« 千葉ジェッツ、勝負処をきめて連勝も..。 | トップページ | 千葉ジェッツ、新年初戦で良し悪し学んで天皇杯へ。 »

2018年12月31日 (月)

千葉ジェッツ、2018年ラストは接戦を制す。成長して来年へ。

2018-2019Bリーグ 第16節
12月27日(木) 北海きたえーる 3,508人
レバンガ北海道 76 - 83 千葉ジェッツ
2018-2019Bリーグ 第17節
12月29日(土) 船橋アリーナ 5,566人
千葉ジェッツ 98 - 46 京都ハンナリーズ 
12月29日(土) 船橋アリーナ 5,551人
千葉ジェッツ 87 - 84 京都ハンナリーズ 
 
まず秋田戦でのパーカーの件はリーグの判断が下った。
いろいろと声はあるだろうが、これが正式な判断であるということだ。
この件はこれで終わりである。
 
今週で2018年の試合が終わる。
ジェッツにとって年最後の試合というのはターニングポイントになることが過去多かった。
3年前だったか?川崎に延長で勝利した試合は今のジェッツにつながる最初の試合と勝利だった。
ジェッツにとってはこの3試合はしっかり勝っておきたい試合だ。
 
ウィークデーの木曜日はアウェイ北海道でのレバンガ戦だった。
レバンガはバイロン・ミュレンズ選手が加入して強みが加わり、今までのレバンガではなくなった。
センターの選手が増えたことでジェッツに対してのストロングポイントが増えた。
また、トラソリーニを外してくると思っていなかっただろうジェッツの裏を掻いた可能性も高い。
1Qは互角に近かったが、2Qになるとミュレンズ選手がインサイドだけでなくアウトからも決めてきた。
前半でリードをジェッツに許すと後半は選手層の差が効いてくる。
前半にスパートを掛けてリードを奪ったことはレバンガに勝利を近づけたと思う。
但し、両外国人以外のプレータイムが長すぎて次第にパフォーマンスが減速していった。
それでも対ジェッツ戦の連敗を止めたい思いが彼らからは凄く感じた。
それが身体を動かしてもいたのだろう。
3Qにジェッツが追いつくと激しく追いすがったが、もう一握りがなく、ジェッツが逃げ切った。
ジェッツは接戦になったが慌てている様子はなかった。
パーカーの件での動揺もなくジェッツの強さをあらためて感じる試合だった。
そしてこの試合で感じたジェッツの強みは日曜にも活かされる。
 
週末2018年最後の2連戦は久しぶりの船橋アリーナでの京都ハンナリーズ戦であった。
京都は西地区で2位を争っている。
B1でもずっと上位の力を持っている強敵である。
この年末の時期にアウェイゲームというのは場所によっては旅費も高いし、宿も空きを探すのが大変だったりする。
そんな中で多くの京都ファンと共に船橋に乗り込んできた。
 
ゲーム1。
ジェッツのやりたいことがやりたいだけできた試合だった。
富樫勇樹は7本も3Pを決め、トレイ・ジョーンズはインサイドをすり抜けまくった。
全員得点でもあった。
この試合についてジェッツには何も言うべきことはない。
木曜から一日しか空いていないハードスケジュールの中で素晴らしい試合内容だった。
但し、あまり言うべき立場ではないと思うが京都ハンナリーズには少々がっかりさせられた。
ジェッツのストロングポイントを攻守共にまともに受けてしまった。
自分たちの良さをまったく出せないまま、ハーフタイムを経ても立て直せず3Qで試合をギブアップすることになった。
もっとやれるはずなのにノーアイデアで試合を挑んでしまったように見えたくらいだった。
これでは観に来てくれた京都からのファンに失礼すぎだし、こちらもワクワクしない。
こんなに点差が付いてしまってはトップカテゴリーの試合とは言えない。
もっとできるはずと京都に対して思う方がジェッツへの感想を超えた試合だった。
 
ゲーム2。
京都はマブンガ選手からモリス選手に変えてきた。
それでも1Qは昨日と同じを連想させるようなジェッツの流れとなった。
2Qスターターに藤永を起用してきた。
大野さんがちょっと色気というか、試しをしたんだろうかと思った。
そこで流れが逆転まではいかないが、止まったことで京都に意気を与えたかなと思う。
但し、そこで勢いを変えたのはあくまで京都側の気持ちだったと思う。
オフィシャルタイムアウト明けから京都はスコアが入り、ジェッツのショットが外れ続けて逆転に成功して折り返した。
そこからは京都は本来の実力を発揮してジェッツの追い上げに張り合いつづけた。
昨年までのジェッツだったらこういう展開では悪い流れに負けていたと思うが、今は誰かが救世主になってくれる。
そういう層が今はある。この日は田口成浩だった。
これ以上放されたくないという場面で3Pを決め続けて試合のテンションを保ち、京都にプレッシャーを与え続けた。
京都は追い上げられるプレッシャーとも戦っていたと思う。
勝敗を分けたものはほんの小さなモノでこの場面のこのプレー、このファウルというものではなかったと思う。
京都が勝っていても全くおかしくなかったが、勝ち負けに対して冷静さを保てていたのはジェッツだったと思う。
大野HCが試合後のインタビューでハーフタイムの指示だったかにギャンブルをしないことを伝えたと言っていた。
最後の最後になってもリードされ、ラスト1分強で晴山選手の3Pが決まっても冷静さを保てたことが効いたと思う。
富樫勇樹が残り4秒で3点差に広げて、残り時間をどう戦うかも上手くできたように思う。
京都も昨日は外国人選手と伊藤選手だけでやっている感じがあったが、この日の京都は全員気合が入っていて見応えあった。
 
毎年追い込まれて迎えてターニングポイントになっていることが多かった年末のジェッツだが、今季はいい状態で終えられた。
それはジェッツの成長を証明するものであり、年明けの天皇杯もこれまで以上に大変だろうが三連覇も射程に十分あると確信した。
応援時の音楽もこの試合から段階的に減らしていく試みを始めている。
少しづつジェッツも次のレベルへと進もうとしている。
来年はシーズン最後にいろいろと結実できるように頑張って応援していく。
 
今年最後の記事になりますが、ご覧になっていただいた皆様、良いお年を。
来年もよろしくお願いします。
Dscn8317
Dscn8326
Dscn8266
Dscn8268
Dscn8288
Dscn8312
Dscn8334
Dscn8336
Dscn8313
Dscn8294

|

« 千葉ジェッツ、勝負処をきめて連勝も..。 | トップページ | 千葉ジェッツ、新年初戦で良し悪し学んで天皇杯へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉ジェッツ、勝負処をきめて連勝も..。 | トップページ | 千葉ジェッツ、新年初戦で良し悪し学んで天皇杯へ。 »