« ヴォルティス、惜敗するも状態はよい。事態の好転は望める。 | トップページ | 千葉ジェッツにはトレイ・マッキニー=ジョーンズがいる!そして米国戦。 »

2019年3月17日 (日)

機を掴む力が欠けていたヴォルティス。早くも3敗。

2019J2リーグ 第4節
FC琉球 2 - 1 徳島ヴォルティス
得点)【琉球】37'上門 知樹、75'西岡 大志
   【徳島】48'内田 航平
 
 
今季の日程の中でJ2クラブのサポーターの中でひと際注目されていた沖縄でのFC琉球戦がやってきた。
私はバスケでしか沖縄に行っていないが、沖縄はちょっと特別な感じがする。
だから普通アウェイは試合だけ観て帰るという旅程になるが、観られるもの、食べられるものは経験していくべきだと思う。
たぶん、現地に行っている人たちはそうしている人たちも多いと思う。
観光なんてと思うサポーターもいるのも理解できるが、沖縄は他とは違うし、そうそうめったに行ける場所でもないし。
 
昇格組ながら好調なFC琉球は3連勝で首位に立っている。
にも拘らず、FC琉球ではその3試合でスタメンに立っていた中川選手が今週Fマリノスに移籍するという事件が起きた。
少なからず影響があるだろう中で、ヴォルティスとの試合は琉球の選手たちにとって周囲が考える以上に重要な試合だったのではないだろうか。
 
FC琉球のサッカーは細かいパスワークで繋いでいくスタイルだった。
試合でのパスの数が、特に前半はヴォルティスを圧倒するくらい多かった。
ヴォルティスもパスワークは上手いチームだが、繋ぎ過ぎにも見えかねない程、選手間の距離が近くて繋いできた。
立ち上がり、ヴォルティスはその動きをうまく捉えられていなかった。
但し、時間が経過するにつれて個では間違いなく上のヴォルティスの選手たちも対応できるようになっていった。
持たれているから持たせている状態に移行させることはある程度出来ていた。
梶川の安易なミスで失点していたら相当痛かったが、それは運もあって回避できた。
試合はヴォルティスに傾き出していた。
それは梶川の位置取りのミスもあって奪われた先制点後も必ずしも変わっていなかった。
ヴォルティスの右サイド、特に藤田は琉球の左サイドをかなり苦しめていた。
だから決してネガティブ過ぎる状況には失点後もなっていなかったと思う。
後半すぐに同点に追いついたように機は徳島に向いていたと思う
逆転勝利できる機は十分あったと思うのだが。
 
勝った岐阜戦もそうだが、取りたい時間帯に点が取れていない。
試合に挑むに当たって狙っている試合展開に出来ていない。
点を取りたい、取れる機にモノにできていない。
そこがキツイ。
絶対的なFWの選手がいないことは事実だが、今までもそうであった時期はある。特にシーズン序盤は。
だが、それでも勝てていたのも事実で、点を取れていたのだ。
今シーズンはここまで4試合しか経過していないから狼狽え過ぎてはいけないが、試合展開でまだ優位に立てていない。
まず先に、それも前半に点を取らないと、毎試合必要以上に疲労が溜まって、そのあとの試合に響く。
そうすればサッカーの質はどんどん下がるし、怪我のリスクも増していく。
まずそこを改善してほしいな。
誰を前線に起用してもそこが変わらないとシーズン通してキツイ。
この試合では藤田らの右サイドがそうだったけど、ストロングポイントはあるし、岩尾の存在も相変わらず大きい武器なので活かしてほしい。
早くも3敗。ちょっと余裕はない。

|

« ヴォルティス、惜敗するも状態はよい。事態の好転は望める。 | トップページ | 千葉ジェッツにはトレイ・マッキニー=ジョーンズがいる!そして米国戦。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヴォルティス、惜敗するも状態はよい。事態の好転は望める。 | トップページ | 千葉ジェッツにはトレイ・マッキニー=ジョーンズがいる!そして米国戦。 »