« 試合という魔物がくれた勝利。千葉ジェッツ、グダグダながらアルバルクに勝利。 | トップページ | 千葉ジェッツ、元ジェッツ選手たちとの対戦に勝利。そしてマナー問題について »

2019年1月26日 (土)

2019年のヴォルティス始動!リカルド体制3年目の結実へ。

2018年のヴォルティスが不完全燃焼で終わってしまったのはとても残念だった。
終盤戦の勝負処で想定以上の失速が起きて誰にもどうすることができないまま、置き去りにされて終ってしまった。
リカルド・ロドリゲス監督が就任して3年目になる2019年。
リベンジという言葉では片づけられない思いは監督、選手たちにいっぱいあると思う。
そして2019年のヴォルティスの体制が固まり、既にシーズン開幕へ向けて動いている。
 
新しいユニフォームも発表されているが細かいところにデザインが施されていて感じがいい。
もうずいぶん昔になるがNIKEがサッカー界でも台頭し始めたころ、ユニフォームの素材にも大きな変化があって、素材に合わせたのかデザインもシンプルになってつまらなくなったと感じていた時期もあった。
今はいろいろなデザインが使われるように再びなってきているように見えて嬉しい。
デザイン画でしか見ていないが、GKの2ndの実物を見てみたい。
 
チームは1月10日(木)に練習を開始し、15日(火)よりの高知キャンプを経て、22日(火)より宮崎での2時キャンプに入っている。
明日27日(日)にはツエーゲン金沢と、31日(木)には栃木SC、2月3日(日)にはFC町田ゼルビアとの練習試合が予定されている。
待望の開幕は2月24日(日)アウェイ鹿児島での鹿児島ユナイテッドFCとの試合と決まった。
ホーム開幕戦は3月3日(日)のFC岐阜戦である。
昨季はなかなか連勝ができないままシーズン序盤を費やしてしまった感があるので、今季はスタートダッシュして序盤からいい位置につけたい。
遠征の目玉は3月の沖縄だと思うが、遠征に行くならばレンタカーは必須であり、試合の駐車場は十分あるみたいだが、宿泊ホテルも安いところだと駐車場の台数が限られていて、民間の駐車場に一晩停めたりするとかなりの金額になる場合がある。但し、バスケで沖縄に行ったときの経験で知ったが、安くて使い勝手もいい駐車場はあるので情報は集めたおくことが大事だ。高速は安いので上手く使った方がいい。
 
移籍動向ではOUTが結構派手だったと思っている。
藤原広太朗、キム・ジョンピル、井筒陸也、広瀬陸斗、ブエノと出場機会も多かったDFの退団が多かった。
MFでは前川大河の退団が残念であった。
リカルドサッカーの中で覚醒しつつあったので何とか残留させたかった。
レンタルバックされてすぐに福岡にレンタルされたのは所属元のセレッソのプランあってのことだろうが今季対戦相手として向かい合うことになる。
FWはウタカとバラルが退団した。ウタカは甲府へ。
シーズン後半、前線で頑張ってくれた2人には感謝したい。
 
シーズン通して安定した結果を導けなかったことは今季の課題だろう。
理由は夏に主力選手が多く移籍して体制の組み直しが発生したことが一番大きいと思う。
移籍はどうしても防ぎきれないものでもあるので今季もそのようなことが起きないとはいえない。
だが、そのような時でも穴を大きくしないために選手たちはハイレベルで出場機会を競り合って誰が出ても勝てるチームになってほしい。
加入してきた選手は実力者が多く、その点で期待ができる。
DFの軸になってくれそうなヨルディ・バイス加入は大きい。
新加入選手が多く不安なところもあるが、彼がいることで得られる安心感は非常に大きい。
MFではタイから加入のチャキットに期待したい。
経験、実績では清武、野村の新加入選手の他、表原、小西らポジション争いは激しいが、岩尾との連携度を高めれば機会は得られると思う。
機会を得られれば、実力はポテンシャルは発揮されると思う。
コミュニケーションの問題も序盤は発生するだろうが期待している。
FWは核となる選手が欲しいところだが、岩尾のパスと相性の良さそうな選手は多い。
必ずしも高い位置で人に強いFWが必須なリカルドサッカーではないので、必要なスキルを持った選手は既にいると思える。
 
他のチームで個人的に注目をしているのは工藤壮人を加入させたレノファ山口である。
J2の昇格争いの中心になるとまでは思っていないが、工藤が再び目覚めたならば、昇格争いをかき回す存在になる可能性は高い。
鉄板で強敵になるのは柏と横浜だと思っているが、何よりも最大の敵は自分たちだろうと思う。
昨季終盤戦を思い出しても、悪い流れを最後まで断てなかった自分たちに打ち克って欲しい。
 
それでも岩尾の存在はJ2の他のチーム全てと比較しても別格の存在だと思う。
J2で彼のポジションで彼以上の選手はちょっと思いつかない。
チームに対する、徳島に対する思いも強い。
リカルドサッカーであって岩尾サッカー(頼り切るという意味ではなく)で今季こそ大きな成功を手にしてほしい。
岸本などは貰ったパスでゴールを決めまくって”倍返し”してほしい。

|

« 試合という魔物がくれた勝利。千葉ジェッツ、グダグダながらアルバルクに勝利。 | トップページ | 千葉ジェッツ、元ジェッツ選手たちとの対戦に勝利。そしてマナー問題について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 試合という魔物がくれた勝利。千葉ジェッツ、グダグダながらアルバルクに勝利。 | トップページ | 千葉ジェッツ、元ジェッツ選手たちとの対戦に勝利。そしてマナー問題について »