« ヴォルティス、次の試合に勝つ最善の準備を。 | トップページ | 千葉ジェッツ、怪我人続出の危機の中、らしさと新戦力が上昇中。 »

2018年10月22日 (月)

試合がある限り。ヴォルティス、誇りを持って最後まで。

2018J2リーグ 第38節
試合会場:味の素スタジアム  5,873人
東京ヴェルディ 2 - 1 徳島ヴォルティス
得点)【東京】6'レアンドロ、90+3'李 栄直
     【徳島】65'バラル
 
言葉が思いつかないのだが、これが現実と受け止める他ない。
一カ月で5試合で勝ち点1しか上げられなければこうなるのは致し方ない。
後半戦で一時は最も勝率のよかったチームは、ここ5試合では下から2番目の成績しか残せていない。
責任を問える部分もあれば、そうでないこともある。両方ともたくさんあるだろう。
でもいまさらそんなことを問うたら、せっかく築き上げたものにもヒビをいれることになるだろう。
今季の徳島ヴォルティスは強い一体感で窮地を乗り越えてきた。
今季のヴォルティスは経験したことない危機を受け、乗り越えてここまで戦ってきた。
誇りに感じる人はたくさんいると思う。
それは乗り越えてこの先も継承していくべきもので、そこまで貶めるようなことはいらない。
 
 
こういうふうに言うと、誰もが感じていながら口にしたくないことを言っていることになると思う。
が、避けても通れない。
数字的な可能性はあるが、現状のチームの状態を考えても奇跡は起こらないだろう。
 
久しぶりに生で観るヴォルティスの試合は楽しかった。
バラルを生で観るのも初めてだったし。
それは素直な気持ちだ。
選手たちは一生懸命だったと思う。
 
この試合の感想を言えば、相手の引いた時の守備が徹底されていて、ゴール近くにパスを入れるためのコースが完璧に消されていてチャンスを作れなかったなと。
相手にとって嫌なエリアでボールをバラルなどに通せなかった。
同点ゴールも表原が力でこじ開けた形から生まれたもので、相手の守備の裏を突けたわけではなかった。
しっかりスカウティングされて備えられていたのだろう。
 
モチベーションを保つのは厳しいが、それでも試合はまだある。
可能性どうこうではなく、今季のヴォルティスを誇りを持って最後までやり切って欲しい。
Dscn7724
Dscn7735
Dscn7750
Dscn7754
Dscn7759
Dscn7766
Dscn7767
Dscn7787
Dscn7800
Dscn7807

|

« ヴォルティス、次の試合に勝つ最善の準備を。 | トップページ | 千葉ジェッツ、怪我人続出の危機の中、らしさと新戦力が上昇中。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴォルティス、次の試合に勝つ最善の準備を。 | トップページ | 千葉ジェッツ、怪我人続出の危機の中、らしさと新戦力が上昇中。 »