« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月25日 (月)

男子バスケットボール日本代表、W杯出場獲得。世界へ飛び出そう。

昨日、カタールにおいて男子バスケットボール日本代表”アカツキファイブ”はカタール代表に96-48で勝利しました。
これでアジア2次予選2位となり、今夏に中国で開催されるバスケットボールワールドカップへの出場権を獲得しました。
一時予選で開幕から4連敗を喫しながら、崖っぷちのオーストラリア戦で勝利をしてから8連勝を続け3大会ぶりの出場をもぎ取りました。
 
カタール戦のアカツキファイブは開幕戦でフォリピンに敗れたときのアカツキファイブとは全く別のチームでした。
一番違っているのは選手たちみんなが言っているように”自信”だったのだと思います。
オーストラリア戦はニック・ファジーカスと八村塁が加わったことが大きかったですが、その試合に勝ったことで他の選手たちを目覚めさせたのだと思います。
以降の試合ではBリーグで披露している実力を表現できるようになって、主導権を握りながら勝ち進めたと思います。
これはBリーグで戦い続けて積み重ねたことが間違いではなかったことの証明とも言えます。
昨日のカタールなどはBリーグで選手たちがよく見せるペネトレイトやキックアウトなど、動くバスケに全く対応できていませんでした。
決して八村選手や渡辺選手がいたからこそではないと思います。
もちろん、彼らの存在が他の選手たちを刺激して変えたのは間違いありません。
 
予選最後の2連戦では競技を越えてアカツキファイブのW杯出場権獲得を後押ししてくれる他の競技の選手たちもたくさんいました。
男子バスケとして一丸になれたこともとても大きなことだと思います。
東京五輪に向けても大きな意味のあるアカツキファイブの成果だと思います。
 
それでも、まだ何も成し遂げてもいません。
予選突破はあくまでスタート地点です。
東京五輪出場権もまだ確保していないのですから。
できれば開催国出場枠が確保できたとしても、この夏のW杯で開催国枠など関係ないくらいの成果をあげて欲しいです。
もちろん、ここから先は簡単ではありません。
イランよりも強いチームばかり。全ての敵がオーストラリア級かそれ以上です。
決して喜んでいられる状況ではありません。
アメリカと戦えるかもとかに喜ぶのではなく、勝ち進んでアメリカに勝つこと、負けたら泣いて本気で悔しがるくらいでないと、予選突破で感動するレベルで成長が止まると思います。
サッカーがW杯に初めて出場したときのことを私はよく覚えています。
ここから先は本当に大変です。
今、日本バスケの前に世界の扉が開きました。
でも、この機会を活かせなければ扉はまた閉じてしまいます。
開けたままを保つためにももっと強くならないと。
選手たちは引き締まった顔で帰国し会見に挑んでいました。
彼らと共に世界に飛び出しましょう。
そしてもっと強くなりましょう。
写真は予選初戦(フィリピン戦)より。
Dscn9454
Dscn9500

| | コメント (0)

2019J2開幕。ヴォルティス、初戦は黒星。ホームで仕切り直せ。

2019J2リーグ 第1節
試合会場:白波スタジアム 7,483人
鹿児島ユナイテッド 4 - 3 徳島ヴォルティス
得点)【鹿児島】51'韓 勇太、65'中原 秀人、83'藤澤 典隆、90'中原 秀人
    【徳島】78'ヨルディ・バイス、80'岸本 武流、85'清武 功暉
 
 
ついに2019年J2リーグが始まった。
サッカーがオフだとバスケに通っている自分だが、やはりサッカーは特別な存在である。
開幕すると、”ホーム”という思いは必ず湧いてくる。
これは1993年からの私の生活の土台なので当然でもある。
だから毎年開幕戦からワクワクするし、イライラもする。
最後の最後まで”何かが起きる”という可能性に追い立てられるのはサッカーならではだ。
バスケにはバスケのワクワクがあるが、サッカーのそれとは全く異質だ。
そして試合が終わったときに何かから開放される感覚は最高に気持ち良くて逃れられない。
だが、応援を続けていくということについて、昔あるベテランアスリートが”自分の競技を続けていることに対して語っていた”ある言葉の意味が理解できてきた気もしている。
それは楽しいことではなかったが、とても重要な言葉で今までも私の中で消えたことがない言葉である。
若くはなくなったからようやくわかってきたのだと思う。
だが、それはようやく究めるための道が見えてきたのだろうとも思っていて、もう少しこの道を歩いていきたい。
だから、今季もサッカーの記事を書く。
 
リカルド・ロドリゲス監督体制のヴォルティスは3年目を迎えた。
昨季はシーズン途中での主力選手の移籍が相つぎ、途中から加入した選手たちも大変頑張ってくれたが、終盤で踏ん張り切る力まではリカバーできなかった。
新シーズンのヴォルティスは昨季までのリカルドサッカーをそのまま継承するというよりは、新しい方向性も示そうとしているように思える。
プレシーズンは比較的順調に進んだように思えているが、サポーターに明確なニュースタイルとして理解されるのはもう少し先になるだろう。
開幕は特別だし、今のJ2は以前のJ2とは違い、とても勝ち抜くのが難しいリーグだ。
ある程度、時間はかかるだろう。
だが、リカルド・ロドリゲスはヴォルティスサポーターに違う楽しいサッカーを教えてくれると信じている。
 
開幕戦はアウェイ鹿児島で、J3からの昇格組、鹿児島ユナイテッドとの対戦だった。
鹿児島には徳島でもお馴染みの薗田卓馬がプレーしている。
スタジマムは白波スタジアム。
我々世代にとっては鴨池陸上競技場として馴染み深い場所だ。
私はサポーター稼業を始めた1993年に初めて行った。
もちろん、ヴォルティスの試合ではなかったが。
 
開幕のスタメンはGK永井、DFは田向、バイス、内田(裕)、MFは岩尾、内田(航)、清武、表原、鈴木、FW狩野、杉本。
前半はスコアレスで折り返す。
負けるはずがない相手と選手たちが思っていなかっただろうが、それでもスコアレスで折り返すと嫌な感覚がするものだ。
特に開幕戦はそうだ。まずゴールが欲しい。
全てがその一点目から動き出すからだ。
それができずに折り返すと、後半は変な不安とも戦わないといけなくなる。
DFの背後のスペースへのロングパスにクリアに飛び出した永井の判断は必ずしも間違いだけではなかったが、そこがこの試合の大きなポイントになってしまった。
敗戦の全てを永井の責任にはできないが、新加入が多かったヴォルティスのDF陣はこの失点で不安を背負い込んでプレーすることになって、それが試合に大きく影響したと思う。
2失点目は微妙なシーンだったかもしれないが、GKへのチャージ以前に、クロスを入れさせ、エリア内でヘッドで背後に逸らさせたことも大きなミスだったと思う。
永井も胸で相手FWとぶつかるのを意識してしまったのかもしれないが、ボールを受けようとしたのはよくなかった。
相手と接触したから微妙に見えたが、接触しなかったら相手の目の前にボールがこぼれて間違いなく失点だったからだ。
 
このまま終わっていたら救いようのない開幕戦になっていたが、バイスの目の覚める一撃で試合は猛烈に動き出した。
岸本も見事なヘッドでたった2分で試合を振り出しに戻した。
いづれも見事な一撃だったが、相手のGKも決して高いレベルではないことは見えた。
だからここで引き締め直してほしかった。
それができずに試合をまた相手に渡してしまったのは残念だった。
ここから先はDF陣が新加入が多かったこともあったのか?相手が危険なエリアにボールを運んだときの組織的対応に問題があったと思う。
誰がボールホルダーにいくのか?そのとき誰がそのカバーをするのか?そこがまだ不明確で、自分たちにとって嫌なシュート、ドリブル、パスをさせてしまった。
互いのGKを見てこういう試合になる可能性は高かったのかもしれない。
だからこそDF陣は同点に追いついた時点で仕切り直して、もっと集中して、ハードに、速く判断して試合を保持してほしかった。
起きてしまったことは仕方ないが、1、2失点目と違って、3、4失点目の形は偶然性の低い形なのできっちり修正しておかないと次節以降も穴になる。
決して対策はいいかげんにしてはいけない。
 
高い授業料を開幕から払ってしまったが、まだ次から仕切り直せる。
但し、次も同じことを繰り返すと今季も繰り返すよ。
でも、できるチームだと思ってる。
やれるよ、ヴォルティス。次からだ。

| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

ジェッツ、王座に就くためにさらなるレベルへ。

2018-2019Bリーグ 第24節
2月09日(土) 沖縄市体育館 3,432人
琉球ゴールデンキングス 62 - 76 千葉ジェッツ
  
2月10日(日) 沖縄市体育館 4,455人
琉球ゴールデンキングス 79 - 67 千葉ジェッツ
 
 
W杯予選という日本のバスケットボールの未来が懸かった大一番を前にした最後の節。
ハードスケジュールが続いた1月から2月がようやく一息つく。
ハードなスケジュール、ハードな対戦カードの中で千葉ジェッツは十分な結果を出してきた。
大きな怪我人もなく乗り切れたことも本当に大きい。
最後のこの2試合を終ればブレイクに入れるので、大野HCも言っていたが身体的にもメンタル的にもリフレッシュさせてあげられるのはファンとして嬉しい。
 
ブレイク前最後の相手、琉球ゴールデンキングスは西地区の首位を走っている。
勢力図的にもそれは毎年の当たり前のようになりつつあるが、bjリーグに君臨してきたキングスとしてはBリーグ移行後の成績には満足できていないはずだ。
それこそ、bjリーグからNBLに移籍し、Bリーグで再会したジェッツがかつてのジェッツではなくなっていることもプライドを刺激しているはずだ。
そしてこの節以前までジョシュ・スコット選手離脱も理由にあるだろうが4連敗を喫しているキングスは追い詰められてもいたと思う。
 
ゲーム1。
現状のジェッツとキングスを象徴的に表した試合だったと思う。
キングスはパワーを掛けて試合に入ってきていたと思うが、チームとしての集中力に余裕がなくて特に守備面でズレが目立った。
ジェッツは流れが落ち着くと楽にスキを見つけては楽に点を取り続けていた。
キングスはパワーと瞬発力を発揮してジェッツに完全には流れを渡さなかったと思うが、それでも点を取るまでにパワーを使いすぎて余力が先に失われたように思う。
ジェッツは最後まで要所で決めていた。効率的だった。
そうさせながら追いかける展開ではキングスに限らず今のジェッツ相手には厳しい。
いつも通りのジェッツの勝ちパターン(それがジェッツが望んでいる勝ち方では必ずしもないと思うが)だった。
逆に言うと、ジェッツはそう思ってはいなかっただろうが、”勝つだろうパターン”に乗っかって勝ったことで穴に嵌った。
 
ゲーム2。
5連敗となったキングスにとっては追い詰められた状況だっただろう。
それこそ、ここでも負けたらキングスはプライドがズタズタだっただろう。
「自信を失いかけていた」と語った選手もいた。
この試合で殻を破れなければ、こう言っちゃなんだがキングスはダメになるかもしれないと感じていた。
だからこの試合でキングスが勝つのは当然だろうと思っていたのでジェッツの敗戦には特に悔しさは感じていない。
 
キングスがもっと頑張らないと日本のバスケットボールも危機だ。
それこそ、旧bj勢で一番王座に近いのはキングスであると思うし、キングスが優勝するときが日本のバスケットボールの新時代になる日だと思っている。
正直、今ジェッツが王座に就くことは変革を呼ぶだろうが新時代はこないだろうとジェッツファンとしても思っている。
成し遂げたものが多過ぎるからだ。
ジェッツは満足してはいないだろうが、自分たちの周囲が王座についてももう当たり前だろうと思っている。
もちろん、ジェッツファンとして王座は就くべきものである。
キングスより先でないといけないだろうと思う。
それでも真に変革が起きる変動は今のジェッツではなく、今はキングスだろう。
しかし時間が掛かればその役目はキングスからも逃げていくと思う。時間はない。
そんな中、今のキングスは王座への渇望感とは裏腹の現状上手く回転できていないに苦しんでいる。
スコット選手の離脱という不運もあってさらに回転できていない状況。連敗。
それがようやくこの試合で回転するキッカケを手にした。
だからこの試合は勝った。でもこの試合はね。これで次のレベルにいけるかはキングス次第。
 
ジェッツは土曜と変わらなかった。もっと言えば先週と。悪い意味で。
状況的には前節ブレックスとの2試合と同じ状況でゲーム1を取ったことでどこかに安心感があった。
それもブレックス戦と同じだったと思う。
逆に言えばそこがジェッツに今一番ダメなところである。
2節連続で対戦相手的にはオーライな結果に結果としては思えるが、負け方としては大きな課題ある負け方である。
そこが浮き出たのだから負けるのは当たり前である。
ゲーム2でこそ”ギアX”に上げなきゃ。
そこが今の課題だね。
それがないと王座に就けず、王座についてもジェッツそしてジェッツファン以外は驚きを感じないだろう。
それでは意味がない。
今こそ王座に就くためにさらなるレベルにいかなきゃ。
挑戦者の気持ちでいることは構わないが、挑戦する相手はもっと上のもっと難しい相手、それが目に見える相手ではないとしても、にしなきゃね。
もう安易な挑戦者ではいられないよ。
それは嫌味な謙遜でしかない。
もう他とは違うものを相手にしないと。
それこそそういう意味で嫌味な存在にならないと。
そういう次のレベルにね。

| | コメント (0)

2019年2月 4日 (月)

ジェッツ、連勝は止まるも貴重な体感。”ギアX”のステージ。

2018-2019Bリーグ 第23節
2月02日(土) ブレックスアリーナ 4,435人
栃木ブレックス 65 - 68 千葉ジェッツ
  
2月03日(日) ブレックスアリーナ 4,455人
栃木ブレックス 82 - 64 千葉ジェッツ
 
 
どのチームにとってもホームゲームというのはアドバンテージがあるものだ。
あるものだと信じていながら、殆ど効果を得られていないチームもいるのだが、それこそマジックが起きる会場もある。
ブレックスアリーナはそういうところだ。
ゴールの背後の電光板がFTのときも光っているのは今回初めて知ったけどね。
ジェッツは今節ブレックスアリーナに乗り込んだ。
地区首位決戦である。
そして千葉ジェッツはチームのリーグ戦連勝記録更新が掛かっている。
その記録更新のために乗り越えるカードが今一番困難なアウェイとなった。
 
ゲーム1。
序盤からジェッツが試合をリードしていく展開となった。
ジェッツを引っ張ったのは富樫勇樹である。
1Qだけで10Ptsを上げる活躍でブレックスを焦らせた。
2Qはセカンドユニットがブレックスを一桁に抑えてリードをさらに広げる。
ブレックスは油断はしていなかったと思うが、自分たちの望んだ展開にならならなかった。
ブレックスアリーナの魔女はきまぐれで魔法を使ってくれなかったのかもしれない。
そのため、ハーフタイムを挟んで後半からフィジカル的にもメンタル的にもなりふりかまわずギアをあげるしかなくなったのだと思う。
それがハマって猛反撃を開始するブレックス。
3Q終了時には1点差にまで追い詰めた。
実況の解説者はいつの時間帯で逆転するかが大事といっていたが、一度ギアもアクセルもいっぱいに入れてしまったブレックスは止まれない。
4Q始まってすぐに逆転し、そのまま6点差まで広げた。
たまらずタイムアウトを取ったジェッツの大野HC。
その後どうなったのかは正直大野さんの策がハマったというより違う要素が働いたように思う。
ブレックスは竹内選手がテクニカルファウルの判定を受けた。
竹内選手はとても興奮していた。
逆転したばかりで流れはブレックスにあったのに、ファウル判定一つで流れは変わってしまった。
そこから追い上げてくるジェッツ。
ブレックスは3Qからかなりハイな状態で猛然と追い上げていたが、流れが変わったときに前のめりにメンタルを切り替えられなかったのかもしれない。
もう少し平常心を保てたならば展開はそのままブレックスだったかもしれない。
自分たちが追い上げられる立場になった時に状況に上手くマッチさせられなかったように見えた。
勝たなければとホームに対する使命感も逆にこの場面で逆に働いたのかもしれない。
最大点差7点に広がった2分過ぎから5Ptsしか得られなかった。
ジェッツはその間もかなり平常心を保てていたように見えたし、自分たちに回ってきた流れに冷静だった。
 
これでリーグ戦14連勝となりチーム連勝記録を更新した。
2位ブレックスとの差も3ゲームに広がった。
対ブレックス戦も3連勝となった。
これはジェッツが一つ上に進んだ証明であり、ブレックスアリーナで初戦を取ったのは普通の勝利以上に大きな意味があった。
だが、これで追い詰められたブレックスは翌日にケモノと化す。
だが、ジェッツにとって翌日の試合は初戦以上に意味のある試合になったと思う。
 
ゲーム2。
これ以上連敗という屈辱を受けるわけには、それもホームでというブレックスは本気になった。
安齋HCは誰よりも危機感を感じていたのだろう。それこそ冷静さも欠くほどに。
序盤からジェッツを圧倒すると、2桁のリードを広げたにもかかわらず、ロシター選手のミスに激高。
タイムアウトを取って、コーチングボードを床に叩きつけて円陣を出ていくという興奮ぶり。
3連敗していることの危機感をこれ以上ないくらい感情をむき出しにして選手に植え付けた。
かなりグチャグチャな光景だったが、ブレックスだからこそこれが集中力に転化できたと思う。
田臥選手を始め、この場面で集中し直せたことはさすがブレックスだった。
このあと3Qでジェッツも追い上げたが最後まで危機感で自分たちにムチを打っていたブレックスはこれまで以上のブレックスとなっていた。
 
これでジェッツの連勝は止まった。
だが、ジェッツにとっては意味の大きい敗戦だった。
あの試合のブレックスは”ギアX”にあがっていた。
ワンピースのルフィみたいな。
その”ギアX”のステージを体感できたことは大きい。とても貴重な体感の機会だった。
ジェッツにもまだ上げられるギアのポテンシャルはあるよ。
ギアをあげたジェッツとブレックスがぶつかり合ったら、どんな試合になるだろう。
ワクワクするよね。
ただ”ギアX”は諸刃の剣だ。ゲーム1もギアを上げたが最後まで持たなかった。
ルフィもギア4は長時間使えないもんね。
そしてコントロールも大変。
安齋さんはコントロールができなくてボードを叩きつけちゃったのかもね。
長時間安定して使うためにももっと成長が必要。
ジェッツも同じ。ギアを上げるための成長を目指す。
まだリーグ戦もあるし、ファイナルにも出て、そこでギアをあげた同士で決着をつけよう。
”ギアX”のジェッツとブレックスで。

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »