。
リカルド・ロドリゲス監督は本職がDFのブエノを前半40分にFWで投入。
その直後に島屋のゴールが生まれるなど、流れを取り戻すことができていた。
ブエノはFWとして積極的にゴールを狙っていた。
相手への脅威にはなっていが、彼に集めすぎた感もあって、彼へ集まったマークでできたズレまでは活かしきれなかった。
そして阪野に大迫のような勝ち越しゴールを先に決められた。
昨季との置かれている状況の違いが結果に出てしまった。
これで連敗は4に伸びた。
 
次節から大崎はいない。
守備は再構築しないといけない。
ならばこの試合のような守備をしていては状況は好転しない。
引き締め直すには高い授業料を払った試合だが、十分修正できる内容のはず。
次節も厳しい相手だが、守備的な意識もしっかり持って戦ってほしい。
守れてこそ、奪ったゴールも活きてくる。
まだまだ逆襲はできる。

| | コメント (0)

2018年6月17日 (日)

好調なチームと不調なチーム。レノファにあってヴォルティスにないもの。

2018J2リーグ 第19節
試合会場:鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム 4828人
徳島ヴォルティス  1 - 2 レノファ山口
得点)【徳島】19' 石井 秀典
    【町田】41' 小野瀬 康介、64' 小野瀬 康介
 
 
清水エスパルスやサンフレッチェ広島、FC東京でプレーしていたピーター・ウタカの加入が決まった。
公式発表前に徳島市街で食事をしているところを発見され、徳島に来ていることが発覚。
SNS上であっというまに拡散すると、翌日メディアでも”獲得へ”と報道がされた。
サンフレッチェ広島時代には得点王にも輝いている日本人サッカーファンにはお馴染みの選手である。
得点力不足に悩むヴォルティスにとっては大きな期待を掛けることになる。
学生の発信直後から一部で”守備をしないから”という、贅沢(?)なコメントが出たのは苦笑いしかなかったが。
試合に出れば全てわかることだ。
リカルド・ロドリゲス監督が適切な役割を与えるだろうし、その中で求められる守備のミッションをこなすだろう。
評価もきちんとされるだろう。それだけのことだ。
とにかく、彼にはゴールを生んでほしい。
最前線の守備力が多少低下しても心配になるほどヴォルティスのディフェンスは軟でもない。
 
この日の相手はレノファ山口。首位争いをしている好調なチームで攻撃力も高い。
ここまでの総得点は33。そのうち前線の3人で22点を上げている。
そして元ヴォルティスの大崎淳矢も在籍している。
一方で失点も高く、勝機は十分にある。
 
前線が満遍なくゴールを上げているということは、つまりチャンスに一気に複数の選手がゴール前に詰め寄せているということだ。
故に誰かがゴールしている、というのは雑な言い方で適切ではないだろうが、チームとして攻撃について意思統一がしっかりできているのだろう。
この日もそのスタイルで攻めてきた。
先制点はヴォルティス。ショートコーナーから石井秀典が見事に合わせてリードした。
前半はこのまま折り返したかったが、41分に追いつかれた。
池上がミドルを放ち、梶川が弾くとこぼれ球にオナイウ阿道が詰める。
これを再度梶川が弾くが、このこぼれ球を小野瀬が詰めてシュートをゴールネットの天井に刺した。
ディフェンスが足を出したが、角度を上に向けて冷静に且つしっかり打ち切ったシュートだった。
上にも書いたようなここぞで迷いなく前線が何人もゴール前に詰めてくる攻撃でもあった。
昨季のヴォルティスもこんな時期があったように思うし、本当に攻撃が好調なチームなんだなと思った。
自信を持ってプレーしているのも感じる。
それが少々粗っぽさになっている部分はあったが、思い切ったスライディングがファウルより奪っている方が多いように見えたのは偶然じゃないだろう。
そういう部分がヴォルティスにはちょっとなかったかな。
それがあったらかなりバチバチの好試合になったんじゃないかな。もちろん勝てた気もする。
ヴォルティスは山口の攻守で発揮される執念にハマってしまっていたように思う。
悪い出来ではなかったと思うが、ゴール近くまで攻め上がっても圧されるように、最後の部分で思い切りが減っていったように思う。
手数や時間が山口より掛っていたし、だから上げようとしたらスライディングが来てチャンスが潰れたり。
チャンスやシュートの数が出来に比例していなかった。
 
あと一度しか気づかなかったけど、カウンターからスピードあげてサイドからクロスを入れようとした選手が何度も中を見ていた。
クロスを上げる位置がドンドン深く、そしてドリブルも(エンドに近づくこともあり)ドンドン減速してしまい、クロスに加える工夫の選択肢が少なくなった。
全体的にみてもアーリークロスとかもっと織り交ぜてもいいんじゃないかな。
ボールを入れれば何か起こるし、シュートにいければ何か起きる。
山口はそれを信じていた気もするが、ヴォルティスは丁寧にいってしまい、逆に躊躇になっていたように見えた。
現状の自分たちへの自信の差だったのかもしれない。
逆転されたシーンは小野瀬のクロスのミスがたまたま入ったのが真相だと思うけど、何かが起きるのは今の山口みたいなチームなんだろうね。
 
もっと自信を持ってプレーしてほしい。
内容では全く負けてなかったと思うけど、負けた理由もはっきりわかる試合だった。
その理由が自信なんじゃないかな。
もっとやれるでしょ、ヴォルティス。

| | コメント (0)

2018年6月10日 (日)

ヴォルティス、もっと冷静さと工夫を。メンバー揃うも敗戦。

2018J2リーグ 第18節
試合会場:鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム 3615人
徳島ヴォルティス  1 - 2 FC町田ゼルビア
得点)【徳島】35' 島屋 八徳
     【町田】17' 中島 裕希、48' 吉濱 遼平
 
 
上位進出へ向けて勝負の6月。
ホームに町田ゼルビアを迎えた。
ヴォルティスは広瀬陸斗と狩野健太が戦列に戻ってきて、陣容は揃ってきた。
6月6日には天皇杯2回戦で栃木SCに勝利した。
杉本太郎もコンディションを上げてきているし、チームへの期待は高まっている。
 
町田は前からプレスを掛けることをディフェンスの第一歩にしていた。
特に出足の速さは徳島を最後まで苦しめたと思う。
見ていて微妙な判定に見えたシーンのいくつかでは、ボールとヴォルティスの選手の間にサッと出足の速さで身体を先に入れていた。
ボールに先に触れていたこともあったが、ファウルを取られやすい無理目なスライディング等をさせられていたように見えた。
そこで冷静さを失いかけた杉本太郎は危なかった。
ボールを持っているが、持たせておいて潰す町田のディフェンスに嵌められたように見えた。
但し、それが敗因の最大の理由ではないようにも思える。
 
前半、大本が右サイドで深く切り込んでクロスを供給しつづけていた。
そこにシシーニョが絡んだりとクロスを上げるまでの工夫は前半はかなり効果を上げていたと思う。
しかし、クロスのタイプ、入れる相手、角度で工夫があまり広がらなかった。
追い越して崩すまでは最後まで出来ていたのだが、山崎を中心としたゴール前をターゲットにし過ぎたように思う。
崩したいという気持ちが強くなり過ぎて崩した先の冷静さを制御し切れなかったのかもしれない。
特に終盤は。
力わざで強引に点を獲りにいっている感じが試合が進むにつれ強くなった。
得点もラッキーなゴールに見えながら、相手に前からプレスを掛けたことで相手が慌てたからである。
それは昨季ヴォルティスの良さの一つでもあったと思うのだ。
その後の前半残りもその影響で町田がテンパったように見えたし、チャンスも作った。
自分たちの前に最近立ちはだかっていた壁を崩すチャンスが前半同点後の時間帯にあったと思えたくらい、チームのプレーは活力を取り戻していた。
それゆえに逆転できずにハーフタイムで町田を冷静にさせ、後半入りを緩めてしまい早々に再度リードを与えたのは非常に残念だった。
2失点目のシーンのディフェンスは完全に受けてしまった。
 
町田は洗練はされていなかったが、ヴォルティスを上回っている自分たちの良さをわかっていた。
そこで勝負してきた。
崩せる余地は十分にあったし、決して負けるべき差ではなかったが、ヴォルティスは相手の弱さを突く冷静さと工夫が出せなかった。
いい形でクロスがゴール前で合ったのは杉本太郎のヘッドくらいで、後半は入れども入れどもゴールには遠かった。
もう一歩切り込むとか、バイタルの前のエリアに最後出すとかあっても良かったかもしれない。
裏を掻くような選択がないから、こう来るだろうなという見ている側の予想通り。
そこが昨季と違っているように見えるのも、今のサッカーの特徴なんじゃないかな。
良くない部分の。
 
結果は仕方ない。
次も上位の相手のレノファ山口で、力わざだけでは簡単じゃない。
メンバーは戻ってきているから、悪い方向に向いているわけじゃない。
次勝とう。次に。

| | コメント (0)

2018年6月 2日 (土)

チャンスメイクにも工夫を。ヴォルティス、勝負の6月スタート。

2018J2リーグ 第17節
試合会場:レベルファイブスタジアム 8598人
アビスパ福岡 1 - 0 徳島ヴォルティス
得点)【福岡】58' ドゥドゥ
 
 
上位陣との対決が多くを占める勝負の6月を迎えた。
ここまでは苦労したが、それでもまだ十分挽回できる位置にいる。
だが、6月を上手く乗り切れないと7、8月でよりパワーが必要になる。
夏場に余裕を手にするためにも6月は本当に重要な対戦が多い。
 
6月最初の対戦は首位争い、自動昇格位置に現時点でいるアビスパ福岡だ。
ウェリントンという点取り屋が移籍したが、甲府で活躍したドゥドゥを獲得し、穴を埋められた。
ドゥドゥは柏に在籍していた時はまだ特別な選手ではなかったが、甲府で開花してドンドン怖い選手になっている。
またJ1でも実績のあるベテラン選手も多い。
 
この日のヴォルティスは怪我からの戦列復帰がまた一人、杉本太郎が戻った。
前節から藤原がベンチからも外れ、井筒がスタメンに入った。
 
首位争いをしているアビスパだと、やはり思っているような試合展開にはならない。
シュートまで持っていくことがなかなかできない上、最後のところでゴールへ打たせないアビスパのディフェンスが辛抱強かった。
山崎のヘディングはいいクロスが入ったが、相手に身体を当てられ、枠から逸れた。
逆にディフェンスラインで不用意に奪われてカウンターからシュートまで打たれたのは非常によくなかった。
枠を逸れてくれたのはラッキーだった。
全体的にも持たされている感じが強かった。
後半、最大のチャンスは前川がクロスに合わせて枠を捉えたシーンだった。
GKにセーブされたシュートが決まっていればと思ったが、この試合最大のビッグチャンスはゴールに繋がらなかった。
そしてドゥドゥのシュートが決まった。
ヴォルティスは杉本太郎をピッチに入れてゴールを目指したが、チャンスは多くは作れなかった。
ラストプレーの杉本のシュートがクロスバーに弾かれずに枠を捉えたとしても、勝つために十分なチャンスは作れなかった。
前半、杉本竜士が左サイドからチャンスメイクしていたが、それ以外の形も足りていなかったように思う。
彼が下がったあとはサイドからの崩しも減ってしまった。
 
得点力不足は深刻だが、最後の形に持っていく工夫ももっと欲しい。
そういう意味では前川がシュートしたような形をもっとできるように、もっとバリエーションも豊富にして欲しい。
杉本竜士は頑張ってくれているが、あの頑張り度のまま夏場を乗り切れるのかという不安もある。
彼が調子を崩してしまったら、また一つ違いを生み出せる武器が使えなくなっていしまう。
点取り屋の補強も必要かもしれないが、その選手に来たとしても、その選手に決定機を渡す工夫は今いる選手たち中心にやること。
下を向かずに切り替えて、次の試合で工夫を凝らしてほしい。
それだけのアイデア発想力と実行力のある選手は絶対に揃っている。
次の試合はいい内容で勝つこと。
勝つだけ以上の何かを表現してもらいたい。
Dscn5806

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »