« 最後まで戦うヴォルティス。最後に最高の光景を。 | トップページ | Bリーグが開幕。千葉ジェッツ、ド派手な演出も2連敗スタート。 »

2018年9月23日 (日)

怖がらず追いかけよう。5試合で勝ち点13のヴォルティス。

2018J2リーグ 第34節
試合会場:町田市陸上競技場 3,524人
町田ゼルビア 1 - 1 徳島ヴォルティス
得点)【町田】45+1' 中村 祐也
    【徳島】70' ピーター・ウタカ
 
 
昇格争いは権利者が絞られたのは間違いない。
その中でヴォルティスは今はしんがりを務めている。あくまで今はだ。
それは強がりでも自虐でもない。
後半戦の成績を比較すればそれは誰の目にもわかる。
油断は禁物だが、ヴォルティスサポーターが負けることを恐れる必要はない。
それ以上に、他のチームがヴォルティスに追われていることに感じているだろう恐れの方が大きいはずなのだ。
5試合で勝ち点13もゲットしているのだ。
それは自信にしていい。
 
町田は昇格争いという戦いには乗っかっていないが2位につけている。
その存在はこれまでのシーズンと異なる特異な感覚をもたらしている。
競争相手として捉えるのにちょっと不思議な感覚はあるだろう。
だが、勝たないといけないのは間違いない。
とても大事な一戦だった。
 
昨季、好調の状態でアウェイで挑んだ湘南ベルマーレ戦を少し彷彿させるような感じがした。
やはり上位にいるチームはそれだけの理由と質があった。
負けててもおかしくないと感じた人は多かっただろう。
その中で勝ち点1を手にできたことは価値はあるだろう。
もちろん十分じゃないし、望んでいた結果でもない。
今はこれでいいなんて誰も思わない。
そんな時期じゃない。
 
でも梶川が救ってくれた危機は勝ち点1以上の賞賛に値する。
あらためて梶川がいたから今があるといえる。
もちろん、カルバハルへの感謝と賞賛もあった上で。
試合で活躍の機会がなかったとしても支えてくれた吉丸へも。
他にも中河コーチも含めたGK陣全員に。
やはりGKがもたらしてくれるものは大きい。
あらためて思う。
点を取ってくれる選手には賞賛が集まりがちだ。
点を取ったときの歓声はどうしてもGKがビッグセーブをしたときの歓声よりも大きく強くなる。
だけど、サポーターはGKの存在の大きさはわかっている。
GKが守り続けてくれていることへゴールを決めてと望む応援で応える。
そして決めてくれる攻撃陣。
そういうとき味方ゴールが味方ゴール裏側の時は、GKはよくゴール裏にガッツポーズしてくれたりする。
そういう想いのサークルがある。
応援はチームを一つの輪で繋いでいる。
 
流れが止まったとは思わないから、大事なのは次の試合。
直近5試合でもっとも成績がいいのはヴォルティスなのだ。
怖がらず追いかけ続けよう。

|

« 最後まで戦うヴォルティス。最後に最高の光景を。 | トップページ | Bリーグが開幕。千葉ジェッツ、ド派手な演出も2連敗スタート。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後まで戦うヴォルティス。最後に最高の光景を。 | トップページ | Bリーグが開幕。千葉ジェッツ、ド派手な演出も2連敗スタート。 »