« ほぼ完勝。ヴォルティス、余計な失点を教訓にさらに強くなれ。 | トップページ | 4連勝!!!!勝てる、昇格できるチームになってきたヴォルティス。 »

2019年6月23日 (日)

三連勝!!!ヴォルティス、後半戦からの混線に挑む。

2019J2リーグ 第19節 鳴門大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
徳島ヴォルティス 2 - 1 アビスパ福岡
【得点】徳島:19'岸本 武流、33'杉本 竜士
    福岡:55'ヤン・ドンヒョン
 
 
まず岸本のご両親に「おめでとうございます。」とお祝いの言葉と言わさせていただきたい。
ご両親は本当にいい試合を観られて良かったと思います。
前節も調子が良くて、エルゴラでもMOMに選ばれていた。
攻撃だけではなく、本来のポジションと役割を考えればサイドバックの位置と前線のピストンは大変だ。
しかしそれを厭わない姿勢は、攻撃だけでなく守備でも連勝に貢献しているといえる。
ご両親あっての育まれた献身性なのだろう。

 
アビスパは前節で勝利目前までいきながら逃した。
特にGKセランテスの存在は大きく、この試合も彼をどう打ち破るかがキーポイントだった。
先制点はヴォルティスがデザインプレーで仕掛けた二手三手込みの複数の”矢”で打ち破った見事な先制点だった。
杉本の2点目も勢いが福岡のDFを逃げさせたようにエリア内で示した迫力で打つ前に勝負ありだった。
前半は本当に素晴らしかった。
2-0が一番怖いというのはサッカーの常識で、それでもどんなチームでも克服するのは難しい。
2-0が一番怖いという常識が生き続けているからこれもサッカーの面白いところなんだろう。
1点差に詰められても我慢して勝ち切ったこともこの先の本当の戦いに活かされていくだろう。

 
折り返しを目前にしてようやく上位戦線に喰らいつける位置に復帰した。
但し、昨年も同じことを言った記憶があるが、ここから上は簡単にはやらせてくれないチームを追い抜いていかないといけない。
勝つしかない直接対決が最低10カードはあると見ていい。
混戦の最後尾につけてからの大まくりに挑む。
全部は勝てないだろう。そりゃ当然だ。
だが、それは上位の他も同じだ。
我慢して勝ち点1にもしがみつく試合も大事にしながら全部抜きにいこう。

|

« ほぼ完勝。ヴォルティス、余計な失点を教訓にさらに強くなれ。 | トップページ | 4連勝!!!!勝てる、昇格できるチームになってきたヴォルティス。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほぼ完勝。ヴォルティス、余計な失点を教訓にさらに強くなれ。 | トップページ | 4連勝!!!!勝てる、昇格できるチームになってきたヴォルティス。 »