« 突き付けられた現実。ヴォルティス、この敗戦を次節首位相手に活かせ。 | トップページ | ヴォルティス、佐藤のふんばりが光。枷が外れるのを待つ。 »

2019年5月20日 (月)

ヴォルティス、無念のドロー。しかし、前節の敗戦は活きたと思う。

2019J2リーグ 第14節 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 1 - 1 モンテディオ山形
得点:【徳島】9'内田 裕斗
   【山形】80'ジェフェルソン バイアーノ

 
前節の敗戦をどう今節で活かして、ホームスタジアムで表現するのか?
それ以前に活かして表現できるかどうかが大きく問われた試合だったと思う。
もっとやれるはずだとサポーターは思っている。

 
そして、その課題は果たされたように思う。
もちろん、結果は悔しいモノの終わったが。
だが、前半の相手より先にボールに執着する姿勢と動きは前半で3-0にできたと思える内容だった。
内田のゴールはその姿勢がチーム全体で共有できていたからだと思う。佐藤の存在も光っていた。岩尾と同じくらいの支柱であることを証明したと思う。

 
清武のスライディングの判定(レッドカード)は妥当だったと思う。
スライディングに行ってしまったのは上記のボールへの執着が裏目に出てしまったのかもしれない。
相手より遅れてスライディングに行ってしまっているし、足の裏で当たってしまっている。
足を当たらないように逸らすことがとっさにできたかはわからないので、多少不運だった面もあるが、相手が大けがになる可能性が高かったのであのように判定されるだろう。
逆の立場でレッドカードが出なかったら、レフェリーにかなり腹を立てるだろう。

 
但し、清武の退場が試合の結果を招いたとは思わない。
一人少なくとも、攻められ続けても、どうにか守っていた。危ないシーンは確かにあったが。
当然、大誠のせいでもない。彼は責任を感じるだろうが、決して彼の責任ではない。
彼にとっては今こういう経験をしたことが、この先彼の成長につながるだろうし、それをサポーターに示すという彼の決意につながるだろう。

 
今週は選手だけのミーティングも行われたそうだ。
この試合はそれがプレーに、姿勢につながっていたのは確信できる。
次の試合もその姿勢を継続して、今度こそ勝利に繋げ、そこから反撃していこう。
まだまだ、反攻に遅くなんてない。

|

« 突き付けられた現実。ヴォルティス、この敗戦を次節首位相手に活かせ。 | トップページ | ヴォルティス、佐藤のふんばりが光。枷が外れるのを待つ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 突き付けられた現実。ヴォルティス、この敗戦を次節首位相手に活かせ。 | トップページ | ヴォルティス、佐藤のふんばりが光。枷が外れるのを待つ。 »