« 好調なチームと不調なチーム。レノファにあってヴォルティスにないもの。 | トップページ | 扉は開いた。希望の光。  ~バスケットボール男子・W杯アジア1次予選@千葉(オーストラリア戦)~ »

2018年6月24日 (日)

守備あってこそのゴール。ヴォルティス、4連敗。

2018J2リーグ 第20節
試合会場:NDソフトスタジアム山形 6012人
モンテディオ山形 3 - 2 徳島ヴォルティス
得点)【山形】8' 小林 成豪、25' 南 秀仁、72' 阪野 豊史
     【徳島】42' 島屋 八徳、47' 山﨑 凌吾
 
 
今週は大崎玲央のヴィッセル神戸移籍という衝撃的なニュースがあった。
町田戦の時期にオファーがあったそうで、J1でプレーしたいという希望を叶えられるチャンスに賭けることになったようだ。
正直、今出ていかれるのは戦力的にも補強を考える時期的にも痛い。
が、選手にとってステップアップのチャンスは選手人生の中でそう多く訪れるわけじゃない。
頑張ってくれと言うことが最善なのだろう。
 
今節はアウェイでのモンテディオ山形戦。
昨季は6得点で圧勝したカードだ。
今は互いの状況が違う。逆だ。
厳しい試合になると思った。
山形の木山監督はああいう性格の人だ。
昨季を忘れているはずはない。
 
集中して入りたい試合だったが、あまりいい入り方はできなかった。
特に守備は中に寄せられて、外をフリーにさせてしまった。
クロスはいいボールではなく見事なバイシクルシュートでの失点だったが、全員が中へ守備に入ってしまっていた。
ボーーーーっとした守備になっていた。
試合に入れていなかったというのはあのような状態なのだろう。
2失点目は3バックのサイドを突かれ、石井は中央から長い距離を走って対応にいった。
その時点でエリア内に入らせてしまったのは仕方ないにせよ。
引きながら止めにいくのではなく、もっと前に出て強く対応してほしかった。
あそこで抜かせては、あとからフォローにいく周囲も厳しい。
この場面ももう少しどうにかできたはずだ。
 
それでもヴォルティスには運もあった。
前半終了近くに島屋のクロスに対し、狩野健太が触れなかったにせよGKの前に見事な動きで飛び込んでゴールを誘発した。
GKのミスはあるだろうが、真実は狩野健太の動きがもたらしたゴールに見えた。
後半開始直後に山崎がPKをゲットして同点に。
リカルド・ロドリゲス監督は本職がDFのブエノを前半40分にFWで投入。
その直後に島屋のゴールが生まれるなど、流れを取り戻すことができていた。
ブエノはFWとして積極的にゴールを狙っていた。
相手への脅威にはなっていが、彼に集めすぎた感もあって、彼へ集まったマークでできたズレまでは活かしきれなかった。
そして阪野に大迫のような勝ち越しゴールを先に決められた。
昨季との置かれている状況の違いが結果に出てしまった。
これで連敗は4に伸びた。
 
次節から大崎はいない。
守備は再構築しないといけない。
ならばこの試合のような守備をしていては状況は好転しない。
引き締め直すには高い授業料を払った試合だが、十分修正できる内容のはず。
次節も厳しい相手だが、守備的な意識もしっかり持って戦ってほしい。
守れてこそ、奪ったゴールも活きてくる。
まだまだ逆襲はできる。

|

« 好調なチームと不調なチーム。レノファにあってヴォルティスにないもの。 | トップページ | 扉は開いた。希望の光。  ~バスケットボール男子・W杯アジア1次予選@千葉(オーストラリア戦)~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 好調なチームと不調なチーム。レノファにあってヴォルティスにないもの。 | トップページ | 扉は開いた。希望の光。  ~バスケットボール男子・W杯アジア1次予選@千葉(オーストラリア戦)~ »