« 三連勝!!!ヴォルティス、後半戦からの混線に挑む。 | トップページ | 勝負の夏に挑む。ヴォルティス、小さな躓きに止まることなく進め。 »

2019年6月30日 (日)

4連勝!!!!勝てる、昇格できるチームになってきたヴォルティス。

2019J2リーグ 第20節 山梨中銀スタジアム
ヴァンフォーレ甲府 0 - 1 徳島ヴォルティス
【得点】徳島:11'岩尾 憲
 
 
リーグ戦も折り返しを迎えた。
ここまでのJ2は琉球が飛び出し、水戸が飛び出し、大宮、山形が競っている。
20節が終わった時点で現在、順位上半分に当たる11位と首位との勝ち点差は13だが、2位との差は10だ。
そして上位6位までで直近5節で敗戦があるのが5チーム。
3連勝したチームはいない。
各チームも順位ほどに安定ではないのだ。
その中でリーグ中盤のチームの成熟度が開幕時からどれだけ向上したかがここからのカギを握るように思う。
いろいろなメンバーを使い、勝てるメンバー構成、フォーメーション、戦術を試し、失敗と成功を繰り返したなかで固定されていく。
ヴォルティスはその点で先をいっているのは間違いない。
その部分はリカルド・ロドリゲス監督が成したところで、監督には辛抱と信頼を掛けることの重要さを知った渦サポもいると思う。

 
もう一つ、その”解”を見つけたかもしれないチームは柏レイソルだろう。
ダービーで実質シュート1本(記録は2~3)しか打たれずに完勝した全然節の千葉ダービーのメンバーは、ヴォルティスが完敗した試合のメンバーとフォーメーションも大きく違う。
元々個の力が群を抜いているチームが組織での成功点を見つけたら強くなるのは当然だ。
こういうチームが上にいるのは厄介だが、こういうチームに勝てないと上にはいけないし、J1で生き残れないだろう。
だから柏との対戦も含め、上位との対戦も続く7月はホーム3連戦でもあり、結果が本当に大事なる。

 
この試合はピーター・ウタカが急遽欠場したことで、準備してきたプランが少し狂ったかもしれない。
シュート数でかなりの差をつけられたが、先制点を奪えたことが大きかった。
運もよかったことは確かだ。リーグ最高の得点力はダテじゃない。
中央への縦パスから、サイドからと、幾度も突破されてゴール前に突っ込まれていた。
相手に決定力があったら結果はまったく違ったものになっていただろう。

 
あとはゴールをもっと奪える決定力かな。
押谷が最後に相手GKにファウルを受けたシーンは、交わしてシュートを放つことができなかったことは褒められない部分である。
交わし方に工夫がもうちょっとあるべきだったかな。
こういうときに1点取れるか取れないかは大事なこと。

判定は当然というかエリアを出てGKがファウルするならそれは覚悟だよね。判定に異議を言うのは自由だが、全く同じ当たり方、倒し方はこれに限らずないので、レフェリーのその時の判断はいずれの時も尊重すべきだと思う。これは逆の立場でも同じ。ネットで名前晒して悪に仕立てて、審判を追い込んでやめさせたら、その代わりはもっと経験のないレフェリーしか残らないし、AIがレフェリーを務めるようになっても自チームの選手がこういう判定されても、反論の余地もない説明がされたらサッカーはつまんなくなると思うね。

 
7月は序盤にホーム連戦が続くので連勝を伸ばすためにも、勝った試合で得た課題はしっかり改善して次の試合に活かしてほしい。
まだ喜ぶのは早い。
何故ならまだ9位だからだ。
だが勝てる、昇格をできるチームになってきた。
だからこそ選手も周囲も慢心してはいけない。

|

« 三連勝!!!ヴォルティス、後半戦からの混線に挑む。 | トップページ | 勝負の夏に挑む。ヴォルティス、小さな躓きに止まることなく進め。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三連勝!!!ヴォルティス、後半戦からの混線に挑む。 | トップページ | 勝負の夏に挑む。ヴォルティス、小さな躓きに止まることなく進め。 »